menu
menu

レビュー

六人の仲間に、人ならざる「アレ」が潜んでいる――戦慄のホラーミステリ!――『やまのめの六人』原浩 文庫巻末解説【解説:香山二三郎】

横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作家が放つ、新たなる恐怖と謎。
『やまのめの六人』原 浩

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。



『やまのめの六人』文庫巻末解説

解説
やまろう  

 アメリカのアリゾナ州フェニックスの不動産会社に勤めるOLが、ある日会社の金を横領して逃避行を始める。車を駆って恋人の住むカリフォルニアを目指すのだが、夜になって土砂降りの雨にたたられ、やむを得ず町外れの寂れたモーテルに泊まることに。その晩、宿を営む青年に誘われ夕食を共にした後、彼女は部屋に戻ってシャワーを浴びるが、そこに侵入してきた女に襲われめった刺しにされてしまうのだった……。

 というのは、アメリカのモダンホラーの第一人者ロバート・ブロックの原作をアルフレッド・ヒッチコックが監督した映画「サイコ」(一九六〇)の出だしである。それまで横領犯罪をやらかした女の行方を見守っていた観客は突如として起きる惨劇に文字通り度肝を抜かれるわけで、「サイコ」はこの手のショッカー映画の手本として後世に多大な影響を与えることになる。

 本書もまずは、そうした「サイコ」系ホラーサスペンスの一冊として幕を開ける。

 土砂降りの雨の中、山奥の峠で車が横転する。乗っていた六人の黒スーツの男たちはひんのありさまであった。いや、車の下敷きになって死んだ者一名。季節外れの台風直下、最適のルートとしてあえて〝魔の峠〟と呼ばれる道を選んだ天罰が下ったか、土砂崩れに直撃されたのだ。幸い、近所に住むきんざき家の兄弟が様子を見に来たといい、救いの手を差しのべてくる。生き残ったはいばらがきこんむらやまぶきの五人は兄弟とその母が住む金崎家に避難するが、出されたコーヒーを飲むや、やがて五人は次々と倒れる。兄弟の態度もひようへん、自分の許可なく口を開くなとどうかつし、緋村が口答えすると、テーブルに突っ伏していた巨漢の紫垣の首を包丁で突いた。金崎兄は五人を縛り付けると、強欲な人間は代償を払わなければならないと宣告する。

 映画「サイコ」と一味異なるのは、事故の現場近くに〝おんめんさま〟という道祖神がまつられていて、金崎兄はどうやらその教えに従っているようであることだ。つまり「街の人間は古来あらゆるものを山の人間から奪ってきた(中略)。おんめんさまは強欲なさんだつ者にあらがうことを望まれている。己の分際をわきまえぬ街の人間どもへの報復。その権利をこの家に与えられた」という次第。のちに歴史のうんちくにうるさい紺野は、山奥に住み旅人を襲うやまん伝説を持ち出し、これを補強する。紺野はさらに自分たちが何者かに化かされているのではないかという事態に直面すると、〝やまのめ〟という物のの話を持ち出す。「人に紛れて脅かし、怯えた人間を食っちまう物の怪」とのことで、おんめんさま=やまのめなのかは定かではないが、とまれ本書は中盤からはただの「サイコ」系ではなく、ホラージャパネスク色をも一段と強めていくのである。

「サイコ」と異なるもう一つは、山姥一家の獲物になる五人がただの男たちではないことだ。「サイコ」のヒロインと同様、逃亡者ではあるのだが、こちらは武装もしている強奪犯。ただ黙ってやられているだけではむろんすまない。隙を見つけてはいつでも反撃に出る用意があるわけで、事実一家は痛い目にあうことになる。もっとも犯罪者は犯罪者、五人組はそれぞれ内に闇を抱えており、そこを物の怪につかれることにもなる。タフガイの紫垣とて例外ではなく、絵に描いたような無法者の彼も家族を失っており、その痛手にトラウマをうずかせていて、それがやがて暴走のトリガーとなるのだ。

 かくして、彼らの内なるトラウマや欲望はうちめへとリンクしていく。物語の後半は山姥一家も交えて、五人が奪ってきたものの争奪戦が繰り広げられる。五人の反撃をらい、いったんは逃げ出した金崎母子おやこだが、こいつらもただ尻尾しつぽを巻いて逃げ出すようなタマではない。五人が仲間割れをしている隙をついて、報復に出てくるのである。

 そこでポイントは、六人いた強奪犯が実はもともと五人ではなかったかということ。いつの間にか一人増えていたのだ。その一人は〝やまのめ〟なのか。そして〝やまのめ〟だとすると、いったい誰に化けているのか。終盤、二転三転する〝やまのめ〟探し。果たして誰と誰が生き残るのか、壮絶なサバイバル戦が繰り広げられる一方で、著者が仕掛けたこのフーダニット(犯人探し)のバリエーションもまた、「サイコ」にはない妙味というべきか。

 本書『やまのめの六人』は長篇『火喰鳥を、喰う』で第四〇回よこみぞせいミステリ&ホラー大賞を受賞、作家デビューした著者の長篇第二作に当たる。前作は信州の旧家で起きる、太平洋戦争で戦死したおおのドラマを軸にしたスーパーナチュラルな怪異劇であったが、今回は「サイコ」系をしよぱなに、クライムノベルのタッチと本格ミステリーの趣向まで盛り込んだキレッキレのモダンホラーに仕上がっている。前作以上のスピードでラストまで一気に読めるノンストップ・エンタテインメントといえよう。

 なお、長篇第三作『蜘蛛の牢より落つるもの』(KADOKAWA)も二〇二三年九月に刊行済み。伝説の残る村で二一年前に起きた集団生き埋め死事件。事件後ダム湖の底に沈んでいたその村が水不足で干上がったところをライターが取材にいくが、やがて事件が……。『火喰鳥を、喰う』のあの人物が再登場します!

作品紹介・あらすじ



やまのめの六人
著 者:原 浩
発売日:2023年12月22日

六人の仲間に、人ならざる「アレ」が潜んでいる――戦慄のホラーミステリ!
嵐の夜、「ある仕事」を終えた男たちを乗せて一台の乗用車が疾走していた。峠に差し掛かった時、土砂崩れに巻き込まれて車は横転。仲間の一人は命を落とし、なんとか生還した五人は、雨をしのごうと付近の屋敷に逃げ込む。しかしそこは不気味な老婆が支配する恐ろしい館だった。拘束された五人は館からの脱出を試みるが、いつのまにか仲間の中に「化け物」が紛れ込んでいるとわかり……。
怪異の正体を見抜き、恐怖の館から脱出せよ!横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作家が放つ、新たなる恐怖と謎。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322308000226/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 伊坂幸太郎〈殺し屋シリーズ〉特設サイト
  • 伊岡瞬 特設サイト
  • 吉川英梨 特設サイト
  • 「おでかけ子ザメ」シリーズ特設サイト
  • 煮ル果実『ポム・プリゾニエール』特設サイト
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年3月号

2月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

がっぴちゃん

高山一実 みるく

2

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

3

人間標本

著者 湊かなえ

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

ダメ男の椎名先輩とヤバ男の佐々木くん

著者 伊咲ネコオ

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月18日 - 2024年2月25日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP