【カドブンレビュー】


 「運命の恋」という言葉の響きに魅せられて、思わず、本書を手に取ってしまった。世界には、74億人もの人が生きているが、その中で、出会うことのできる人はほんの一握りしかいない。ましてや、自分が恋に落ちる人は一生のうち、どれだけいるのだろうか。
 『運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー』は、村上春樹、角田光代、山白朝子、中島京子、池上永一、唯川恵という名だたる作家達が紡いだそれぞれ味の異なる短編を「運命」「恋」というテーマで束ねた贅沢な作品集である。
 村上春樹の「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」は私自身、数え切れないくらい読んだほど好きな短編であるし、中島京子の「おさななじみ」の会話調の表現が生み出す感情の動きには、胸がジーンとした。ただ、今回それ以上に、角田光代の「誕生日休暇」が深く心に残った。規則正しくも、繰り返しの毎日を送っていた独身女性が、会社の設けた「誕生日休暇」によって非日常体験をするという物語である。同僚の余計な気配りで、ハワイへ一人旅することになった彼女は、そこで「明日結婚予定の男」と出会う。その男が語る「運命の恋」について、耳を傾けているうちに、自身が実は大きな変化を求めていたことに気づく。

書籍

『運命の恋 恋愛小説傑作アンソロジー』

定価 648円(本体600円+税)

発売日:2019年06月14日

ネット書店で購入する

    書籍

    『愛がなんだ』

    角田 光代

    定価 562円(本体520円+税)

    発売日:2006年02月25日

    ネット書店で購入する