menu
menu

試し読み

【12・21発売】冲方丁最新歴史小説『麒麟児』13日連続試し読み 第13回

本屋大賞作家・冲方丁氏待望の歴史長編『麒麟児』が2018年12月21日に発売となります。5年ぶりの歴史長編となる『麒麟児』で冲方氏が描くのは、勝海舟と西郷隆盛。幕末最大の転換点、「江戸無血開城」を命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”を描く、著者渾身の歴史長編です。

本作の発売を記念して、12月7日(金)より12月19日(水)まで計13日間連続での試し読みを実施いたします。『麒麟児』の「序章」と「第一章」、総計82ページ(紙本換算)、約4万字を発売前にお読み頂けます!

>>第1回から読む。
>>前話はこちら


 勝はあえてのんびり言った。これにはわけがあった。勝が東海道筋の治安を維持させるために派遣した兵を、一橋茂栄と旗本の河津かわづ祐邦すけくにが勝手に呼び戻してしまったのである。
 官軍との衝突を恐れてのことだというが、軍事取扱の自分の頭越しに撤退を命じた二人に対し、勝は烈火のごとく怒った。
「過てば朝敵となる覚悟でやっていることを、余計な邪魔をされては何もできん。一橋と河津の首を切って持ってこい。そうせねば承知せん」
 さんざん威嚇し、二度と余計な真似をさせぬよう釘を刺したものだ。
 本当に首を求めているわけではない。そんなことをしている暇もなかった。遺恨はないと大久保に態度で示してやりながら言った。
「結局、本多ほんだ修理しゅり殿も一人で帰っちまいましたしね」
 福井藩の家老である本多修理は、松平春嶽の側近だ。
 謹慎した慶喜が弁明の書状を送りすぎており、謝罪というより政争の続きのような印象を与えかねないことを心配した春嶽が、慶喜に忠告させるため京都から派遣した人物である。
 本多は、慶喜の相談に乗るだけでなく、一橋茂栄に対しても、使者の務めを担うよう説得に協力してくれた。だが当の茂栄がずるずると決定を引き延ばそうとするので、本多は見切りをつけ、一人で京都に帰ることを決めてしまった。
 本多は、六日には江戸を出たのだが、その際、
「薩人に、大島おおしま海江田かえだへの手紙を持たせて遣わせました」
 勝はそう告げている。山岡の説明が面倒なので、益満のことだけ言ったのだ。
「皇国の乱となれば互いに賊となると京都の面々にお伝え下され。それと、おっかさんとお祖母様のことは、安房が守ると」
 ついでにそう言い加え、官軍でも賊になるという独自の論法をたっぷり押しつけた。
 和宮と天璋院のことは、西郷への手紙で言及したのと同じ意味合いである。
 本多は承知したと言い、京の春嶽のもとに戻ったが、道中で西郷には会わなかったようだ。本多は軍勢とすれ違って京に戻ったという報せが、勝のもとに入っている。
「一橋に頼らず、事を進めるしかありませんよ」
「事と次第によっては使わねばならんがな。お主が送り出した使者は、まだ帰らぬか」
「じきに、と信じています」
 大久保が小さくうなずいた。ぎりぎりであることは互いにわかっている。
「会津と庄内が怖い」
 ぽつりと大久保が言いつつ、目を左右にぎょろぎょろ動かした。他にも怖いことがいろいろあって、同時に思案しているのだ。
「相変わらず、上様の御身を江戸から連れ去り、徹底抗戦をはかる気だ。万が一、榎本えのもとが軍艦を動かせば、危うい」
 官軍が近づくにつれて、抗戦派のなかでも豪傑で知られるような者たちが、力ずくで慶喜を拉致し、無理やり総大将に仕立て上げて決戦を挑むという計略を進めているのだ。
「そうなる前に談判できるよう、官軍を急がせています」
「箱根をやすやすと通過させたな」
「ええ」
「江戸城内、江戸市中、どこでもひとたび暴発が起これば、一挙に大騒乱となろう。官軍が攻め寄せれば、まず佐幕の軍が、真っ先に上様の、、、身を、、かどわかそう、、、、、、として、、、寛永寺を攻めかねん。
三百の精鋭隊で、どこまで上様をお守りできるかわからん」
「そうなったらもう、死ぬしかありませんよ。慶喜様も、私も、あなたも」
 勝は意地悪く言ってやった。果たして大久保がむすっとした。
「死ぬわけにはいかん。上様はむろん、わしやお主も。やるべきことをやらずに勝手に諦めて果てるが最も士道不覚悟だ。で、そのときは、、、、、やはりイギリスか?」
 大久保がぎょろりと目を時計回りに一回転させて勝を見た。
 この人はよく自分の思考で目が回らないもんだと感心しながら勝が言った。
「上様を亡命させることについては話を通してあります。そうなれば日本人としては死んだと思わないといけませんがね。いっそイギリス風の名を考えておきますか」
 大久保の目がまた動きかけ、はたと止まった。勝の冗談を真面目に考えかけたのだ。
「それはそのときのことだ。ところで、甲陽こうよう鎮撫隊は? もう壊滅したか?」
 これは勝があえて脱走を見逃した連中のことだ。軍資金を与え、せめて官軍の足止めにと配置したが、多少はその役に立ってくれていた。
「ええ。残念ながらそのようです。ただし西郷以外の連中の足を、ちょっとばかり鈍らせられました」
「命が草露のようだな」
 大久保が呟いた。事態を収拾せねば、あとどれだけ人が死ぬかわからない。そういう意味もあった。だがこのとき大久保の念頭にあったのは、やはり勝が放った使者の件だ。
 あまりにもたやすく人が死ぬ。志士や勇士と呼ばれる者ほどそうだ。山岡と益満が必ず生きて帰るという前提で事を進めるわけにはいかない。
 勝も、口には出さないが同じことを考えていた。
「次に出るべき使者は、この私ですよ。もう誰にも止めさせないで下さい」
 もうこれ以上、誰かの命を費やすのはうんざりだった。
 大久保がぴたりと目を勝に据えた。ややあって、こくりとうなずいた。
 そのとき、廊下で足音が起こった。
「失礼いたします」
 大久保の側近だ。手に書状を持ち、部屋にいる二人に捧げるようにした。
 勝と大久保の視線が、たちまちその書状に吸い寄せられた。
「ただ今、安房守様のお使いと申す男二人が城門に現れ、これをお渡しするようにと」
 大久保の目が、かっと見開かれた。
 勝がいきなり立ち上がり、だん! と右足で畳を猛然と踏んだ。書状を持った男がぎょっと腰を抜かしたが、構わず廊下に飛び出た。その目が涙で潤み、
「でかしたっ! でかしたあっ!」
 帰還した二人に届くはずもないのに、城じゅうに響くような大声を逬らせた。



(このつづきは本編でお楽しみください)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

■ 冲方 丁『麒麟児』

『天地明察』の異才が放つ、勝海舟×西郷隆盛! 幕末歴史長編!
慶応四年三月。鳥羽・伏見の戦いに勝利した官軍は、徳川慶喜追討令を受け、江戸に迫りつつあった。軍事取扱の勝海舟は、五万の大軍を率いる西郷隆盛との和議交渉に挑むための決死の策を練っていた。江戸の町を業火で包み、焼き尽くす「焦土戦術」を切り札として。
和議交渉を実現するため、勝は西郷への手紙を山岡鉄太郎と益満休之助に託す。二人は敵中を突破し西郷に面会し、非戦の条件を持ち帰った。だが徳川方の結論は、降伏条件を「何一つ受け入れない」というものだった。
三月十四日、運命の日、死を覚悟して西郷と対峙する勝。命がけの「秘策」は発動するのか――。
幕末最大の転換点、「江戸無血開城」。命を賭して成し遂げた二人の“麒麟児”の覚悟と決断を描く、著者渾身の歴史長編。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000162/


MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

4

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

5

女だてら

著者 諸田玲子

6

暴虎の牙

著者 柚月裕子

8/3~ 8/9 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP