menu
menu

試し読み

落ちこぼれのフリをしたまま高校に通う華を守る、ある秘密の存在とは?『結界師の一輪華』試し読み#5

大ヒット『鬼の花嫁』のクレハが贈る、新たな和風恋愛ファンタジー!

2021年12月21日発売の、注目の和風恋愛ファンタジー『結界師の一輪華』。
物語の舞台は、遥か昔から5つの柱石によって密かに外敵から守られてきた島国・日本。代々柱石を結界で護ってきた術者の家の分家筋に生まれた娘・はなは、幼い頃から優秀な姉と比較され虐げられ、本当の力を隠したまま静かに生きていくことを望むように。でも、本家の若き当主との出逢いで、大きく運命が変わり始めて――?
見捨てられた少女が本当の自分を取り戻していく、ときめきのシンデレラ・ストーリー。今年最後に絶対読んでほしいイチオシ新作、特別試し読みをお送りします。

『結界師の一輪華』試し読み#5

「相変わらず人気者だねぇ、はなちゃんのお姉さん」
 すずは感心するようにつぶやいた。
 明るく人をきつける笑みを浮かべているづきだが、それが偽物だと気付いている華としては、なんとも複雑な気持ちだ。
「ほんとにね……」
 葉月にはこれまでそれとなく苦言を呈してきた。
 親の言いなりになっていることに対し、このままでいいのかと。
 けれど、その度に拒絶され、葉月はいい子ちゃんでいることを選んできた。
 今も、周囲が望む優等生を演じている。
 華にはどう転んでも、葉月のように周囲が望む優等生にはなれない。
 だから、あいきようを振りまく葉月を見て思うのだ。
「今日もご苦労様です」
 華は葉月を見てそう呟いた。
 葉月に忠告しながらも、彼女がいてくれるおかげで両親の関心はすべて葉月に向けられている。
 それは力を隠し続けている華にとってはとても助かることだった。
「そうだ、華ちゃん。この間配られた進路希望の紙になんて書いた?」
 葉月のことなどもう忘れたかのように鈴が問いかけてくる。
「鈴こそなんて書いたの?」
「えへへ、私はね。後衛の術者になりたいの」
 術者の家系に生まれた者はこの黒曜学校を卒業した後、柱石を護る五つの家が作った術者協会に登録し、術者として生きる者が半数以上だ。
 しかし、術者として働くと言っても、協会もこくよう学校のように力によってランク分けがあり、それにより役割分担がされている。
 上位のランクに振り分けられた者はようとの戦いを中心に働く。
 危険は多いが、その分給料はいいのだ。
 鈴が目指している後衛は、支援や補佐、後処理を中心とした比較的安全な部署。
 華と同じようにCクラスにいる鈴では戦いの場に身を置くのは無理だと本人も分かっての選択だろう。
 とはいえ、名字に三の字を持つ鈴は五家の一つ、さんこうろうの分家筋の者であり、式神を持つ立派な術者なので、その進路はかなうはずだ。
 花形である戦いを主とする術者に比べ、後衛の術者は常に人手不足が問題となっているから、なおのこと喜んで迎えられるだろう。
「華ちゃんはどうするの?」
「私は普通に一ノ宮グループのどこかの会社に入って、術者とは関係ない生活を送っていくのが希望かな」
 一ノ宮を始めとした五つの家は、裏から日本をまもると同時に、表の世界でも強い影響力を持っていた。
 昔は五大財閥と言われ、財閥と呼ばれなくなった現在に至っても経済を掌握していると言っても過言ではない。
 そればかりか、政治面でも旧五大財閥の意思が強く反映されているという。
 下っ端の華には真実は分からぬことだが。
 同じく五家の一つ、いちみやの分家の生まれである華は、一ノ宮が表で経営しているグループ企業への就職が第一希望だった。
 術者として生きる気などさらさらない。
 術者の家系に生まれても全員が全員術者の道を選ぶわけではない。
 のように術者としては生きなくとも術者と関わりを持つことを選んだ者もいれば、普通の一般人として生きることを選ぶ者も少なからずいるのだ。
 それは術者としての能力に欠ける者や、現役を引退した者など理由は様々だが、一ノ宮だけではなく他の家でもそんな者達を自社グループで受け入れていた。
 華は一ノ宮の分家なので、一ノ宮系列の企業を受けるつもりだ。
 よほどの問題がなければ、ほぼ確実に就職できるだろう。
 そして、就職と共にあの家を出る。
 反対されるかもしれない。
 術者の家系に生まれながら術者にならないなど恥だ、許さないと言って怒るかも。
 しかし、両親が華に期待しないように、華とて両親にはもうなにも期待していない。
 自分のことは自分で決める。
 たとえ縁を切ることになったとしても、欠片もためらいはなかった。
 しかし、きっと葉月は術者の道へ進むだろう。
 成績も、エリートが集うAクラスでぶっちぎりのトップに立っている。
 葉月が選ばなくとも、協会の方から葉月に打診してくるに違いない。
 それを葉月は受け入れると華は確信している。なんの疑問も違和感もなく、両親や周囲が望む道を歩いていく。
 双子の片割れとしてそれでいいのかと問いたいが、問うたところで葉月は華の言葉になど耳を傾けようともしないだろう。
 もう仲のよかった昔のような関係には戻れない。
 それをどこか寂しいと感じている自分がわずかに残っている。
 昔、愚痴を言い合ったあの頃がひどく懐かしい。

       ***

 放課後、図書室で本を選んでいると聞こえてくる声。
「あれ葉月さんのがららしじゃない?」
「こんな所になにしに来たのかしらね」
「勉強したって意味ないでしょうに。落ちこぼれはなにしたって変わらないのにね」
 クスクスとちようしようする声が華まで届く。
 しかし、そんな嫌みにも華は我関せずを貫き本を選んでいたのだが、ぞわりと漂い出した殺気に、『あっ、やばい』と慌てて人気のない所へ移動した。
 誰もいないことを確認すると、すうっとその場に二人の男女が現れた。
 突然現れた男女に華は驚くよりも困ったような顔をする。
 二十歳前後の男女はなにやらとても不機嫌な様子。
あおいみやび、学校で姿を見せるのは駄目だって前にも言ったでしょう? あんな嫌み今に始まったことじゃないんだから、いちいち反応しないの」
「申し訳ございません」
 しゅんとしおらしくすぐに謝ったのは、雅という美しい女性。長い髪を結い上げており、まるで天女のような服は雅の神々しいまでのはかなくも美しい雰囲気により拍車をかけていた。
 そして傍らの男性の名は葵。
 背が高く、体格もがっちりしており、身長ほどもの大剣を背負っている。
 こちらもまた雅に引けを取らぬ美男子だが、中身はやんちゃ坊主を思わせる勝ち気な性格だ。
 この二人は、力のかくせい後に華が作り出した式神である。
 普段は姿を隠し、力を極限まで抑えて華に付き添っているのだが、先ほどの悪口を聞いて力が抑えきれなくなった気配に気付き、華は慌てて図書室を出てきたのだ。
 華の注意に葵の方は納得がいっていないのか、いまだにムスッとした顔をしている。
「葵?」
「……あるじの言いたいことは分かるが、主を悪く言われて黙ってはいられない」
 この頑固さはどこから来たのか。
 けれど、この二人もここにはいないあずはも、いつも華を最優先に考えてくれる。
 華が作った式神なのだから当然なのかもしれないが、絶対的な味方がいてくれるという事実は華を勇気づけてくれる。
「別に今始まったことじゃないでしょう?」
 そう言えるのも、式神達がいてくれるからなのだが、それは上手く伝わらない。
「それでも嫌だ」
 先ほどまでしおらしくしていた雅も、隣でこくりと頷いている。
 今度こそ華はやれやれというように息を吐いた。
 華のことを最優先に考えてくれるのは嬉しいが、それ故に融通がきかないところがあるのが難点だ。
「私は二人の存在を周囲に教えるつもりはないの。力をちゃんと抑えられないなら、あずはと一緒に家でお留守番よ」
 そう言うと激しいかつとうをしているのが見て取れる。
 けれど、常に一緒にいたいという二人が最後には折れることを華は知っていた。
「う~。分かった……」
 不満を前面に押し出しつつも了承した葵の頭をよしよしと撫でてやる。
 葵の身長が高いので華の手が届かないと分かると葵の方からしゃがんでくれるのだ。
 そんなところがかわいらしい。
 これで解決かと思ったところで、雅が問う。
「ちょっとでも駄目でしょうか? 気付かれないようにしますよ?」
 と、なんとも悲しげに眉を下げて懇願してくる。
 それは同性である華ですらくらりとしてしまう美しさだったが、頷くわけにはいかない。
 二人が顕現しただけで、かなりの力が周囲に漏れる。
 今は気付かれぬように結界を張っているが、二人が力を使うとなると、結界では防ぎきれないかもしれない。
 術者の多いこの学校では勘のいい者は少なくなく、そこからばれれば大騒ぎになってしまう。
 なにせ、人型の式神はめったにいないのだ。
 現在の黒曜学校では、葉月の式神一人だけ。
 それだけに華が貴重な人型を二人も使役しているなどと知られたら、術者の道へまっしぐらだ。
 それだけは絶対に避けたい。
 なので、厳しくこう言うしかなかった。
「駄目です!」
 雅はひどく残念そうに頬に手を添えた。
「そうですか? やってやれないことはないと思うのですが……」
「俺もそう思う」
「駄目ったらだーめ!」
「主様を見下す愚か者どもを締め上げたかったのに、残念です……」
「主が望むならすぐにつぶしてやるのに……」
 二人はブツブツと文句を言いながら姿を消していった。
「やれやれ……」
 華は苦笑しつつも、そんな二人の気持ちが嬉しくもあった。

(つづく)

作品紹介・あらすじ



結界師の一輪華
著者 クレハ
定価: 704円(本体640円+税)
発売日:2021年12月21日

落ちこぼれ術者がカリスマ当主と契約結婚!? 大逆転和風恋愛ファンタジー
「俺の嫁になれ」
見捨てられた落ちこぼれ術者は、傲岸不遜な若き当主に愛される。
契約結婚から始まる、大逆転劇。

遥か昔から、5つの柱石により外敵から護られてきた日本。
18歳の一瀬華(いちせ・はな)は、柱石を護る術者の分家に生まれたが、幼いころから優秀な双子の姉・葉月(はづき)と比べられ、虐げられ続けてきた。
ある日突然、強大な力に目覚めるも、華は静かな暮らしを望んで力を隠し、自らが作り出した式神たちと平和な高校生活を送っていた。
だが新たに本家の当主となった、傲岸不遜だが術者として強い力を持つ男・一ノ宮朔(いちのみや・さく)に見初められ、強引に結婚を迫られてしまう。
期限付きの契約嫁となった華は、様々な試練に見舞われながらも、朔の庇護下で本当の自分の姿を解放し始めて――?

「お前が幸せであるよう夫としてできるだけのことをする。だから俺のそばにいろ」

大ヒット『鬼の花嫁』のクレハが贈る、新たな和風恋愛ファンタジー!
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322106000333/
amazonページはこちら




紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年10月号

9月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年11月号

10月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

1と0と加藤シゲアキ

文・編 加藤シゲアキ

2

先生日誌1 ほむら先生はたぶんモテない

著者 せかねこ

3

アンクールな人生

著者 弘中綾香

4

濱地健三郎の呪える事件簿

著者 有栖川有栖

5

がんばれ! コッペパンわに2

著者

6

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

2022年9月25日 - 2022年10月2日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP