menu
menu

試し読み

クラスメイトからの頼みは、先生の弱みを握ること。【逸木 裕『五つの季節に探偵は』より「イミテーション・ガールズ」試し読み#3】

日本推理作家協会賞〈短編部門〉候補作。
探偵の真似事に興じる女子高校生がたどり着く、衝撃の真実とは。

虹を待つ彼女』で横溝賞を受賞し、青春小説の気鋭として注目を集める逸木裕。
最新作『五つの季節に探偵は』は、“人の本性を暴かずにはいられない”探偵が出会った5つの謎を描く、精緻なミステリ連作短編集です。
それぞれに年代のことなる、バラエティーに富んだ5つの短編から、1編目にあたる「イミテーション・ガールズ」を全文公開します。日本推理作家協会賞〈短編部門〉候補作にもなったミステリ短編をお楽しみください。



逸木 裕『五つの季節に探偵は』収録短編
「イミテーション・ガールズ」試し読み#3

「え?」
 好美絡みの話だと思っていたので、わたしは意表を突かれた。
「清田の弱みを握ってほしいんだ。そういう依頼って、できる?」
「弱み? 素性の調査はできると思うけど……なんでそんなこと?」
「好美とのことを、解決したくて」
「どういうこと?」
「私が好美たちに何をされてるかは、知ってるよね? いままで我慢してきたけど、二年生に上がってまで同じクラスになっちゃったから、もう限界で……この前、清田に相談に行ったんだ。クラスを替えてほしいって。私が好美からさんざん嫌がらせを受けてることも、説明した」
「清田先生は、なんだって?」
「笑われたよ。進級したばかりなのにクラス替えなんて、認められるわけがないって。好美とのことは、お前の勘違いじゃないかとも言われた。笑っちゃうよね。ジャージ切られたり、自殺のやりかたを考えてきたとか言われて手紙とカミソリを渡されたりするのも、冗談なんだって。好美たちは私と仲よくなりたいから、そういうことをして気を引いてるんじゃないかって」
「清田先生がそう言ったの?」
「好美と一対一で話す機会を作ってやろうかって、そんなことも言われた」
 怜は下唇の端をんだ。その歯が、肉を嚙んだまま少し震えている。彼女の悔しさと恐怖が、伝わってくるようだった。
 わたしは清田先生と授業以外であまり話したことはないが、そんな不誠実な対応をする人だとは思わなかった。彼の太陽のような雰囲気を思い出す。
「でも、清田先生の弱みを握ってどうするの? 弱みを握るなら、好美のほうじゃない?」
「好美相手にそんなことしたら、何されるか判んない。それよりも、清田に好美たちを注意してもらうほうがいいと思う」
「なんで?」
「清田って、人気あるでしょ。好美はああいうタイプに弱いから、清田が言えば話を聞くと思うんだ」
「なるほどね」
 清田先生を動かして、間接的に排除を止めようということのようだが、本当にそんなことができるのだろうか。好美が清田先生のことを慕っているのはなんとなく知っているが、注意されて話を聞くかはよく判らない。
 それに。
「お金はどうするの? 父さんにそんな依頼をするなら、それなりにお金がかかるよ」
「ちょっとならある」
「ちょっとって、どれくらい?」
「まあ、一万円かな」
「話にならないよ」
 けたがひとつ違うことくらい、わたしにも判る。だが怜はおくさずに、言葉を重ねてきた。
「じゃあ、みどりがやってよ」
「え、わたし?」
「探偵の娘なんだから、人を調べたりするの、得意でしょ? 道具もあるだろうし」
 わたしは天を仰ぎそうになった。まさか〈最低〉の依頼をされるとは思わなかった。
 じゃあ、みどりがやってよ。依頼を断り続けていると、そんなことを言いだす子がまれに現れる。探偵などやったことがない、探偵は伝統芸能とは違う、探偵の能力はDNAに乗って遺伝しない──色々な角度から説明しても、この手のことを言う人はなかなか引き下がらない。父のせいにできない分、断るのに格段に骨が折れ、心底ぐったりしてしまう。
「絶対無理。わたしは探偵なんかやったことがない」
「でも、お父さんの仕事を近くで見てるよね? お父さんに質問もできるでしょ?」
「父さんと仕事の話なんかしないよ。やりたければ自分でやりなって。わたしも怜も変わらないと思うよ」
「無理。私、身長高いでしょ? みどりと違って、どこにいても目立っちゃう。お父さんと仕事の話をしたことないなら、いまからやったら? 親子の会話のきっかけにもなると思うよ」
「余計なお世話。父さんとはよく話してるから」
「ついさっきは話してないって言ってたのに」
「仕事の話はしてないってこと。怜、判ってて言ってるでしょ? いい加減にしてよ」
「あっそ」
 怜の口調が、一瞬で変わった。
「じゃ、いいや。燃やしてやるから」
「燃やすって、何を?」
「全部」
 弱気だった怜の表情に、しんが入ったような気がした。
「最近、放火のことを調べてるんだ。火事の三条件って知ってる? 可燃物、酸素、高い温度。好美の家をやるついでに、みどりの家もやっちゃおうかな」
「放火? なんでいきなりそんな話になるのさ。どうかしてるよ」
「どうかしてるのは好美たちと学校だよ。私がいじめられてるのを知ってるのに、誰も何もしてくれない……。どうせやるんなら、学校もみどりの家も、全部燃やしてやる。クラス中から無視されて、頼った相手にも見捨てられた、哀れな高校生の放火犯。みんな同情してくれそうじゃない?」
 逆恨みにもほどがある。怜を睨むと、怜はより強い目線で睨み返してくる。
 わたしは、文庫本のことを思いだしていた。
 怜が返してきた文庫本に、焦げたような跡があった。あれは「放火のことを調べている」過程で、できてしまったものなのだろうか。
「本気だよ」
 怜の語気に、わたしはひるんだ。
「口だけだと思ってるよね? 私は本気だから。あとで後悔しても、遅いからね」
 かれたような口調に、恐怖を感じた。眠っている間に家に火をつけられ、起きると周りが炎に包まれている──現実感のないイメージが、怜の瞳を見ているとありえそうな気がした。
「みどり、助けてよ」
 怜の口調が、また変わった。
「前に一度、助けてくれたこと、あったよね」
「前に……?」
「ほら、二ヶ月くらい前に」
 確かに一年の最後のころ、廊下で怜に絡んでいた好美たちを、軽くたしなめたことがあった。
「あのときに私を助けてくれたのは、本気だよね?」
「本気って……どういうこと?」
「偽善じゃないよね。私のことを本気で心配して、やってくれたんだよね」
 すがるような口調に、わたしは困った。助けたい気持ちはあったけれど、怜を助けたのはどちらかというと気まぐれだったからだ。だが、それを口にしていいかどうか、判断がつかない。
「あのとき、私は嬉しかったんだよ。いままで誰も助けてくれる人がいなかったから、すごく救われた。みどりに頼みたいんだ。みどりの善意が偽物じゃないのなら、もう一度、私を助けてほしい」
 怜はそう言って、わたしに向かって頭を下げた。
「お願いします」
 断るべきだと頭では判っていたものの、長身の腰を折り、しんに頭を下げる怜を前に、わたしはそれ以上拒絶の言葉を思いつかなかった。
「無理だと思うよ。それでも、いい?」
 気がつくとわたしは、〈最低〉の依頼をんでいた。

(つづく)

作品紹介・あらすじ



五つの季節に探偵は
著者 逸木 裕
定価: 1,760円(本体1,600円+税)
発売日:2022年01月28日

“人の本性を暴かずにはいられない”探偵が出会った、魅惑的な5つの謎。
人の心の奥底を覗き見たい。暴かずにはいられない。わたしは、そんな厄介な性質を抱えている。

高校二年生の榊原みどりは、同級生から「担任の弱みを握ってほしい」と依頼される。担任を尾行したみどりはやがて、隠された“人の本性”を見ることに喜びを覚え――。(「イミテーション・ガールズ」)
探偵事務所に就職したみどりは、旅先である女性から〈指揮者〉と〈ピアノ売り〉の逸話を聞かされる。そこに贖罪の意識を感じ取ったみどりは、彼女の話に含まれた秘密に気づいてしまい――。(「スケーターズ・ワルツ」)

精緻なミステリ×重厚な人間ドラマ。じんわりほろ苦い連作短編集。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322011000440/
amazonページはこちら

『五つの季節に探偵は』&『星空の16進数』。2作刊行記念、逸木裕インタビュー



「世間など関係なく、自分のルールに従って生きる人間が最強だと思います」ミステリ界の新鋭・逸木裕が描く、強烈な個性を持つヒロインたち
https://kadobun.jp/feature/interview/6iv8blin100s.html

『五つの季節に探偵は』レビュー



秘密を暴かずにいられない探偵の物語――逸木 裕『五つの季節に探偵は』レビュー【評者:千街晶之】
https://kadobun.jp/reviews/entry-45177.html


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年8月号

7月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

3

黒牢城

著者 米澤穂信

4

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

5

夜は猫といっしょ 3

著者 キュルZ

6

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

2022年6月26日 - 7月3日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP