menu
menu

特集

「世間など関係なく、自分のルールに従って生きる人間が最強だと思います」ミステリ界の新鋭・逸木裕が描く、強烈な個性を持つヒロインたち

精緻でビターなミステリ連作短編集『五つの季節に探偵は』&万華鏡のような青春ミステリ『星空の16進数』。2作刊行記念、逸木裕インタビュー

“人の本性を暴かずにはいられない”探偵が遭遇した謎を描く最新単行本『五つの季節に探偵は』、“色彩”が鍵を握る誘拐事件の真相を辿る文庫『星空の16進数』が相次いで刊行された。横溝正史ミステリ大賞受賞作『虹を待つ彼女』でのデビュー以降、ミステリ界の気鋭として注目を集め続けている逸木裕さんに、担当編集がお話をうかがいました。

ミステリならではの面白さを楽しめる作品に


――『五つの季節に探偵は』は逸木さんにとって初めての短編集となりました。短編の難しさなどありましたでしょうか。

難しさはありません。短編は長編よりも書きやすいです。長編は際限なく話を広げられるため、要素を盛って物語を大きなものにしていくほうに意識が向いてしまい、毎回それを刈り込んで形を整えていく作業に苦慮しています。短編は最初から長さの縛りがあり、要素を盛るにも限界があるため、最初からやりたいことが明確化できるのがよかったです。制限があるほうが書きやすいタイプなのかもしれません。書いていて苦しさよりも楽しさのほうが多かった、初めての本です。


――5編それぞれに仕掛けの異なる、ミステリとしての純度の高い作品集になりました。各編のバランスなど、気を付けたことがあればお教えください。

今回はかっちりとしたミステリを書くことを何よりも心がけました。私の作品は毎回ミステリのフォーマットを取りつつも、本質的には社会問題を描いていたり、成長小説であったりと、ミステリ以外の部分が読みどころになっているものが多かったかと思います。本作はミステリとしての純度を高め、謎解きの妙味や意外性など、ミステリならではの面白さを楽しめる作品にしたいなと思って書きました。


――特に思い入れや手応えのある短編はありますか?

手応えはどの作品にもありますが、特別な思い入れがあるものは「スケーターズ・ワルツ」でしょうか。ワルトトイフェルの「スケーターズ・ワルツ」が好きで、同じタイトルの作品を書きたいというコンセプトだけが昔からあったのですが、良い形で結実したと思っています。大変お世話になった前担当者と作った最後の作品でもあり、私にとって大切な一編になりました。

早熟な女性の成長を追う長編小説としての読みどころ


――短編集でありながら、2002年から2018年までの「みどり」というひとりの女性の人生を追う長編にもなっています。書かれるうえで意識されたことがあればお教えください。

みどりは自分のライフワークを17歳のときに見つけてしまった、早熟な女性です。心理的に成長の余地があまりなく、ずっと同じスタンスで生きているとも言えますが、そんな彼女も長年の生活で徐々に変化していきます。早熟な人間の、さらなる緩やかな変化を描きたいと思い、慎重に書き進めました。


――主人公のみどりは「真相を暴かずにはいられない」という性質を抱えています。着想などをお聞かせください。

そもそもみどりは、私の最初の作品『虹を待つ彼女』にも登場し、そのときは主人公が目指すべき存在、メンターとしての役割を担っていました。
私は〈世間など関係なく、自分のルールを作ってそれに従って生きている人間〉こそが最強だと思っていまして、メンターとして登場する彼女は、必然的にそのような〈強い人間〉として物語に登場します。
その2年後、みどりを主役にしたシリーズを立ち上げることになりました。みどりは探偵であり、同時に〈強い人間〉でもあるため、〈探偵活動を生きがい・ライフワークとしてやっている人間〉という主人公像が演繹的にできあがりました。物語の要請から生まれたキャラクターとも言えますが、成熟していると同時に危うさも抱えている非常に多面的な人で、いまではとても気に入っている登場人物のひとりです。


――みどりは『虹を待つ彼女』だけでなく、『星空の16進数』にも登場していますね。すでに登場していた人物を書くことに難しさはありましたか?

難しさは全くありません。価値観が確立された人なので書きやすく、また書いていてとても楽しいキャラクターです。ここ3年ほどは、年に一度新作を書くことでみどりに会えるのを楽しみにしていました。本作が話題となってまた続編を書ける機会が与えられるといいなあ……と願っております。

強烈な個性を持つヒロインたち


――『星空の16進数』も2021年12月に文庫化されました。こちらは、かつての誘拐事件と現在の事件がつながっていく長編小説です。執筆時に意識されたことや難しかったことはなんでしょうか。

意識したのは、カラフルな少女の成長小説と、クラシカルな人探しハードボイルドを力業で無理やり接合するようなものが書けないかということでした。それが成功しているかは読者の皆様の判断に委ねたいと思いますが、あまり類例のない作品にはなったのではないかと思います。


――みどりともうひとりの主人公として、藍葉という“色彩”に個性を持つ女性が登場します。彼女を書くときに重点を置いたことなどお聞かせください。

藍葉のパートを書くのはかなり悩みました。彼女は〈他人の気持ちが判りづらい〉傾向を持っており、そういう少女の視点から物語を語っていくのは制約が多く、苦労しました。一方で藍葉は常人にはない色彩感覚を持っており、彼女ならではの見方で世界を見ています。彼女にしか見えないものをなんとかすくい取りたいと思い、言葉を選びながら書いていたことを覚えています。


――最後に、2作それぞれについて、読みどころはここ! というのを教えてください。

『星空の16進数』はダブルヒロイン構成で、ふたりとも強烈な個性を持つ女性なので、彼女らと一緒に謎を追い、一風変わった旅を楽しんでいただけると嬉しいです。
『五つの季節に探偵は』はそれぞれ違った工夫を凝らした短編集にしたいと思って書きました。一編ごとに異なるミステリの味をお楽しみいただければ幸いです。


――今後はどのような作品を書いていかれますか?

今年はパイプオルガンをテーマにした青春小説と、宗教団体で軍事教育を受けた子供たちを描いた冒険小説を上梓したいと思っています。ほかにも作品が出るかもしれません(私が書ければ……!)。
大きな方向性としては、「変わったフォーマット」「切実な人間ドラマ」が融合した小説を書きたいという思いが、デビュー以来ずっとあります。ほかでは読めない変わったコンセプトの舞台を用意して、その中でキャラクターたちに生き生きと動いていただいて、大切なものを摑んでもらう――そんな小説が書けるよう、頑張っていきたいと思います。

作品紹介・あらすじ



五つの季節に探偵は
著者 逸木 裕
定価: 1,760円(本体1,600円+税)
発売日:2022年01月28日

“人の本性を暴かずにはいられない”探偵が出会った、魅惑的な5つの謎。
人の心の奥底を覗き見たい。暴かずにはいられない。わたしは、そんな厄介な性質を抱えている。

高校二年生の榊原みどりは、同級生から「担任の弱みを握ってほしい」と依頼される。担任を尾行したみどりはやがて、隠された“人の本性”を見ることに喜びを覚え――。(「イミテーション・ガールズ」)
探偵事務所に就職したみどりは、旅先である女性から〈指揮者〉と〈ピアノ売り〉の逸話を聞かされる。そこに贖罪の意識を感じ取ったみどりは、彼女の話に含まれた秘密に気づいてしまい――。(「スケーターズ・ワルツ」)

精緻なミステリ×重厚な人間ドラマ。じんわりほろ苦い連作短編集。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322011000440/
amazonページはこちら



星空の16進数
著者 逸木 裕
定価: 858円(本体780円+税)
発売日:2021年12月21日

どうして私を誘拐したんですか――? 色鮮やかな青春ミステリ。
17歳でウェブデザイナーとして働く藍葉のもとを、私立探偵のみどりが訪ねてきた。「あるかた」の依頼で藍葉に百万円を渡したいというのだ。幼い頃に誘拐されたことのある藍葉は、犯人の朱里が謝罪のために依頼したのだと考え、朱里と会わせてほしいとみどりに頼む。藍葉は、誘拐されたときに見た色とりどりの不思議な部屋を忘れられずにいた。風変わりな人捜しを引き受けたみどりは、やがて誘拐事件の隠された真相に辿り着く。
解説 似鳥鶏
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000194/
amazonページはこちら

こちらの記事もおすすめ!



どうして私を誘拐したんですか――? 色鮮やかな青春ミステリ。
【逸木裕『星空の16進数』文庫巻末解説】

https://kadobun.jp/reviews/entry-43645.html


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

炎上白書

著者 あやなん

2

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年6月19日 - 6月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP