menu
menu

試し読み

愛するあまり下着泥棒になったわたし。もう何もかも取り返しがつかない――。渡邊璃生が衝撃の小説家デビュー。『愛の言い換え』発売前特別試し読み!#9

元「ベイビーレイズJAPAN」の渡邊璃生さん初の小説集『愛の言い換え』が5月2日に発売となります。発売に先駆けて、選りすぐりの傑作書き下ろし3篇を30日間連続で全文特別公開します。

>>前話を読む

 ◆ ◆ ◆

「本当にどうしようもないな。じゃ、お前、今から自分がなにしたか言え。」
 目的はわからなかったが、わたしは従うことにした。そうすることしかできなかった。
「はい、わたしは、わたしは清水貴之さんの、」
「声が小さい!!」
「わ、わたしは! 清水さんの下着を、ぬ、盗みました!!」
「何枚盗ったのかも言え!!」
「ご、五枚盗みました! ごめんなさい、ごめんなさい!!」
「それで、盗んでどうしたんだ!?」
「え!? そ、その、わたしは、清水さんの下着を盗んでっ……、」
 顔に熱が宿る。
「ひ、ひと、ひとりでしたくなってしまって……。」
 感じたことのないほどの羞恥心に、わたしの心臓ははち切れそうなほど鼓動した。
「『ひとりでしたくなってしまって』じゃねえよ、誤魔化すな!!」
「あ、つ、つまり、その、マスター……ベーションを、したくなってしまって……。」
「声が小さいんだよ、何回も言わせるな!!」
「マスターベーションをしました!!」
 言われるがまま大声を上げる。近所に聞かれたかも知れない。
 死にたい。殺して欲しい。いや、聞いたであろう人間全員を殺したい。
 そう思わずにはいられなかった。
「変態だな。」
「ごめんなさい……。」
「はあ、まあ、いいや。」
 あれだけ声を張り上げても、清水さんは呼吸すら乱れない。わたしは喉が痛み、意識は朦朧としているというのに。
「じゃ、お前は罪を認めるんだな?」
 ゆっくり体を起こし、「はい、認めます!!」と声を張り上げると、
「うるっせえよ。」
 清水さんは呆れた表情でわたしのお腹につま先を叩き込んだ。痛みより先に、息苦しさ。口からは唾液が漏れ、涙が溢れる。詰まった呼吸を解放すると、お腹が膨らむ度に痛みも大きくなっていくようだった。その中に、わずかな吐き気。
「はは、」
「おぇ、」
「……深川さん、」
「あ、」
「こっち向いて?」
 這いつくばって呼吸を整えると、彼はわたしの頬を撫で、顔を上げさせた。
 その顔にはいつもの笑顔が浮かび、視線は甘く優しい。窓から差した光に、栗色の髪が一本一本透けて見え、飴細工のような美しさを感じた。
 ああ、やはり、わたしはこの人が好きだ。
 このとき、わたしははっきりと「コリントの信徒への手紙一」を思い出していた。
「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。」
 ならばわたしは、この痛みに耐えるべきだ。
 同時に揺れる脳で、確信した。
 人は神様を好きになるのではない。
 好きになった人が神様なのだと。
 気がつけば、わたしは清水さんと口づけを交わしていた。ほんのりと、紅茶の香りがする。清水さんがわたしのためにと、手ずから選んでくれた紅茶の香りが……。
「要ちゃん。」
「……あ、……貴之さん、」
「『要ちゃんは、俺の知らないことを知っている』の?」
 彼がわたしをソファーに押し倒して……。
 二十と少しの人生で、深川要は初めて朝帰りをした。

(つづく)



渡邊璃生愛の言い換え』詳細はこちら(KAODOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000345/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年9月号

8月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第201号
2020年8月号

7月13日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

崎義一の優雅なる生活 太陽の石

著者 ごとうしのぶ

3

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者 神永学 イラスト 加藤アカツキ

4

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

5

虜囚の犬

著者 櫛木理宇

6

女だてら

著者 諸田玲子

7/27~ 8/2 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP