menu
menu

連載

真藤順丈「ビヘイビア」 vol.13

逃走していた技能実習生のうち、一人が遺体で見つかった。直木賞作家・真藤順丈による現代ミステリ!「ビヘイビア」#4-1

真藤順丈「ビヘイビア」


前回までのあらすじ

技能実習生だったシトラが謎の死を遂げた。同じウズベキスタン出身の青年ガフは真相を探る。タクシー運転手の城之内は実習生らの逃亡を助ける「仕事」に失敗。1人だけ乗せられたガフも姿を消した。ガフは、仲間のラムに会おうと訪れた団地で全労議の弁護士・鵜飼に救われる。仲間のジャミルディンと再会するも、シトラの事件を追うため更に逃げる決意をした。実習生らの捜索を命じられた城之内は、踏みこんだネット力フェでラムの他殺体を発見する。

詳しくは 「この連載の一覧
または 電子書籍「カドブンノベル」/「文芸カドカワ」へ


関連書籍

おすすめ記事

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年4月号

3月13日 発売

怪と幽

最新号
Vol.006

12月22日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP