menu
menu

レビュー

林文学における〈歴史小説〉という大きな脈の始まり――『ミカドの淑女』林真理子 文庫巻末解説【解説:朝井まかて】

ベールに隠された禁中で、したたかに、そして華やかに生きた女がいた。
『ミカドの淑女』林真理子

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。

ミカドの淑女』林真理子



『ミカドの淑女』林真理子

解説
あさまかて(作家)  

 しもうたえらい女である。
 武家の娘でありながら歌才によって皇后・はるから「歌子」の名を賜り、めいの宮中に出仕した。伶俐機敏と美貌によって皇后の異例ともいえる寵愛を受けた彼女は最も身分の低い女官から上り詰め、位人臣を極める。婦女のかがみとして上流社会の女子教育においても絶世の存在となり、俸給も女としては桁外れ、名実共に「日本一えらい女」なのである。
 ところが、もしくはそういう女であるがゆえに新聞記事の恰好の餌食となって醜聞にまみれた。かの社会主義者・こうとくしゆうすいが中心人物であった『平民新聞』だ。
 才色絶倫の女。

 本作の舞台は明治四十年、一九〇七年だ。
 幕末維新を経て時は二十世紀。西欧に比肩すべく近代化と西欧化に涙ぐましいほど傾注してきた成果の一つとして、明治三十八年の日露戦争勝利がある。清国のみならず大国ロシアを打ち破ったことで日本は世界を驚嘆、震撼せしめた。明治三十九年にはさかいとしひこらが日本社会党を結成し、文化においては、つぼうちしようようしまむらほうげつらが文芸協会を結成、しまざきとうそんが『破戒』を刊行、なつそうせきが『坊っちゃん』を発表している。そしてこの明治四十年、足尾銅山でストライキが起き、うえでは東京勧業博覧会が開かれて空中観覧車や室内温水プールが人気を呼び、ことぶきからは赤玉ポートワイン、帝国こうせんからは三ツ矢印の平野シャンペンサイダーが新発売された。日露で得た戦果は国民には期待外れのものであったにしろ、幕末から西欧への劣等感にさいなまれ、猛烈な思慕と模倣を繰り返してきた男たちはようやく昂然と世界を見晴るかす。だが国のありようとしては依然として、西洋の覇権主義、植民地支配の追随であった。
 帝国日本。
 物語はそんな明治四十年、内裏の冬の朝から始まる。まるでもやがたちこめているかのごとき薄暗さ、冷たさ。それまでは誰も踏み込んだことのなかったであろう帝の日常が優美に、かつ淡々と描出されている。帝の素顔と心情、本音の息遣いにたちまち惹き込まれるや、物語は突如として変調する。清らな空気とは対極にあるもの。くだんの新聞記事だ。句点を用いない漢文調は黒々として、日本一えらい女の正体を暴かんとする暗い愉悦が臭いを放散する。
 記事を読む、あるいはそくぶんする人々は多彩だ。内裏の女官に侯爵夫人、伯爵、医学博士、宗教家、明治の元勲・とうひろぶみまれすけ将軍、そして明治大帝と皇后。
 本作は歌子にまつわる人々の人生を馬車に乗せ、『平民新聞』の記事を御者にして刻々と進められていく。ただし馬車に乗せられた登場人物たちはあまり動かない。ロシアの怪僧にちなんで「日本のラスプーチン」と呼ばれた宗教家・いいきちさぶろうを除いては。彼ら彼女らは内裏や書斎や料亭、寝間といった閉ざされた空間で歌子の言動、その奥にあるものに目を凝らし、あるいは目を背ける。ゆえに小説空間は濃密だ。読者のまなざしは自ずと、下田歌子その人に注がれる。あたかもミステリーを読む味わいに似て、前代未聞の醜聞を見聞することになる。
 彼女はいったい何者なのか。妖婦か貞女か、男も女もその魅力でたらし込む魔女ウイツチか、売らんかなの新聞の犠牲者か。それとも、記事の猛射は彼女の失脚を狙う罠なのか。
 作者は伊藤博文の内心描写で、歌子をこう評させている。

 ──ともかくずばぬけて頭がよい。(中略)それよりも公をきつけたのは歌子の人間を読む深さである。瞬時のうちに相手が望むことを読みとり、それにかなうようにふるまうことができる。これこそ「周旋屋」と陰口を叩かれながらも、政治の第一線に躍り出た藤公が最も大切にしている才能であった。(中略)人間を読む力だけではない。志の高さ、言い替えれば本人も自覚していない野心というものも歌子は身につけていて(後略)。

 ここで語られているのは伊藤自身のことでもある。歌子の像が乱反射して、登場人物それぞれの横顔、心の深奥を照らし出すのだ。嫌悪や嫉妬や未練、保身と傲慢、高貴の冷酷をも。
 タイトルが『帝の淑女』ではなく『ミカドの淑女おんな』という片仮名表記であることには、象徴性がある。大帝のみを指すのではなく、皇室、政界を含めた明治という時代そのものが〝ミカド〟なのだ。歌子は時代に寵愛され、醜聞が出て一年も経たぬうちに排除された。尋常でないもの、異例過ぎるものを日本の社会は許さない。
 けれども小説の終盤、歌子の真の〝野心〟に気づかされて、読者は身ゆるぎすることになる。未読のかたのために具体的な記述は控えるけれども、本作の真髄と魅力の源泉はこの真の〝野心〟にこそある。ゆえに令和の世になった今も乱反射して、読者は気づかされるのだ。
 これを野心と呼ぶのであれば、わたしの胸の中にも潜んでいるものだ、と。
 権謀術数では決してかなわぬ、切ない野心。単なる上昇志向とは全く別の、狂おしいほどの純粋なる野心。
 そしてふと、歌子を抱きしめたいような思いに駆られる。
 ここまで人間の情念に迫ったからこそ、『ミカドの淑女』は普遍性を持った。


 はやし。その名を私は仰ぎ見てきた。もうずいぶんと長いこと。
 一九八一年、林さんがTCC(東京コピーライターズクラブ)で新人賞を受賞された時の作品は今もそらで言える。

 ──つくりながら、つくろいながら、くつろいでいる。

 既製の品をただ買うのではなく、自分でベンチを作ってみようよ、ペンキで修繕してみようよというDIYの提案だ。ビジュアルも憶えている。たしか、白く明るい空間に大きな一つのバスタブが置かれていて、そこに巨大な工具がシンボリックに入れられていた(記憶違いだったらごめんなさい)。当時は商品を直截的にアピールせず、生活や感性や生き方の提案によって購買意欲を刺激した時代であった。ビールを単に「うまい!」と声高に表現したら野暮だと鼻であしらわれる。日本の広告に最も活気があり、クリエイターが時代の空気を創っていたと言ってもいい。
 私はといえば大阪でコピーライターの修業を始めたばかり、丁稚奉公にも等しいほやほやで、ただし夜は強かったので嬉々として徹夜していた(この癖は今も変わらない)。けれどろくなものは書けず、先輩にもクライアントにもどやされ続ける毎日。だからあのコピーに射抜かれた。林真理子という名前が強く刻み込まれた。
 その後、林さんは瞬く間に大人気のエッセイストになり、小説を書けば文壇の寵児だ。エッセイにも小説にも噓やごまかしがない。綺麗事は書かないと敢然と顔を上げ、ユーモアと愛嬌に溢れる作品でもきつさきは鋭かった。「いい加減にしてよ」と論争相手を一喝した。
 正直に申せば、私は忠実まめな読者だったとは言えない。なにしろ林さんは多作な人でベストセラーを連発、私もいつしかコピーライターのはしくれとして多忙を極め、寸暇には浮かれて遊んでいた。世はバブルだった。
 そのバブルが弾ける寸前のある日のこと。本屋さんで赤い函入りの、それは美しい佇まいの本に出逢った。『ミカドの淑女』である。函から抜くと半透明のハトロン紙がかけられていて、表紙は薄桃色の地にそれはたおやかな貴婦人たちが描かれている。装丁・挿画はかねくによし、帯の推薦文はまつもとせいちようという豪華さだ。
 ──迷信残るへいあんの禁裏と大奥政治の城とを接ぎ木した明治の宮廷に咲く才色あふるるばかりの下田歌子。身は華族子女の教育者で偶像の的。至尊も眩惑され、大官はその蠱惑に屈する。怪予言者が彼女と組む。これまでは書くのに困難だった題材に小説として初めて成功したと思う。抑制した筆で感覚的な描写をもりあげる著者の才能に目をみはる。学習院院長乃木希典が歌子を処分した理由の新解釈も嶄新だ。
 私がこうして得意げに装丁や帯文を紹介するのは、初版本を持っているからである。いくど転居してもこの本は詰めて運んで書棚におさめてきた。この小説が好きだったことは言うまでもない。ただ、それだけではなかった。
 書くものが変わった。
 市井の一読者であった私にもそれがわかったのだ。いや、「変わった」は乱暴な言い方だ。
 新しいきざはしを上っている。この作品は林真理子の画期になる。
 そう、そんな気がした。ゆえに私の読書体験において大切な作品となった。
 今から思えば、林文学における〈歴史小説〉という大きな脈の始まりであったのだ。本作ののち、『白蓮れんれん』『女文士』『正妻 慶喜と美賀子』『西郷せごどん!』と伝記小説・歴史小説の傑作、名作が次々とものされ、二〇二一年発表の『李王家の縁談』ではまたさらに大きな結実を見せた。『李王家の縁談』は美貌で知られるなしもとのみや妃を視点人物に、たいしようしようの皇族華族を描きながら明治という時代をもあぶり出している。『ミカドの淑女』と照応しているのだ。明治四十年は日本の朝鮮支配が始まるようらんである。日本がじゆうりん、解体させてしまった李王家のことを書かねば。その思いは林さんの胸で三十年もの間、脈ち続けていたのではないか。
 歴史が重奏となって響いてくる。それは、作家・林真理子の放つ響きでもある。野心の自覚の有無はさまざまなれど、世で大きく呼吸したいと願う女たちにつきまとう苦難は現代もさして変わらぬのではないかと思われる。だから私たちは林さんの言葉、小説に勇気づけられる。
 女たちよ。
 林さんの声はやわらかだ。ふっくらとしている。
 女たちよ。自分より力のある者から与えられたものは取り上げられる。相手の気儘な変心に翻弄されるばかりだ。女たちよ。だから己で摑み取らねばならない。おもねらず、真っ向から対立するばかりでもなく、時に軽妙に捌いて笑い飛ばして、たとえ血塗れになろうとも、その山を登り切れ。

 本作『ミカドの淑女』の後の歌子について、少しだけ触れておこう。まるで歴史の自浄作用のごとく上流社会から退場させられた彼女は、ほどなく復活を果たした。日本の女子教育に歴たる功績を残し、昭和十一年まで生き抜いている。

作品紹介・あらすじ
『ミカドの淑女』林真理子



ミカドの淑女
著者 林 真理子
定価: 748円(本体680円+税)
発売日:2022年06月10日

ベールに隠された禁中で、したたかに、そして華やかに生きた女がいた。
その歌の才により皇后の寵愛を受け、「歌子」と名付けられた女官がいた。しかし、その後女は“妖婦”と新聞で取り上げられる。明治の宮廷を襲った一大スキャンダルの真相を暴く、林真理子最初の歴史小説。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322112000472/
amazonページはこちら


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

炎上白書

著者 あやなん

2

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年6月19日 - 6月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP