menu
menu

レビュー

川村元気から観察眼の磨き方を学べ! 映画監督との脳内会議『ブレスト』

【カドブンレビュー】


僕は本作の「映画監督との脳内ブレスト」という内容に惹かれたし、何より川村元気さんのプロデュースする映画がすごく好きだ。だからこそ今回は内容を楽しむのはもちろん、何か仕事に活かせないかという観点で読み進めることにした。

この本のポイントは、「この監督とブレストしてみたらどうなるか」という、まさにその人が眼前にいるような想像力でもって、作品はもちろん、経歴から住んでいるところ、人柄、人間関係でどこを重要視するのか、ということを徹底的に分析する点にある。

身近にいる人は、普段から接する機会が多いためどのような発言をしそうというのも想像できる。ただ今回の場合は、接点の無い、しかも情報もなかなかオープンになっていない、いわゆる巨匠たちとのブレストを実施するのだ。

彼らの作品についての知識だけでなく、インタビュー記事などで実際話している内容の一部を抜粋し、そこからキャラクターを創造したり、作品へのこだわりを反映させたりと、読み物の形に置き直してはいるが、仮想脳内ブレストをするために巨匠たちの嗜好をかなり細かく分析していることがわかる。

ブレストに限らず、会議などで相手の発言内容を事前にシミュレーションするとき、本当に自分はその人のことをよく知っているだろうか。なぜその発言をしそうかまで自信を持てるだろうか。改めて、観察眼の磨き方を教わったような気がした。クリエイティブな発想が必要な人はもちろん、誰かをしっかり理解し、その人の期待をこえるような成果を出したいと思っている人にもオススメの一冊だ。


ご購入&試し読みはこちら▷▷川村 元気『ブレスト』

>>カドフェス2019<<


関連書籍

紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • モモコとうさぎ』刊行記念書店員座談会 働くとはどういうこと?
  • イカちゃんクマちゃんのイカ総研
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』
  • 【特別インタビュー】オリジナルクイズも出題! 東大王・伊沢拓司が選ぶ角川文庫5選
  • 『麒麟児』刊行記念対談 出口治明×冲方丁

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP