menu
menu

レビュー

【レビュアー:岸田繁】哲学を哲学する前に取り敢えず、地図を読んでみるような本 『大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる』

 多くの大人たちは、人生の壁にぶつかり、それを越える方法を巡って思い悩みます。ここ日本においては、少子高齢化や現在の人口ピラミッドの構造、そして長引くデフレの影響が影を落とし、あらゆる意味で哲学的な考え方を軽視する風潮から、脱却する必要があると思います。
 本書において、最も読者が理解する必要のある頁は、230ページ「哲学を理解するとは?」に尽きると思います。人間にとっての「知への欲求」は、多くの哲学者たちがそれぞれ辿り着いた、ひとつの明快な答えのように思います。
 異物への否定的感情を、自己を知ることによって偏見を取り払えば、理解への道が拓ける。新しい自分自身に出会うためには、時には自己否定を行わねばならない、という人間にとっての永遠の課題は、稀代の哲学者たちが、私たちの代わりに悩み抜き、遺してくれたメッセージのようなものなのかも知れません。そして、それはいくらその哲学者たちが偉い人だったとしても、悩めるあなたや私や、知らない誰かやそのご先祖さまなんかと同じように、人それぞれに悩みを持ち、それを解決しようと知見を得て私たちに伝えてくれた、ということだと思います。
 本書を、用語解説や表層的な歴史学、豆知識的なもののために使っても、それは「お勉強」の域を超えないものだと思います。改めて哲学の歴史体系を学ぶことにより、哲学者たちの遺した思いやエネルギーを受け取るキッカケになればいいと思います。



ご購入&試し読みはこちら▶貫成人『大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる』| KADOKAWA


関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2

闇祓

著者 辻村深月

3

民王 シベリアの陰謀

著者 池井戸潤

4

テスカトリポカ

著者 佐藤究

5

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

6

「ふつうの家族」にさようなら

著者 山口真由

2021年11月14日 - 11月21日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP