ご本人が嫌がるかもしれない、ということを覚悟で申し上げると、恒川光太郎(つねかわこうたろう)(かお)は宮沢賢治に似ていると思う。直接お会いしたことはなく、授賞式の壇上で挨拶される姿や写真でしか見たことはないのだが、かなり前から「似ているなあ」と思っていた。
 それは多分にデビュー作である『夜市』(角川ホラー文庫)や『草祭』(新潮文庫)などを読んだ後に感じた〝現実と繋がる非現実な空間〟を描いた物語の肌合いが、幼いころに経験した賢治の『風の又三郎』や『銀河鉄道の夜』を髣髴(ほうふつ)とさせたせいなのかもしれない。
 多くの恒川光太郎ファンが魅了されるのは〝あの世とこの世の(あわい)〟の物語。インターネットが世界を駆け巡り、ロボットがホテルの受付をして、携帯電話で瞬時に相手と連絡が取れる21世紀の現代においても、子どもはやはり闇が怖い。夜中の鏡、街灯の暗がり、天井の物音、トイレの中。何かがいる、何かを感じる。日本人の記憶に刻まれている独特の異世界を、恒川光太郎の小説は呼び覚ましてくれるのだ。
 この『異神千夜』もまた、その恒川ワールドを如何(いかん)なく味わわせてくれる短編集である。
 表題作である「異神千夜」は、鎌倉時代の元冦に巻き込まれた男の半生を描く。恒川の小説には珍しい、史実を下敷きにした作品だ。天下の大乱に乗じて大陸から日本にやってきた窮奇(きゅうき)という妖怪とその使い魔である(いたち)のような生物のリリウは、時とともに闇に消えていく。
 続く「風天孔参り」は一転して現代と思しき時代が舞台だ。
 道路の向こうは樹海という人里離れた山小屋に都会を逃れてやってきた若い女性が、五十代の主人を魅了する。彼女の過去と、時折やってくる風天孔参りの奇妙な客たちによって、彼の運命は一変する。これもまた、この世とあの世をつなぐ物語だ。
 三作目の「森の神、夢に還る」は(あや)かしの者である私自身の告白記となる。
 何かに憑依することができる(かすみ)がごとき存在である私に選ばれたのがナツコという美しい女だった。戦後の高度成長期に上京し、仕事を持ち親友もできた普通の女性の生活を私は楽しんだ。だがあることから、私の昔の憑依先の記憶が(よみがえ)る。きっかけになるのは鼬行者という占い師との出会いだ。彼は何者だったのか。
 最後の「金色の獣、彼方(かなた)に向かう」の舞台は現代とはそう遠くない少しだけ昔の物語。少年と少女が飼うことにしたルークと名付けた金色をした鼬のような生物。鼬行者に飼われていたルークは彼らに不思議な光景を見せてくれる。
 この鼬のような生物は日本の昔話に出てくる管狐(くだぎつね)を想定したと「文蔵」(PHP研究所2012/1月号)で語っている。体の長い狐とは、すなわち鼬のことなのではないか、と。
 民俗学者の谷川健一(たにがわけんいち)は著作『神・人間・動物』(講談社学術文庫)のなかで、管狐をこう定義している。
 クダ狐というのは竹のクダに入れてもちあるくことのできるくらいに小さな狐であるといわれている。しかし、私はクダというのはマキなどの語のように、一族をあらわす語から来ていると考えている。つまりクダ狐は一族の象徴なのである。
 このクダ狐のことを三河ではイヅナ持ちと呼んでいる。(中略)
 イヅナの法にはインドの荼枳尼天の信仰がからみあっている。荼枳尼天というのは自在な通力をもち、六か月まえに人の死を知り、その心臓をとって食う恐ろしい女神とされている
 確かに本書のどの物語も女性が鍵となり男を狂わしている。荼枳尼天(だきにてん)は天女の姿をした夜叉(やしゃ)。昔からいわれる「狐憑(きつねつ)き」になるのも女性がほとんどだ。恒川光太郎という作家は女性に対し、畏敬と畏怖を同時に持ち、それを物語に昇華させているのではないか。
 だが恒川は鼬を使った意外な理由も明かしている。ルークという魅力的な獣について尋ねられると、

書籍

『異神千夜』

恒川 光太郎

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2018年05月25日

ネット書店で購入する