織田信長を筆頭に戦国武将にはきら星のごとくスターがひしめいている。百姓から天下人になった豊臣秀吉、江戸幕府を開府した徳川家康を始めとして、虎退治の加藤清正(きよまさ)や、計数に強く金沢(かなざわ)を栄えさせた前田利家(としいえ)などキャラが立った武将は数多い。彼らに比べればこの小説の主人公、宇喜多秀家は名前こそ知られているが目立つタイプの戦国武将とは言えないだろう。しかし、『宇喜多の楽土』を読めば、不器用ながらブレない生き方を選んだ知将であり、その後半生に異彩を放った人物だったことがわかるはずだ。
 宇喜多秀家は備前(びぜん)備中(びっちゅう)半国・美作(みまさか)などを有する宇喜多家の嫡男として生まれた。しかし中国地方には毛利家が君臨しており、隣接する広大な領地をめぐって鋭く対立していた。一代で大名に成り上がった父の跡を継ぐ秀家は、父が始めた干拓事業が成功し、流民たちが定住できる未来を夢見る。しかし、時代は戦国。楽土を実現するには(いばら)の道が待っていた。
 父を早くに亡くし、若くして領主となった秀家は領土問題解決のために天下をとったばかりの秀吉を頼らなければならなかった。秀吉は秀家を気に入り、養女の(ごう)姫と(めあわ)せたほどだ。しかし、その結果、秀家の前半生は秀吉に翻弄されることになる。秀吉の朝鮮出兵にあたっては、自らも出陣し、武功を挙げる。そして秀吉の死後、五大老の一人として豊臣家の存亡に深く関わっていくのである。
 秀家は戦国武将でありながら、(いくさ)よりも領土を守り、民を()べることに関心を持ち、楽土の建設を夢見る政治家として描かれている。つまり平時にこそその手腕を発揮できるタイプのように見える。ゆえに欲望をむき出しにした戦国武将と比較すれば影が薄く見えるのも当然。読者は秀家の眼を通して、秀吉の信用ならない腹黒さや、家康の容赦のない攻め手を目の当たりにし、戦国時代のリアリズムを感じることになる。
 一方、秀家が成長の過程で出会う身近な人々とのエピソードもこの小説の魅力だ。幼き日の秀家が一度は捕らえたものの逃がした落武者や、仇討(あだう)ちを狙っていると公言する若武者、あるいは、従兄弟(いとこ)であり、権力争いの相手でもある宇喜多〝左京亮(さきょうすけ)詮家(あきいえ)の特異な人物像は、この時代の過酷な状況や、秀家の理想を実現する困難さを教えてくれる。
 作者の木下昌輝は二〇一二年に「宇喜多の捨て嫁」で作家デビュー。実はそのデビュー作を表題作とする単行本に収録された連作の題材が、宇喜多秀家の父、直家(なおいえ)とその時代だった。下克上により一国の主に上り詰めた直家は娘たちをライバルの武将たちに嫁がせた上で、その夫たちを容赦なく倒していく。直家は企業で言えば創業社長であり、一貫して攻めの姿勢である。一方、秀家は父の理想を引き継ごうとした二代目社長であり、どちらかと言えば守りだ。しかしその「守り」がこの時代にいかに困難なものだったか。
 戦国武将は戦いに明け暮れ、つねに勝つことが求められる。しかし、その戦いのなかで、民が平和に暮らす楽土を夢見る武将がいたとしたらどうだろう? そんな武将がいてもいい——そう思える小説である。

あわせて読みたい

画像
敵の名は、宮本武蔵
木下 昌輝
(KADOKAWA)
剣豪武蔵(むさし)を敵として戦った男たちのエピソードを連作形式で描いた長篇小説。『宇喜多の楽土』との関係でいえば、宮本武蔵の父、無二(むに)は宇喜多家の家臣、新免(しんめん)家の出身だった。有名な巌流島(がんりゅうじま)の戦いを含め、人気キャラクターの武蔵の「強さ」と「秘密」を描く。

書籍

『宇喜多の楽土』(文藝春秋)

木下 昌輝

定価 1836円(本体1700円+税)

発売日:2018年04月25日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代」第175号 2018年6月号

    小説 野性時代編集部

    定価 860円(本体796円+税)

    発売日:2018年05月11日

    ネット書店で購入する