解説  静かに燃える炎

 
 今回、新装版として刊行された本書には、三つの作品が収録されている。いずれもずいぶん前に書かれた作品で、もっとも古いものは、約二十年前に書かれたものだ。二十年! 年月の長さにまずは驚き、その長さに反し、まるで色褪せない作品たちのすごさを、しみじみと噛みしめてしまった。
 説明するまでもなく、現在、島本理生(しまもとりお)さんは、数多くの傑作小説を世に生み出した(そして生み出しつづけている)人気作家である。そんな彼女の、大切な最初の作品集を、今回解説を書かせていただくにあたり、数年ぶりに再読して感じたのは、ここには原点が詰まっている、ということだった。
 表題作である「シルエット」は、出だしからしてぐっと心をつかまれる。
 何ヵ月も何ヵ月も雨が降り続き、もしかしたらこのまま雨の中に閉じ込められるかもしれない。そう予感するような季節の中にいた。もちろん、わたし自身が。(中略)
 ただ一切を無視して、わたしの中に雨は降り続いた。そして自分の体内に確実に響く雨音をいつまでも聞いていた。まるでもう一つの鼓動のように。
 とても美しく、続きを読まずにはいられなくなるような文章。島本さんの他の作品にも、印象的な雨のシーンは出てくるが、改めて、雨の似合う作家であると感じた。しとしとと降る、静かな雨。
 また、テーマそのものも、その後の島本作品の軸となっているものだ。恋愛をベースにしながら、心から他者を必要として、求める気持ち。どうしても分かり合えない孤独さ。恋愛における喜びと悲しみを、砂金を見つけ出すようにして、巧みに(すく)いあげていく。
 短めの作品でもあり、ストーリーはわりとシンプルだ。母子家庭で育った主人公の女子高生が、同級生の(かん)くんとの悲しい別れを経験したあと、ヤケクソになって遊び歩く日々があり、大学生のせっちゃんと付き合うようになる。冠くんとの共通の友だちでもあるはじめとのやりとりの中で、冠くんの新たな現状を知っていく。
 登場回数は少ないが、主人公の母親の存在が魅力的だ。立場もあって、主人公への言葉は、説教めいたことが多いのだが、どれも本質的で無駄がない。作中には描かれていない、主人公と母親との二人の日々には、しっかりと信頼関係が生まれているのだということが伝わってくるようになっている。
 そして、はじめの存在。問題や悩みを抱える人が多い作品の中で(もちろん現実世界においても悩みを抱えていない人なんてほとんどいないのだけれど)、いつも《りんとしたまっすぐな姿勢》である彼の存在が、清涼剤のように感じられる。
 そしてラスト。情景が頭に浮かんでくるかのようなそのシーンに、さまざまな感情を喚起させられる。息が詰まりそうで、それでいてずっと浸っていたいと思わせるような空間。聞こえるはずがない電車の音や、ホームのアナウンスが、確かに聞こえてくるような気がするのだ。

書籍

『シルエット』

島本 理生

定価 562円(本体520円+税)

発売日:2018年04月25日

ネット書店で購入する