menu
menu

試し読み

ファンタジーとミステリの融合がすごい!第6回キャラクター小説大賞〈奨励賞〉受賞作『聖女ヴィクトリアの考察』試し読み#1

8月24日に発売される『聖女ヴィクトリアの考察 アウレスタ神殿物語』。
“霊が視える”聖女と、皇子疑惑が持ち上がった辺境の騎士が、帝位継承権をめぐる王宮の謎を解き明かすファンタジーです。
「ファンタジー世界ならではの謎解き」が評価され、第6回角川文庫キャラクター小説大賞〈奨励賞〉受賞に至りました。
ファンタジー好き、ミステリ好きの期待に応える注目作、特別に試し読みをお届けします!

『聖女ヴィクトリアの考察』試し読み#1

プロローグ

「聖女ヴィクトリア・マルカム。なんじの第八聖女位剝奪はくだつをここに宣言する」
 アウレスタ神殿・議場にて。
 大勢の神官が見守るなか、オルタナ様が冷たく厳かに宣告した。その顔に慈悲の色はなく、彼女は淡々と言葉を続ける。
「更に、汝には五日間の懲罰房入りを命ずる。あがないを終えたのちは追放処分とし、この地に踏み入ることを固く禁ず」
 ……とうとう、こうなったか。
 震える唇を強く結んで、私──ヴィクトリアは、自身に向けられる冷ややかな視線をまっすぐと見返した。
 聖画を背にして議長席に座すのは、主席聖女オルタナ様だ。更にその左右には、アウレスタ神殿の首脳陣である、複数の聖女たちが肩を並べ腰掛けている。ある人は険しい顔で、ある人は哀れむような顔でこちらを見るけれど、皆一様に口を固く閉ざしており、私を庇う声はない。
 今日は神殿に属する全神官を集めた審問会が開かれるとのことで、急遽この場に召喚された。しかし議場に到着した私が立たされたのは、同じ聖女たちの並びの席ではなく答弁席で。そして状況説明もないまま先ほどの処分を言い渡され、現在に至る。
 いつかはこうなるかもと覚悟していたけれど、予想よりも仕事が早い。さすが、歴代聖女の中でも最優の呼び声高いオルタナ様だ。新たに主席聖女に着任してまだひと月も経っていないというのに、もう邪魔者を排除しにかかってくるなんて。
 しかも聖女位剝奪だけでなく、懲罰房入りに追放処分までお命じになるとは容赦がない。まるで用意できうる重罰を、上から順に並べたような有様ではないか。
 だけど怖気おじけづいている暇はない。味方がいない以上、己の身は己で守らねばならないのだから。
「納得できません。いかなる罪で私にそのような罰を下されるのか、理由をご説明いただけますか」
「それは、自分の胸に聞いてみてはいかがかしら」
 私の問いに応えたのは、オルタナ様ではなく年若い少女の声だった。
 声のする方を見ると、胸まで伸びる黒髪を二つに結った少女が立っていた。少女は敵意を隠しもせずに、居並ぶ神官の列から前に進み出る。
 彼女の名はミア。私と同時期に神殿学校で学び、共に見習い時代を過ごした神官だ。
「聖女ヴィクトリア。あなたはその目で、死者の霊魂や魔力現象を視認することができるそうね。前主席聖女ジオーラ様はその能力を買って、直弟子のあなたに聖女の称号を与えたというけれど──これに、間違いはないかしら」
 そんなこと、わざわざ確かめなくとも、この場にいる人間ならば誰もが知っているだろうに。そう思いながらも、私はうなずいた。
 見えざるものを視る力。それが私の持つ、たった一つの能力である。そしてたったこれだけの能力を理由に、私は聖女に選ばれた。
「はい、間違いありません」
「では実際に聖女に選ばれてから、その力を用いてどんな貢献をしてきたのか。今この場で教えてくださる?」
「……それは」
 手痛い指摘だった。即答できず言葉に詰まると、ミアは「ふっ」と嘲笑を漏らした。
「そうね、言えるはずがないわ。だってあなたはこの一年、さしたる功績も残さずに、聖女という地位に居座っていただけなのだもの」
 静かだった議場内に、ささやきが広がり始めた。私に注がれる神官たちの視線が、批難を帯びて険しくなっていく。
「でも、あなたが無能であることなどはじめから分かっていたことだわ。それなのに、ジオーラ様はあなたを聖女に強く推した。他にもっと優秀で経験のある神官が大勢いたのに、どうしてあなたが選ばれたのかしら」
 歌い上げるように言って、ミアはわざとらしく首をかしげた。そこでやっと、私は自分が何の罪で裁かれようとしているのか理解した。
「つまりあなたは、私が聖女の地位を不正な形で受け取ったのだと言いたいの?」
 肯定の代わりに、勝ち誇った笑みを返される。当然だろうと言わんばかりの態度に、負の感情をざわりと撫でつけられた。
 能力不十分だと言うならば、私を罷免してしまえばそれで片づく話である。だが彼女らは、そこに『聖女の地位を不実な方法で手に入れた』という疑惑を付け加え、私を罪人として処罰しようとしているのだ。それならば、追放を言い渡す大義名分にもなるだろう。
 だけど──
「ありえません」
 はっきりと首を横に振る。これだけは、認めるわけにいかなかった。
「確かに私はこの一年間、大きな成果をお示しできませんでした。力不足であったことも、認めます。ですが、聖女の地位を得るため不正を働いたことは一度たりとてございません。何より……」
 そこで言葉を切る。ひと月前に看取みとったばかりの、恩師の姿が脳裏にちらついた。
「その主張は私を推挙してくださった、ジオーラ先生の名誉をもおとしめるものです。今すぐ発言を撤回してください」
 言い切ると同時に、ミアを強く見据える。彼女はぐ、とたじろぐように息を吞んだ。ささやき合っていた神官たちも気まずげに口を噤み、わずかなあいだ、重苦しい静寂が議場を満たした。
「その必要はない」
 膠着こうちやくしかけた空気を、鋭く切り裂く声がある。オルタナ様の声だった。
「聖女ジオーラの功績は数知れぬが、同時にあの方は己の権威を思うがまま振りかざし、このアウレスタ神殿を私物化していた。その最たる例がお前だ、ヴィクトリア」
「どういう、ことです」
「一年前、空席となった第八聖女には既に別の神官が内定していた。にもかかわらず、聖女ジオーラはその決定を覆し、腹心であるお前を聖女の座につかせた。当時多くの者が、この采配に疑念を抱いたものだ。お前も、そのことを知らなかったとは言うまい」
 そう言って、オルタナ様は立ち上がる。研ぎ澄まされた灰色の瞳が、さげすみを込めて私を見下ろした。
「だが、聖女とは単に優秀な人間が選ばれるものではない。過去にも見習いや幼子が聖女に選出された事例はある。だから我々も、一度は聖女ジオーラを信じ、お前を受け入れた。──だが、結果はどうか。お前はその〝眼〟で、一体何をもたらしたのか? 〝物見の聖女〟ヴィクトリアよ」
「私は……」
「その者を、即刻処罰すべきです! 私欲で選ばれ力も示せぬ者に、聖女を名乗る資格はありませぬ!」
 神官の一人が、声高く訴えた。すると、荒々しい賛同の声がいくつも後に続く。驚いて振り返れば、怒りに満ちた人々の視線が私の体を貫いた。
「聖女の地位は、ジオーラ様の道具ではない」「結果も残せぬ者を、聖女に据える必要はありません」「このままでは、信徒に示しがつきませぬ」「どうか公平なる裁きを!」弾けた火種が燃え広がるように、更に不満の声は数を増す。いつしか人々の怒りは熱狂を帯びて、議場は私の断罪を求める声で埋め尽くされた。
「無論、過ちを捨て置くつもりはない。たとえそれが、前主席聖女の決定であってもだ」
 喧騒を鎮めようともせず、オルタナ様は神官たちに呼びかける。
此度こたびの件が広まれば、神殿の威信は大きく損なわれることだろう。だが、いかに痛みを伴おうと、膿を出さねば傷は癒えぬ。──故に五日後、ヴィクトリアの聖女位剝奪の儀を行う。しばらく騒がしくなると思うが、皆には変わらぬ信仰心で以って、聖務に励んでもらいたい」
「お待ちください!」
 やっと声を振り絞り、一歩前に踏み出そうとする。だけど次の言葉を口にするより先に、肩を強く摑まれた。背後を見やれば、複数の神殿兵が私をめつけている。
「我々とご同行を、聖女ヴィクトリア──いや、マルカム殿」
「まだ私の話は終わっておりません」
 短く返して、肩を摑む手を振りほどこうとする。と同時に、視界がぐるりと傾いて、体が床に叩きつけられた。兵にねじ伏せられたのだと理解したのは、それから数瞬あとのことだった。
「何を……!」
「余計な抵抗はなさいませぬよう。ご自分の立場を考えることですな」
 私を床に押しつけながら、兵が警告する。身じろぎすらままならず、私は歯嚙みした。
 ──私は、利用されたのだ。
 ジオーラ先生が亡くなった今も、先生を信奉する人間は神殿の内外に多くいる。先生と不仲だったオルタナ様にとって、彼らの存在は何よりも邪魔なことだろう。だからオルタナ様は、私を理由にジオーラ先生の信用を貶めて、いまだ残る先生の影響力を排除しようとしているのだ。
「オルタナ、さま──」
 最後の力を振り絞り、叫ぼうとする。しかし途中で口を塞がれ、私の声は虚しく宙に溶けていった。救いを求めて視線を巡らせても、誰も私に見向きもしない。
 顔を上げれば、聖女たちが次々と立ち上がり、今にも議場を去ろうとしている。その中央で、オルタナ様は粛然と神官たちに語りかけた。
「賢明なる諸君らに、神の導きがあらんことを。──それでは、本日の審議はこれで終了とする」
「その話、待ってもらおう」
 突然、聞きなれない男の声が割り入ってくる。空気を壊す異質な発言に、熱気を帯びた議場は水を打ったようにしんと静まった。
 声の発信源に顔を向ける。
 入り口の前に、一人の青年が立っていた。青年はぐるりと議場内を見回すと、迷いのない足取りで、ずんずんと私の方へ歩み寄ってきた。

(つづく)

『聖女ヴィクトリアの考察 アウレスタ神殿物語』著者 春間 タツキ(角川文庫)



聖女ヴィクトリアの考察 アウレスタ神殿物語
著者 春間 タツキ
定価: 704円(本体640円+税)

王宮の謎を聖女が解き明かす!大注目の謎解きファンタジー。
霊が視える少女ヴィクトリアは、平和を司る〈アウレスタ神殿〉の聖女のひとり。しかし能力を疑われ、追放を言い渡される。そんな彼女の前に現れたのは、辺境の騎士アドラス。「俺が“皇子ではない”ことを君の力で証明してほしい」この奇妙な依頼から、ヴィクトリアはアドラスと共に彼の故郷へ向かい、出生の秘密を調べ始めるが、それは陰謀の絡む帝位継承争いの幕開けだった。皇帝妃が遺した手紙、20年前に殺された皇子――王宮の謎を聖女が解き明かすファンタジー!
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322103000576/
amazonページはこちら


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年9月号

8月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

テスカトリポカ

著者 佐藤究

2

熱風団地

著者 大沢在昌

3

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

4

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

5

怪と幽 vol.008 2021年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 澤村伊智 著者 荒俣宏 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 押切蓮介 著者 東雅夫 著者 楳図かずお

6

黒牢城

著者 米澤穂信

2021年9月12日 -9月19日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP