menu
menu

試し読み

【最終回間近!山田孝之×菅田将暉W主演ドラマ】小説第2弾『dele2』試し読み⑤

山田孝之×菅田将暉のW主演、そしてハイクオリティな映像と展開で話題沸騰中のドラマ『dele(テレビ朝日系毎週金曜よる11:15~ ※一部地域を除く)。最終回が迫る中、小説版1作目の試し読み公開につづいて、2作目の試し読みも実施します! 小説の著者は、ドラマ原案と3話分の脚本を担当したベストセラー作家の本多孝好。ドラマとは異なるオリジナルストーリーに注目!
>>試し読み第4回へ

 あー、痛え、とのけりながら体を起こしたとき、声が降ってきた。
「そこ、止まれ」
 見上げると、さっきの窓から背広姿の若い男が顔を出していた。警察だというのが本当ならば、刑事だろう。その背後から中年の男が顔を覗かせたが、すぐに消えた。表の階段を回ってこちらにくるつもりだろうと察して、祐太郎は走り出した。走りながらリュックを背負い直している間に、また声が降ってくる。
「あ、待て。こら」
 直後に鈍い音がした。驚いて振り返ると、自分が落ちた場所に、自分よりも無様な姿で若い刑事が倒れていた。構わずに逃げようとしたが、できなかった。刑事はぴくりとも動かない。
「あのー」と祐太郎は声をかけた。「あ、え? 大丈夫っすか?」
 やはり返事はなかった。祐太郎は恐る恐る刑事に近づいた。うつぶせに倒れた刑事は何の反応も見せなかった。祐太郎はかがみ込んで、刑事の体をあお向けに転がした。額が割れて、血が流れ出している。
「うわっ、痛そうだな、それ。意識、飛んでてよかったかも」
 祐太郎は立ち上がり、尻ポケットに入れていたスマホを手にした。
「今、救急車、呼ぶから」
 画面を電話にして、『1』を二度押したところで、足首をつかまれた。
「うぉっ」
 思わず振り払い、その場を飛び退く。割れた額から血を流しながら、刑事が祐太郎を見据えていた。
「お前、顔、覚えたからな」
 また足をつかもうと手を伸ばしてくる。なかなかホラーな光景だった。中年のほうの刑事がやってくるのが目に入り、祐太郎はスマホをしまった。
「やられたのか? 大丈夫か?」
 遠くから走り寄ってきている中年の刑事が、吠えるような声を上げた。
「あー、いや、誤解です。俺、何にもしてないっすよ。してないっすからね。あの、救急車、まだなんで。必要なら、呼んでくださいね」
 中年の刑事に叫び返し、足下の刑事には「あ、お大事に」と告げて、祐太郎は駆け出した。
「待て」という中年の刑事の声と、「待てえ」という恨みがましい声を背中に浴びて、祐太郎はフェンスとビルの間の細い路地を走り抜けた。

 圭司は依頼人のノートパソコンに電源コードを挿した。
「充電が切れたというより、バッテリーがほとんど死んでたんだな」
 圭司がボタンを押すと、ノートパソコンがうなりを上げ、画面上でOSがのんびりと立ち上がり始める。
「これじゃ、直接触らないとどうしようもない。取りに行かせて正解だった」
 圭司は車椅子の角度を変えて、モグラの画面を開いた。
「正解って、ケイ、今の俺の話、聞いてた? それ、取りに行ったばっかりに、俺、刑事に追っかけられたの。刑事が勝手に怪我をして、それを俺のせいにして、お前の顔、覚えたからなって。何か、すごく根に持ちそうな顔してたけど、大丈夫かな。適当な罪状をでっち上げられて、逮捕されたりしないかな」
「大丈夫だ。その手の事件なら、舞は燃える。きっといい弁護をしてくれる」
 天井を指して、圭司は言った。
「逮捕前提で慰めるなよ。もっと手前の解決方法を考えようよ」
「身元が割れなければ大丈夫だろ」
「身元が割れちゃったら?」
「どうやって割れるんだ?」
「それは、ほら、地道な聞き込みとか、人海戦術とかで」
「不法侵入で、そこまではしないだろ」
「業務中の事故だろ? もうちょっと親身になろうよ、雇い主としてさ」
 詰め寄ると、圭司は鬱陶うっとうしそうに祐太郎を見上げた。
「どうしろっていうんだ?」
「部屋に刑事がきたんだから、依頼人の横田さんは、きっと何か事件に巻き込まれていたんだと思う。削除依頼があったデータ、見せてくれ。何かわかるかもしれない。警察に何か情報提供できれば、俺も恨まれずに済むと思うんだ」
「データは誰にも見せない。依頼人の死亡確認が取れたら、誰にも気づかれないように削除する。それがうちの仕事だ」
「いつもそう言うけどさ、これまでだって、データを見てよかったと思うこと、あっただろ?」
 圭司が眉根まゆねを寄せた。しばらく斜め上を眺め、次に祐太郎の顔を見つめ、それから不思議そうに問い返した。
「あったか?」
「いやいや、あっただろ? むしろ、見ないほうがよかったなんてこと、なかったんじゃないか?」
 圭司はまたしばらく考えてから、言った。
「見ても、結局は何も変わらなかったって場合がほとんどだったと思うがな。変わらないなら、あとは礼儀の問題だ。うちに託されるのは、その人の中の最も弱くて、柔らかな部分だ。みだりにそれに触れるのは、死者に対して礼儀を欠く行為だとは思わないか?」
「礼儀は、それは、まあ、わかるけど」と祐太郎は言った。「でも、ほら、刑事が怪我しちゃってるし」
 依頼人のパソコンでようやくOSが立ち上がったのを確認すると、圭司はモグラのキーボードを叩いた。

>>(このつづきは本編でお楽しみください)
※掲載しているすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年2月号

1月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

人間標本

著者 湊かなえ

2

恐竜はじめました2

著者 クラナガ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

カラフルな魔女 角野栄子の物語が生まれる暮らし

監修 KADOKAWA

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月11日 - 2024年2月18日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP