menu
menu

連載

角川文庫キャラホラ通信

祟られ屋×カウンセラーの謎解きホラーミステリ開幕! 敷島シキインタビュー

角川文庫キャラホラ通信

期待の作家・敷島シキさんによる新感覚ホラーミステリ『祟られ屋・黒染十字 その呪い、引き受けます』いよいよ刊行です! 敷島さんに作品に込めた想いや創作秘話をうかがいました。


――まずは、本作が生まれたきっかけを教えてください。

敷島:思いっきりキャラクター性の強いホラー小説が読みたいな……と思ったのがきっかけです。


――なるほど。普段はどんな本をよく読まれるのですか?

敷島:本屋さんの店頭で推されているモノに弱いですね(笑)。でも、やっぱりミステリやホラーが多い気がします。最近読んだのは角川ホラー文庫の、小池真理子先生、三津田信三先生、澤村伊智先生の作品です。


――普段からホラーに親しまれているのですね! では、この物語の読みどころはどこですか?

敷島:主人公の黒染と、相棒である白崎の掛け合いですね。ホラーなのに(笑)。
 もちろん、祟りの正体を追ってゆく過程と、黒染が独特な方法で祟りを祓うところも読みどころの一つです。


敷島シキ『祟られ屋・黒染十字 その呪い、引き受けます』


――特に思い入れのあるキャラクターはいますか? またその理由も教えてください。

敷島:主人公の黒染十字です。もの凄い力を持っているのに、変人。そして意外な弱点があって、謎めいている過去があって……と自分の好きを結集させたキャラクターだからです。


――登場するキャラクターへの熱い想いが溢れていますね(笑)。執筆のとき、特に注意したことはありますか?

敷島:ホラー小説とキャラクター文芸、そのどちらとしても楽しめる作品になるようにと気を遣いました。


――何度も改稿を重ねて練り上げた作品なんですよね! 書いていて楽しかったところ、大変だったところなどあれば教えてください。

敷島:祟りの手掛かりを探して、東京のあちこちに出掛けてゆくシーンは、実際に現地に行っての取材を含めて楽しかったですね。
 改稿時にはプロットにまで戻ることもあったりして、大変ではあったのですが、より面白くなってゆく手応えがあって喜びでもありました。一番大変だったのはページ数の調整です。修正する度に、ページ数が増えてしまうので(笑)。


――まだ1巻が出たばかりで気が早い質問ですが(笑)、今後の展開を教えてください。

敷島:黒染と白崎には、谷根千を中心に東京中を駆け巡って、様々な祟りを解決して欲しいです。次は二人の紹介や出会いなどを描く必要がない分、祟りの恐ろしさと謎解きに重点を置いた、よりエンタメ性の強いものにしたいですね。


――次回作も楽しみです! 最後に、読者に一言メッセージをお願いします。

敷島:もう既に読んで頂いた方は、ありがとうございます! これからも黒染&白崎にご注目ください! まだの方は、ぜひ祟られ屋の冒険へ飛び込んでください! 面白さと読みやすさは間違いなしです! とにかく怖い最恐ホラーが読みたいんだ、という方には向かないかもしれませんが(笑)。



敷島シキ『祟られ屋・黒染十字 その呪い、引き受けます』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/322006000122/


紹介した書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年11月号

10月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第204号
2020年11月号

10月12日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP