menu
menu

試し読み

「精確に描く」ため、死体をアトリエに置き観察する――コミック試し読み『ジェリコー』#1

第25回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品選出
中原たか穂『ジェリコー』

人間の本性を暴き出そうとする、「近代絵画の先駆者」といわれる画家・ジェリコー。人間の本質へと迫る半生を描く大作コミック『ジェリコー』特別試し読み!



『ジェリコー』試し読み#1







































(つづく)
次回は10/3公開予定です

作品紹介



ジェリコー
著者 中原 たか穂
定価: 1,100円(本体1,000円+税)
発売日:2021年12月22日

人を食わねば生きられない舟を描く。画家ジェリコーの壮絶なる人生!
●第25回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品選出

「マイルスの前にパーカーがいたように、ドラクロワの前にはジェリコーがいた。時代を切り拓いた兄貴分的な天才の過剰な生と創造。日本で今、こんな漫画が読めるとは!と瞠目。」平野啓一郎
近代美術の先駆者と目される画家の半生を新進気鋭の漫画家が描く!
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322107001225/
amazonページはこちら

あらすじ

1816年、フリゲート艦“メデューズ号”がモーリタニア沖で座礁する。急ごしらえの救命ボートの筏は150名近くを乗せ13日間漂流したあげく他の船によって発見されたが、生存者はわずか15名にすぎなかった。時のフランス復古王政政府はこの事件をひた隠しにしたが、漂流期間中、筏の上では殺人、食人を含む様々な非人間的行為が行われたことが明るみに出てしまう。ショッキングなこの事件を題材に大作を描きサロンでスキャンダルを巻き起こしたのはテオドール・ジェリコー。彼はいったいこの事件に何を見たのか。「起こったことを精確に描く」ため、死体をアトリエに置き観察するなど常軌を逸した行いに世間は戦慄するが、ジェリコーは人間の本性を暴き出そうとするその真摯なまでの信念に突き動かされていく。19世紀初頭、ロマン主義、印象派などに先駆けて「近代絵画の先駆者」といわれる画家の、人間の本質へと迫る半生を描く。






紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2023年10月号

9月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2023年10月号

9月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.014

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2

虚空教典

著者 剣持刀也

3

この夏の星を見る

著者 辻村深月

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

不器用で

著者 ニシダ

6

青瓜不動 三島屋変調百物語九之続

著者 宮部みゆき

2023年9月17日 - 2023年9月24日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP