menu
menu

レビュー

念願のひとり暮しは怪しい隣人と事件だらけで――⁉ 赤川次郎が描く波瀾万丈な青春ミステリ『ひとり暮し』

文庫巻末に収録されている「解説」を特別公開!
本選びにお役立てください。

(解説者:高倉 優子 / フリーライター)

 毎年四月になると東京のあちらこちらで、スマホや地図を片手に街中をキョロキョロしながら歩く若者の姿を見かける。とくに大学が密集する文教地区で多く見られる、春の風物詩とでもいうべき光景だ。
 都会で始まる新生活に期待を膨らませながらも、どこか不安げな「上京組」の表情を見ていると、私自身、九州からひとりぼっちで東京に来た春のことを昨日のことのように思い出す。そして心の中で彼らに語りかけるのだ。

「そうそう、高層ビルの高さとか、人の多さにびっくりするよね。私もそうだった。でも今ではすっかり道も覚えたし、地下鉄も迷わず乗れるようになったよ。だからあなたたちもきっと大丈夫!」と。

 本作のヒロイン・いたがきよりも、幼稚園から大学院まで有するN大に通うべく、福岡・博多から上京してきたばかりの大学一年生。彼女が東京でのひとり暮しを始める、まさにその日、物語は幕を開ける。

〈ラベンダー・ハウス〉というかわいらしい名前につられて入居を申し込んだアパートは、おしゃれな物件とは言い難かったし、自室であるはずの二〇四号には、なぜか二〇三号の住人であるがわしのぶが上がり込んでいて、彼女の商売道具とおぼしき怪しげな荷物があふれている。

 さらに、二〇二号に住む女優の卵のあいざわゆみが、睡眠薬で自殺を図っているのを見つけてしまい、救急車に同乗して病院に付き添うハメになる。聞けば真弓は自殺未遂を繰り返しているらしい。また、一〇二号室に住む女学生のあいは、ひとり暮しにあこがれて親公認の家出をしている最中だという……。

〈ラベンダー・ハウス〉は、理由わけありの住人たち=変わった女たちが暮らすアパートだったのだ。

 冒頭からこのような見せ場が続く本作、あかがわさんの女子高生もの・女子大生ものがお好きな方なら、「待っていました!」と思うに違いない。

 そうそう、こうでなくちゃ!

 赤川作品のヒロインは、ジェットコースターに乗ったのかと思うほど、急転直下で不可解・理不尽な出来事に巻き込まれていき、私たち読者を物語に引きずり込んでいくのだ。本作もまさにその典型というべき小説なのだ。ああ、楽しい。

 そしてこれも赤川作品の定番の型ともいえるが、学園生活が描かれる一方で、華やかな芸能界が舞台として登場する。
 真弓に誘われて見学に行ったドラマの撮影現場で、依子もひょんなことからエキストラとしてドラマに出演することになり、売れっ子俳優の西にしざきやすしと出会うのだ。

 うんと年上で大人の魅力あふれる西崎に、依子は少しずつかれていく。妻帯者であることを知りながら……。

「そうそう、少女の頃って大人の男が魅力的に見えるものだし、ましてや相手が国民的スターなら妻帯者であっても、ときめいてしまうのも無理ないよねぇ」と、依子に寄り添いたい気持ちになる。

 だって西崎はこんな演技論をサラリと語ってみせる男前なのだ。

役者は自分が目立つことを考える。監督は目立たせてなるもんか、って考える。そのしのぎ合いから、ふっと面白いものが生れてくるんだよ

 赤川さんの代表作である『セーラー服と機関銃』や『早春物語』でも、ヒロインの年上の男性に対する「憧れ以上、恋愛未満」の感情が物語のスパイスになっていたが、本作でも同様の図式が成立している。

 とはいえ本作の最大の魅力は、なんといっても男にびないかっこいい女たちが描かれている点だろう。とくに電車内でともに痴漢を撃退したたかなえとの出会いは、依子のフェミニズムにも大いなる影響を与えている。

 依子は、男の腕をしっかり捕まえている若い女性の方を見た。厳しい表情で男をにらむと、彼女は言った。

「痴漢ぐらい、と思っているんでしょ! とんでもないわ。泥棒と同じ、犯罪なのよ。ちゃんと罪を償って」

 女性の胸やお尻に触るぐらい、どうってことない。──痴漢でない、普通の男でも、こう考えている者は少なくない。
 何も、そこまでしなくても……。本人も後悔してるんだし。
 駅員にさえ、そう言われたことが依子にもある。
 そういう甘えを許す社会なのだ。

 よくぞ言ってくれました、と拍手を送りたくなるし、甘えを許す社会を許したらいけないとハッとさせられる。
 本作がじようされたのは二〇〇一年だが、現代の「#MeToo」運動にも通じるような普遍的な思想と意志をヒロインたちに持たせ、自在に動かす赤川さんはきっと生粋のフェミニストなのだろう。

 ひとり暮しを始めた娘の依子を、遠く、福岡の地から見守る母・かつも素敵な女性だ。彼女が娘に授けるアドバイスにグッとくる。

 何かに誘われたら、一旦お断りしなさい。あなたはね、自分では分らないかもしれないけど、地に足がついてないの。だから、何でもすぐに返事をしないで、『今夜一晩考えてみる』と決めておくのよ。

 私も上京当時、九州に住む母から「戸締まりと怪しい男にはくれぐれも気をつけて!」と再三言われたことを思い出したし、もしかしたら若かりし日の赤川さんも母君からそんな風に言われたりしたのかしら、と楽しく想像した。

 この春、上京してきた若者たちはもう都会の生活に慣れただろうか。依子のようなトラブルに巻き込まれることなく、楽しいひとり暮しができていますように。
 また、令和という新しい時代を迎えた今、赤川さんには引き続き、男に媚びないかっこいい女性たちの物語を書き続けてほしいと心から思う。

ご購入&試し読みはこちら▷赤川次郎『ひとり暮し』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』
  • モモコとうさぎ』刊行記念書店員座談会 働くとはどういうこと?
  • イカちゃんクマちゃんのイカ総研
  • 【試し読み】安田峰俊『八九六四 「天安門事件」は再び起きるか』
  • 【特別インタビュー】オリジナルクイズも出題! 東大王・伊沢拓司が選ぶ角川文庫5選
  • 『麒麟児』刊行記念対談 出口治明×冲方丁

カドブンノベル

最新号 2019年9月号

8月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

営繕かるかや怪異譚 その弐

著者 : 小野 不由美

2

氷獄

著者 : 海堂 尊

3

未来を決めるのは私だから王子様も魔法もいらない

著者 : とどろん

4

鹿の王 水底の橋

著者 : 上橋 菜穂子

5

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 : 森岡 毅

6

これからの都市ソフト戦略

著者 : 藤後 幸生

8/5 ~ 8/11 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP