menu
menu

レビュー

人も、怪異も、読者さえも、その誠実さに救われる――『営繕かるかや怪異譚 その弐』小野不由美 文庫巻末解説【解説:織守きょうや】

営繕屋は 死者の声を聴き、修繕する。 人々の繋がる思いに涙する魂の物語
『営繕かるかや怪異譚 その弐』小野不由美

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。

営繕かるかや怪異譚 その弐』小野不由美



『営繕かるかや怪異譚 その弐』小野不由美

解説
おりがみきょうや(作家) 

営繕かるかや怪異譚」は、建物や場所にまつわる怪異と、それに出会ってしまった人たちの物語です。そして、このシリーズにおいて、怪異に悩む人たちの助けとなるのは、探偵でも霊能者でもなく、タイトルのとおりの「営繕屋」、ばなです。建物を建築・改築したり、修繕したりするのが彼の仕事です。彼には霊能力はなく、霊と戦ったりはらったりはしません。では、対話して理解しようとするのかというと、それもしません。知識や洞察力から怪異の正体に気づくことはあっても、彼にそれを見抜く特別な能力があるわけではないので、怪異の正体がはっきりしないまま――登場人物たちが怪異に向き合うことすらしないまま、物語が終わることもあります。
 この作品群に登場する怪異は、時には、人に何かを訴えていることもありますが、時には、ただそこにあるだけのものとして描かれます。人に何かを求めているわけではないものに対して、人は対処のしようがなく、ただ耐えて、そこに住み続けるしかない、あるいは、逃げ出すしかないかのように思えます。
 尾端はそこへ現れて、あくまで営繕屋として、家を修繕したり、改築したりして、そこに住む人と怪異が「折り合いをつける」手伝いをするのです。
 彼は営繕屋としての仕事をするだけですが、その結果として、怪異は人がその存在を受け容れることができるような形に落ち着き、怪異に脅かされていた人たちは平穏を取り戻します。少なくとも、一人でただ恐怖に耐えたり、怯えたりしなくてもよくなります。
 そのやり方の無理のなさが、とても思慮深く、やさしくて、読んでいて嬉しくなってしまいます。適度な距離を取り、互いに干渉しないで済むようにするその姿勢の根底に、相手を尊重する、という考え方があるからでしょうか。
 この度発売となった「その弐」においても、それは変わりません。「その弐」には六編の物語が収録されていますが、その一つ一つに、共通した安心感と、違った魅力があります。収録作の一つ、「まつとし聞かば」は、まさに、怪異を排除せず「折り合いをつける」話です。自宅で起きる不穏な出来事に、幼い子どもの父親である視点人物が感じる不安や恐怖は胸に迫り、子どもが怪異を怪異と認識していないことが、ますます彼と読者の危機感をあおります。
 作品群の中で唯一、怪異に怯えるのではなく、怪異に魅せられてしまった男を描いた「よう 」は、明らかに危険な状況にある視点人物が、怪異の排除を望んでいないことが、読者を不安にさせるとともに、幻想小説のような陰鬱な美しさがありますし、子どものころのおそろしい記憶にとらわれた人たちが、尾端との出会いによって、自分を縛っていた怪異の意味を知る「せきもり」と「水の声」、古い家で起きる怪異の原因や正体を探る「たまやどりて」と「まさくに」の四作は、ミステリ的な趣もあります。
 この作品は、怪異だけでなく生きた人間の造形も本当に素晴らしいのですが、「魂やどりて」「まさくに」は特に、その見事さが際立っています。「魂やどりて」は、視点人物の行動のせいで、怪異が起きる前から漂う不穏な気配と、本人だけがそれに気づいていない危うさと気持ち悪さにドキドキしました。「まさくに」における家族の形もいかにもありそうで、怪異が起きる前から視点人物に共感してしまいます。
 そう、「その弐」は、一巻にも増して、人間の心情や行動も、怪異の描写も、実にリアルです。においや手触りさえ感じられそうな、生きた人間と生きた怪異が描かれています。
 それゆえに、この本はとても怖い。読んでいる最中は、最後には尾端が助けてくれるはずと思っていても不安になるくらいに、おそろしいです。
 登場人物たちは、聖人でも悪人でもなく、どこにでもいそうな人たちです。余裕がないときは人を傷つけることもあり、でもそれに気づけば後悔する、普通の人です。だからこそ、自分が怪異に出会った登場人物の立場だったらと、読者は他人事ではないおそろしさを感じるのです。
 最後に収録された「まさくに」には、これまでのシリーズを通しても一、二を争う、視覚的にインパクトのある怪異が登場します。人を怖がらせようとしているとしか思えない、そうでないとしたら、よほどの無念を抱いている霊に違いない。そんな霊と、どうやって折り合いをつければいいのか。いくら尾端でも、こんな霊を、気にせずに済むようにできるとは思えない――そう思ったのに、まさか、あんな風に着地するとは(読んで確かめてください)。
 尾端が登場すると、彼を知っている読者は、「ああこれで大丈夫」と安心します。そして実際に、大丈夫なのです。
 あれだけおそろしかった霊が、どうしようもないように思えた怪異が、姿を変える瞬間の鮮やかさ。魔法のように提示される解決策に、緊張と恐怖がとけていく感覚の心地よさ。
 彼はただ、依頼主や怪異の発生源にとっての最善を考え、営繕屋としての仕事をしているだけですが、人も、怪異も、読者さえも、その誠実さに救われるのです。
 誰が読んでも、それがいつの時代でも、変わらず楽しめるに違いない上質な物語です。怖い話がお好きな人にも、怖い話が苦手な人にも、是非読んでいただきたいと思います。

作品紹介・あらすじ
『営繕かるかや怪異譚 その弐』小野不由美



営繕かるかや怪異譚 その弐
著者 小野 不由美
定価: 792円(本体720円+税)
発売日:2022年06月10日

営繕屋は 死者の声を聴き、修繕する。 人々の繋がる思いに涙する魂の物語
両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。貴樹が書斎として定めた部屋はかつて弟が使っていた部屋だった。何気なく、書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁に深い隙間があった。そしてその向こうに芸妓のような三味線を抱えて座るはかなげな着物姿の人影が見えた。その女と弟の死には関係があるかもしれないと探すうちに、貴樹がその女を見ずにはいられなくなり――。(「芙蓉忌」より)
他、「関守」「まつとし聞かば」「魂やどりて」「水の声」「まさくに」の全6篇を収録。
解説は織守きょうや氏。 2019年、第10回 山田風太郎賞最終候補作。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322112000459/
amazonページはこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年7月号

6月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

炎上白書

著者 あやなん

2

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

3

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

4

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

5

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

6

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

著者 森岡毅

2022年6月19日 - 6月26日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP