menu
menu

レビュー

記憶を手がかりに十五年前の事件の真相を探るミステリ 『落日』(角川春樹事務所)

今月の太鼓判!

本選びに失敗したくない。そんなあなたに、旬の鉄板小説をドドンとオススメ!

湊 かなえ『落日』(角川春樹事務所)

 落日らくじつという言葉は何かが衰える様を表すが、彼方に沈みゆく太陽の美しさと儚さがある。それも、後からあれが落日だったと気づくものではないだろうか。湊かなえの『落日』においても、過去のできごととそれにまつわる記憶とが結びついている。
 物語の語り手は二人いる。一人は三十三歳の映画監督、長谷部はせべかおり。自殺直前の人たちをドキュメンタリータッチで描いた「一時間前」が海外の映画賞を受賞し注目されている。しかし彼女が語り始めるのは栄光とはほど遠い思い出だ。幼い頃に母親から叱られてアパートのベランダに出されていたこと。そして、同じくベランダに閉め出されていた隣室の少女と、仕切り板の隙間から手と手だけで交流した記憶である。ほどなく香は父の死を契機に引っ越したため、彼女の消息は知らなかった。しかし、のちにある事件の被害者となりすでに亡くなっていたことが判明する。
 もう一人の語り手は二十九歳の脚本家、甲斐かい千尋ちひろ。脚本家といってもふだんは恋愛ドラマの巨匠の助手を務め、時間ドラマを一本書いたことがあるだけ。三十を前に脚本家をあきらめようか。そんな思いが去来する日々だ。心の支えは海外で演奏活動を行っているピアニストの姉へメールを書くことである。そんなある日、面識のない長谷部香から、会いたいというメールをもらう。千尋の出身地で起きた殺人事件を、映画化したいというのである。
 香と千尋は対照的な女性だ。香は生い立ちが複雑で繊細なところがあり、思索にふけるタイプ。千尋は出来のいい姉に比べ自分を平凡だと思い込んでいて、書く脚本もあこがれの姉をなぞったようなヒロインばかり。香が世に出たばかりの旭日きょくじつなら、千尋は夢を追うことをやめようかと考えている落日である。この二人が一つの事件を間に向き合うことになる。
 事件とは山と海に挟まれた小さな町で起きた一家殺害事件である。引きこもりの兄が妹を刺し殺し、家に火をつけて両親が焼け死んだ。妹の名前は沙良さら。香の隣室に住んでいたのはこの一家。つまりベランダで交流があったのは殺された沙良だったことになる。沙良はこの物語のもう一人のヒロインといってよく、二面性のある少女だ。平気で嘘をつき、周囲の人間たちの中には人生を狂わされた人もいる。沙良の評判を知るにつれ香は混乱する。記憶の中の少女と沙良が重ならないのである。一方、千尋は映画の製作会社が、自分の師匠をこの企画の脚本に指名したと知り焦る。二人は事件の真相にたどりつけるのだろうか。
 湊かなえは『告白』で衝撃的なデビューを飾って以来、数々のミステリを書いてきた。この作品もその系譜の一つに数えられるが、初期作品と比べると、味わいはより複雑だ。事件の真相を知りたいという読者の欲求に応えつつ、二人の女性それぞれの成長と変化、未来へと踏み出す一歩をくっきりと描き出している。近年、「イヤミス」と呼ばれる後味の悪いミステリが人気を集め、『告白』はその嚆矢こうしともいわれる。しかし『落日』のラストは違う。美しく、儚い。もの悲しさもある。しかし、そこに爽やかな風が吹いている。

あわせて読みたい

湊かなえ『高校入試』(角川文庫)


地方の名門校で起きた入試妨害事件を臨場感たっぷりに描く。登場人物の多視点に裏サイトのコメントを加える手法が現代の群像劇にふさわしい。狭い世界で行き詰まってしまう人たちは、『落日』で描かれている地方とは対照的。そのどちらも湊かなえの世界だ。


関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

怪と幽 vol.005 2020年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

4

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

5

銀閣の人

著者 門井慶喜

6

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

9/7~ 9/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP