今村夏子が何について書いているかはまだ誰も知らない。
 こう書くと、いぶかしく思われるかもしれない。今村夏子の文章は平易で、曖昧なところはどこにもない。見えるものが書かれ、見えないものは書かれていない。しかし本書を手に取ったかたには、この主張はまず感覚的に納得していただけるのではないだろうか。すこし長い話になるがつきあっていただきたい。

  1 ここまでのあらすじ


 本書は今村夏子の二冊目の文庫である。簡単に作者と作品の経歴を記そう。
 今村夏子は二〇一〇年に第二六回太宰治賞を受賞した。同賞は筑摩書房と三鷹市が主催する賞で、既成の文学観に縛られないところがあり、識者に注目される賞である。今村の応募作「あたらしい娘」が太宰賞に送られたことは幸福なことだったのかもしれない。
「あたらしい娘」は受賞後「こちらあみ子」と改題をほどこされ、書き下ろしの「ピクニック」と併せて刊行されて、手にした読者の心を深く揺さぶった。同書は第二四回三島由紀夫賞を受賞する。
「こちらあみ子」は紛れもない傑作である。たぶん二一世紀の日本の小説のアンソロジーが編まれたらかならず収録されるような中篇で、傑作というものにはおうおうにしてそういう傾向があるが、読むまえにどんな詳しい説明を聞いていても、読後それらの説明が全部見当違いではないかと人に思わせる作品である。そして「こちらあみ子」を語ることは、しばしば作品ではなく自分を語ることになる。そうした働きを理解しつつ、あえて言えば、同作はプロメテウス的な問題を扱った作品ではないかと個人的には考えている。
 壊れたトランシーバーで交信しようとするあみ子、人とあまりに違うあみ子は疎外され、苦痛を忍ばねばならない存在である、しかしあみ子はまた人に何かをもたらす存在でもある。そうした作用は宗教に似ているが、より個人的なものと言えるだろう。観念に寄るのではなく、人の個人性というものに寄るのだ。
 そういう作品を書いた人間がただですむわけはない。「こちらあみ子」を書くという仕事は人間には担いきれない重さだったのではないかと思う。
 三島由紀夫賞受賞決定後の電話インタビューで今村は率直な口調で「今後書く予定はない」といった意味のことを述べる。
 その後、二〇一四年の文庫版『こちらあみ子』に短篇「チズさん」を書くが、それから後はまた沈黙に入る。
 おそらくこの時点で、多くの読者や編集者は、この作者の新しい作品はもう読めないかもしれないと思っただろう。そしてあれほどの作品を書いた作者なのだからそれも仕方がないと諦めたかもしれない。
 しかし、そうはならなかった。
 電話インタビューから四年と十一か月後の春、新しく刊行された文芸誌が書店に並ぶ。『文学ムック たべるのがおそい』という一風変わった名前のその文芸誌の表紙には、月曜日の後が火曜日であるように、ごく当たりまえに今村夏子の名前が記されていた。そしてなかを開くと、簡素な作品名が目にはいる。
「あひる」
 そう、それがこの集に収録された作品である。そして新作「あひる」は「こちらあみ子」とは違った世界、ある種、より精緻な世界を見せてくれるものだった。


書籍

『あひる』

今村 夏子

定価 562円(本体520円+税)

発売日:2019年01月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『父と私の桜尾通り商店街』

    今村 夏子

    定価 1512円(本体1400円+税)

    発売日:2019年02月22日

    ネット書店で購入する