画像
 子供の頃にお化けが怖かったのも、多分「怖い顔」を恐れていたからなのかなぁと思ったりする。幼年時代の私にとってはナマハゲや鬼なんかよりも、とにかく能面が怖かった。のっぺら坊なんていうのも怖かった。
 顔を見て、気持ちがわからない、ということはとても怖いことだ。気持ちがわかると、どんなに怖い顔も怖い顔ではなくなる。そんなことを思った。ただ、気持ちがわかったからといって安心してはいけない。それはなにも顔だけではなくて、身の回りを取り囲むさまざまな現象についても同じことだ。
 それにしても、人の人生は生まれて死にゆくまでの道のり。怖いことの連続である。何がって、わからないことは怖いことだから。著者は、その最果てで、不思議な体験を重ねに重ね、この本には多くのエピソードが記されているという。
 私は恐る恐るこの本を開いて読んだ。それはそれは、怖い話のオンパレードではあったのだが、著者は人肌の温度感と距離感で「怖い顔」たちと向き合う。大人になっても、怖いことだらけだと思った。そして、あとがきに少し救われた。

>>工藤美代子『怖い顔の話』

『怖い顔の話』文庫化記念対談 荒俣宏×工藤美代子 日常の中に”死者”と”あの世”を探して"

関連記事

『怖い顔の話』文庫化記念対談 荒俣宏×工藤美代子 日常の中に”死者”と”あの世”を探して

日常的にお化けに出会ってしまうノンフィクション作家・工藤美代子と、お化けや怪談を愛してや…

書籍

『怖い顔の話』

工藤 美代子

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年01月25日

ネット書店で購入する