menu
menu

特集

恩田陸最新作『ドミノin上海』重版記念! 連載イラストPick Up~8年以上にわたる連載を彩った魅惑のイラストを特別公開~

2020年1月、前作単行本から約20年ぶりに発売された『ドミノin上海』。
「恩田陸の裏ベスト」とも名高い前作と同様、30人以上の行動が互いに絡まり合い、まるでドミノ倒しのように運命が変わっていきます。東京駅が舞台だった前作に対し、最新作の舞台は、発展著しい上海の街! 闇オークションに関わるコーヒーショップ、渋滞をすり抜ける寿司デリバリー、頭上を漂うイグアナの幽霊、そして漢詩を詠むパンダ!?
「なんでもアリ」の魔術的世界は、「小説 野性時代」で2008年から不定期連載され、組み上げられてきたものでした。今回は『ドミノin上海』の重版を記念し、連載を彩ったsengajinさんイラストを特別に公開します。

●記念すべき初登場の扉がこちら!
 なにが起きてもおかしくない、上海の街並みがぎっちり描かれています!



●街並みを描いたイラストはほかにもたくさん。
 活気あふれるこの街自体が、物語の主役といってもいいのかもしれません。




●活気ある街だけあって、交通渋滞は相当のもの。
 停止してしまった車線を横目に、暴走する黒い影が……!?



●『ドミノin上海』で事件を大きく動かすのは、骨董品を狙う国際的な窃盗団。
 彼らの闇オークション開催に大きな役割を果たすのが、
 外資系のコーヒーチェーン「モビーディックコーヒー」です。



●もうひとつだけ重要な場所を挙げるとするなら、
 最近評判がうなぎのぼりの高級ホテル、「青龍飯店」。
 前作ファンの方にはおなじみのキャラクターも、ここに滞在するようです。



●ホテルの人気の理由、気鋭のシェフが働く厨房を覗いてみると……
 帽子の上に、イグアナの幽霊が!
 なにかを刻む包丁を睨んでいるようでもありますが……?



●もう一匹、『ドミノin上海』のカバーでも大きな存在感を発揮していたのがパンダの厳厳。
 恩田さんにとって「心のオアシス」だったという厳厳は、
 動物園の檻を嫌って上海の街に逃げ出します!






●このイラストにも厳厳が!
 どこにいるのかというと……。



●物語も終盤、やはり完結への突破口は厳厳が開いてくれたそうです。
 この瞬間にいったい何が!?



●そして記念すべき最終回。
 先頭を行くのは物語の冒頭で泣き崩れていた映画監督・フィリップ。彼が撮っているのは……?
 そしてそれに続く優子、厳厳、風水師一行、料理人、芸術家、ベテラン飼育員……。
 一同が会し、一体何が起るのか。ラストへの盛り上がりをいやが応にも期待させます!



一体何が起きたのか、こちらで紹介したイラストはどんな場面を表していたのか、
是非『ドミノin上海』でお確かめください!

●実は最終回直前、使用できなかった幻のイラストも存在したとか……?
 カドブン限定で特別に公開でいたします。



関連記事



恩田陸ドミノin上海』詳細はこちら(KADOKAWAオフィシャルページ)
https://www.kadokawa.co.jp/product/321908000115/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年6月号

5月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第199号
2020年6月号

5月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

暴虎の牙

著者 柚月裕子

2

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

著者 出口 治明

3

カインの傲慢

著者 中山 七里

4

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者 梯 久美子

5

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

著者 加藤 文元

6

怪と幽 vol.004 2020年5月

著者 京極 夏彦 著者 小野 不由美 著者 有栖川 有栖 著者 恒川 光太郎 著者 近藤 史恵 著者 山白 朝子 著者 荒俣 宏 著者 小松 和彦 著者 諸星 大二郎 著者 高橋 葉介 著者 波津 彬子 著者 押切 蓮介 著者 東 雅夫

5/25~ 5/31 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP