menu
menu

特集

山の日にぜひ読んでもらいたい! 山の本コーナー担当の書店員が、客に「山で読まないほうがよいですよ」と忠告した本とは!? “山”という場所の不思議と怖さを堪能できる本を厳選してご紹介!

8月10日は山の日。美しい自然にひたるもよし。ソロキャンプを楽しむもよし。家族や気の合う友人と一緒に登山もよし。山も美しい季節ながら、この時期に読みたくなるのが怖い話。太古の昔から、神が棲むと言われていた山は、人々の畏怖の対象でした。いまも連綿と伝わる、説明のつかない不思議な話、怖い話が多いのも、畏怖の現れかもしれません。現実と地続きでありながら、霊気にあふれた山の姿をたっぷり堪能できる本をご紹介!


©Junpei Azumi


1:安曇潤平氏〈山の霊異記〉シリーズの最新作『山の霊異記 ケルンは語らず』。



山岳怪談の第一人者が臨場感たっぷりにつづる山の不思議譚!
山の空気を堪能する母娘の後をつけてくる黒い影、山登りの最中に知人からかかってきた電話に隠された秘密、暴風雨の夜テント泊の男性が遭遇した恐怖。山という場所の魅力と恐怖を畏怖の念とともに描きだす。
https://www.kadokawa.co.jp/product/321912000328/


©Junpei Azumi


全国の山々に上り、山をこよなく愛する著者が書いた本シリーズの『黒い遭難碑』の解説は、「カドブンレビューランキング第1位(2020年上半期)」を獲得しました。未読の方は、この機会にぜひ。
https://kadobun.jp/reviews/384.html

【山の霊異記シリーズはこちら】

2:夢枕獏『呼ぶ山 夢枕獏山岳小説集』



山岳小説の金字塔『神々の山嶺』のスピンオフを含む珠玉の山アンソロジー!
山を愛し、自らも山に登ってきた著者の小説群より、山の臨場感と霊気に満ちた作品を厳選し、表題作を併録。山で起こる幻想的な話、奇妙な話、恐ろしい話など山のあらゆる側面を切りとった、著者初の山岳小説集!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321509000154/


紹介した書籍

関連書籍

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年10月号

9月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.005

8月31日 発売

小説 野性時代

第203号
2020年10月号

9月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

四畳半タイムマシンブルース

著者 森見登美彦 原案 上田誠

2

小説 野性時代 第203号 2020年10月号

小説野性時代編集部

3

怪と幽 vol.005 2020年9月

著者 京極夏彦 著者 小野不由美 著者 有栖川有栖 著者 恒川光太郎 著者 近藤史恵 著者 山白朝子 著者 荒俣宏 著者 小松和彦 著者 諸星大二郎 著者 高橋葉介 著者 波津彬子 著者 押切蓮介 著者 東雅夫

4

昨日星を探した言い訳

著者 河野裕

5

銀閣の人

著者 門井慶喜

6

村上世彰、高校生に投資を教える。

著者 村上世彰

9/7~ 9/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP