自分、この仕事向いてない……と、頭を抱えることがよくある。たぶん、自分の選んだ仕事を、迷いなく天職と言い切れる人はあまりいないんじゃないだろうか。
 少なくとも、私はそうである。
 そして、本作の主人公菅野かんの京平きょうへいもまた。
 多くの生徒に慕われ、保護者からの信頼も厚く、良い先生として高い評価を得ている京平。でも、それは要領よくポイントを押さえて行動した結果で、本当に生徒のことを思っているわけじゃないと、本人が自覚している。向いてないのになぜ教師になってしまったのかと、ひっそり後悔しているのだ。
 そんな彼の前に、かつての同級生の幽霊、イシイカナコがあらわれる。彼女はいきなりこう言うのだ。「ねえ、人生やり直し事業に参加しない?」と。
 そして京平は十七歳の自分が生きる「過去」へと飛ばされる。が、飛んだ先はなぜか、同級生の体の中。手違いに怒りつつ、何とか過去の自分を説得しようとする京平だが、どうやらイシイカナコには、別の思惑がある様子で……?
 
『イシイカナコが笑うなら』は、幾許いくばくかの後悔を抱えながら立ち止まれず流されていく人に、ほんの少しだけ、後悔と向き合う時間をくれる物語だ。舞台は高校、出てくる人物たちもほとんどが高校生なので、全体的に青春小説のおもむきがある。一見気まぐれでいい加減なノリのイシイカナコと、中身は三十一歳の京平の掛け合いが面白く、ドラマやアニメにしても映えるだろう。
 ノリの良さでどんどん読めてしまうから、コメディを見ているような気になるけれど、実は京平も他のクラスメートも、みんな何かしら悩んでいる。特に、未来から「やり直し」に来た京平は、自分の未来を変えなくてはと、ことさらもがく。
 
 私自身はもう青春を遠く離れてしまったので、「いい先生っぽいやり方をうまくなぞっているだけで、心が寄り添ってない」なんて京平の悩みには、若いなあ!と感心してしまう。いいじゃないか、外側から求められる正解っぽいやり方を、器用に選べるってのは大事なことだ。すべての行動にいちいち心を寄り添わせていたら、それこそ自分がパンクしてしまう。
 でも、京平はまだ、そこが納得いかないのだ。彼には無意識に抱えていた理想がある。器用であるがゆえに、かえっていつまでもその理想を手放せず、苦しんでしまった。
 とはいえ、こういうところでまじめに悩むくらいだから、彼はこの先、より良い道を選んでいくだろう。ぐるぐる、じたばたしたらいい。イシイカナコが作ってくれたのは、悩んで立ち止まる、大切な後ろ向きの時間だ。
 それでもやっぱり道を間違えたと思うなら、戻ってやり直すのではなく、今いる場所から少しずつ行先を変えたらいい。自分がこれまで歩いてきた道を、すべて否定することなんかないのだ。今、立ち止まっているその場所は、過去から続く結果だけれど、同時にまだ続いていく人生の、途中経過でしかないはずだから。

「やり直しなんてできないけど、失敗が許されないわけじゃない」
 終盤、京平が次のステップに足をかけたのが見えて、嬉しくなる。と同時に、失敗したと後悔しても未来を作り替えることができない、唯一のケースが際立って、切なくなるのだ。
 イシイカナコは、もうこの世にいない。
 彼女はこの「やり直し事業」で、自分自身を救えるのだろうか。それは読んでみてのお楽しみである。
 
 あとちょっと、もう少しだけ。人の道のりはそういう、ほんの少しの頑張りで積み上がっている。
 さて、私ももう少しだけ、頑張るとしますか。



書誌情報>>額賀澪『イシイカナコが笑うなら』
☆試し読みはこちら>>【新連載試し読み】額賀澪『イシイカナコが笑うなら』

【新連載試し読み】額賀澪『イシイカナコが笑うなら』"

関連記事

【新連載試し読み】額賀澪『イシイカナコが笑うなら』

ガラス破片を擦り合わせるような耳障りな音に、顔を顰めた。耳の奥をうごめく不快感に、そうか…

青春をとうの昔に通り過ぎた大人のために。変わるために。 『風に恋う』"

関連記事

青春をとうの昔に通り過ぎた大人のために。変わるために。 『風に恋う』

レビュアー:吉田 大助 

こんな読書体験をしたのは、いつ以来だろう? 勝敗が決まる一文をギリギリまで目に入れたくなく…

書籍

『イシイカナコが笑うなら』

額賀 澪

定価 1620円(本体1500円+税)

発売日:2019年03月01日

ネット書店で購入する