本書『鬼談』は、京極夏彦が怪談専門誌「幽」誌上で二〇〇六年十二月から十余年にわたり書き継いできた、通称〈「 」談〉シリーズ――『幽談』(二〇〇八)『冥談』(二〇一〇)『眩談』(二〇一二)に続く四冊目の短篇集として、二〇一五年四月にKADOKAWAから刊行された(ただし、すべてが「幽」掲載作ではなく、他の媒体に発表された作品および単行本化に際して書き下ろされた作品も一部含まれている)。
 弁当箱本とも称される大長篇や共通のキャラクターが登場する連作を得意とする著者には珍しく、このシリーズは一話完結形式の純然たる短篇集であり、新境地を(ひら)く意欲的な試みとして、従来のファン層はもとより、海外文学や純文学も含めたコアな幻想文学系の読者からも注目を集めてきたことは、ここで再説するまでもなかろう。
 こうしたスタイルが採られるに至った要因としては、やはり発表媒体が、怪談文芸を標榜する専門誌であることが大きかったように思われる。
 ……などと他人事(ひとごと)のように云ったが、「幽」での連載開始にあたり、「今度こそ、怪談小説を是非!」とお願いしたのは、同誌の編集長(現在は編集顧問だが何故か業務内容は同じ)を務めていた私である。「今度こそ」とは、それまで「幽」には「旧耳袋」(単行本化に際して『旧怪談』、文庫化に際して『旧談』と改題)と銘打つ、きわめてトリッキーな連載をお願いしていたからだ。怪談実話の一源流となった江戸の随筆集『耳袋』(根岸鎮衛著)所載の諸篇を、現代怪談実話の雄『新耳袋』(木原浩勝・中山市朗著)を彷彿させる文体で再話するという、これはこれで著者にしかできないし、そもそも余人には思いつかないだろう卓抜で有意義な試みであったと思う。そうはいっても当方としては、やはり京極夏彦ならではのオリジナルな怪談小説を、日本で唯一の、というか世界的にもあまり例を見ない、怪談文芸専門誌に書いていただきたいし、何より自分自身が読みたい。
「これは私のみならず『幽』読者に共通した切望にほかならないのです!」
「分かりました。とはいえ、怪談はハードルが高いので、『幽談』でいきましょう。『幽』に書くのだし(笑)」(大意)
 ……かくして、〈「 」談〉シリーズは幕を開けたのだった。
「怪談はハードルが高い」という表現は、京極が怪談について語る際、幾度となく口にしてきた決まり文句である。そこには、この分野に対する敬愛の念と同時に、並々ならぬ思い入れの深さが感得されるのだが、事実、鮮烈な作家デビューからさほど時を経ずして収録されたインタビューの中で、すでに次のような発言がなされているのであった。
 京極 (略)それから今後は怪談も書きたいです。怪談を捨てておけないなと思ったのは、怪談も今瀕死だと思うからです。日本の怪談にはかなり優秀なもの、あるいは感銘を受けるものがある。けれども今日本の怪談をどなたかがお書きになっているかというと、おそらくあまりないんじゃないかなと思うんですよ。モダンホラーの秀作などはあるんですけれども、本当の意味での怪談というのはとぎれているのではないかなと思うので、及ばずながら妖怪と一緒に怪談の復興もしたい。(略)ただ私に、どれだけ怪談を書く力量があるかはまだ分からない。怪談は文学としてはレベルが高いですからね。

(「幻想文学」第四十四号掲載「妖怪小説の復権をめざして」/一九九五年四月収録)

「文学の極意は怪談である」という文豪・佐藤春夫の名文句を想起しつつ、内心、「こいつは面白いことになってきたわい」とほくそ笑んだことを、懐かしく想い出す。おっと、申し遅れたが、このときインタビュアーを務めたのも、当時は「幻想文学」の編集長だった私である。今をときめく新本格ミステリの新星が、妖怪はまだしも、なんと怪談の復興にまで意欲を燃やしているとは……予想外の嬉しい驚きだった。
 さるにても思いかえせば、一九九九年の「怪談之怪」(メンバーは京極夏彦、木原浩勝、中山市朗、東雅夫)結成、二〇〇四年の「幽」創刊、二〇〇六年の「『幽』怪談文学賞」創設等々、その後の二十余年におよぶ、われらが「怪談復興」の流れは、すべてがこのときの面談に起因するかのごとくではないか。おそるべし嗚呼おそるべし。
 ところで、右のインタビュー中には、本書を読むうえでも大いに参考になりそうな注目発言が、もうひとつあった。著者の持論である「怪談理論」をめぐるくだりだ。

書籍

『鬼談』

京極 夏彦

定価 605円(本体560円+税)

発売日:2018年02月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『虚談』

    京極 夏彦

    定価 1728円(本体1600円+税)

    発売日:2018年02月28日

    ネット書店で購入する