menu
menu

ニュース

池井戸潤の最新作『民王 シベリアの陰謀』が9月28日に発売決定!

謎のウイルスに総理大臣が挑む痛快エンタメ。冒頭試し読み公開中!

池井戸潤待望の新作は、ドラマ化もされた人気作『民王』の続編!
発症したら凶暴化する謎のウイルスに、マドンナ大臣こと高西麗子が感染した。止まらぬ市中感染に、ピンチに陥った総理大臣・武藤泰山。バカ息子の翔、秘書・貝原らと解き明かす、その驚愕の真相とは……!?

発売日は9月28日(火)に決定、あらすじも初公開です!
キーワードは「謎のウイルス」、「マドンナ」、「狼男」に「シベリア」……!?
続報をお楽しみに。


※この表紙画像は仮のものです。


『民王 シベリアの陰謀』
池井戸潤
発売日:2021年9月28日(火)予定
定価:1760円(本体1600円+税)
発行:KADOKAWA

『民王 シベリアの陰謀』あらすじ

「マドンナ・ウイルス? なんじゃそりゃ」第二次内閣を発足させたばかりの武藤泰山を絶体絶命のピンチが襲う。目玉として指名したマドンナこと高西麗子・環境大臣が、発症すると凶暴化する謎のウイルスに冒され、急速に感染が拡がっているのだ。緊急事態宣言を発令し、終息を図る泰山に、世論の逆風が吹き荒れる。一方、泰山のバカ息子・翔は、仕事で訪れた大学の研究室で「狼男化」した教授に襲われる。マドンナと教授には共通点が……!? 泰山は、翔と秘書の貝原らとともに、ウイルスの謎に迫る!!

プロローグ&第1章を特別掲載中!

発売に先駆けて、冒頭部分を「カドブン」で掲載中です。

【池井戸潤『民王』待望の続編】ついに新作が始動! 第二次泰山内閣発足直後、目玉のマドンナ大臣が乱心し……。『民王 シベリアの陰謀』#1
https://kadobun.jp/serialstory/tamiou_2/entry-41345.html

前作『民王』プロローグも試し読み公開中!

前作『民王』のプロローグも公開中です。
ドラマにもなった「笑撃」サスペンス!

【池井戸潤『民王』待望の続編】総理大臣とバカ息子は、この国を救えるのか? 続編始動記念、前作のプロローグ試し読み。『民王』#1
https://kadobun.jp/serialstory/tamiou_2/d40zg19j50oo.html

『民王』文庫の巻末解説も読める!

角川文庫『民王』の解説は、ドラマ「民王」貝原茂平役の高橋一生さん!

【解説:高橋一生】「原作もの」なら、任せてください
https://kadobun.jp/reviews/77gggz4nrpk4.html

今後も「カドブン」で最新情報を随時お知らせします。お楽しみに!


関連書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年8月号

7月26日 発売

怪と幽

最新号
Vol.007

4月27日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP