馳星周が新宿歌舞伎町を舞台にした暗黒小説『不夜城』でデビューしてから二十二年。最近では、犯罪小説のほか、藤原不比等を主人公とした歴史小説『比ぶ者なき』、本格的な山岳冒険小説『蒼き山嶺』など、新たなジャンルに挑戦し続けている。
最新作『ゴールデン街コーリング』は、なんと自伝的青春小説だ。一九八〇年代中頃の新宿ゴールデン街を舞台に、作者の分身たる若者の青春が綴られていく。
画像

自伝的青春小説という新しいチャレンジ

──今回、自身をモデルとした青春小説を書くきっかけとなったのは?

馳:編集者から、ゴールデン街にいたときのことを自伝的青春小説で書きませんかって提案があって、新しいチャレンジだし、おもしろいなと思ったんだ。もちろん、ほとんどはそのまま書けないことばかりなんだけど。もう陳さんもいないし、ある程度は書けるかなと。

──この小説に登場する新宿ゴールデン街〈マーロウ〉のマスター、斉藤さいとうけんとは、コメディアンにして書評家、日本冒険小説協会の会長、そしてゴールデン街の酒場〈深夜+1プラスワン〉(通称〈深プラ〉)の主、内藤陳さんがモデルですね。実在した人物が名前を変えて登場している一方、そのまま実名で出てくる人たちもいます。作家では船戸与一志水辰夫北方謙三、書評家の北上次郎(目黒考二)、噺家の立川談志……。

馳:まず、〈深プラ〉に来ていた作家や有名人は、基本的にもう死んだ人しか出さない。そう自分の中で決めていた。

──なるほど。それはおもしろい。

馳:例えば船戸さんもそうだし、談志師匠もそうで、この小説に出てくる小説家や有名人は、みんな死んだ人たちなんです。もちろん北方さんとか志水さんとか、名前だけ出てくる作家はいるけど、作中に登場するのは亡くなった人だけ。例外は「本の雑誌」のエピソードで出てきた目黒さんくらいかな。いまも生きている人だと、いろいろさしさわりがあるでしょう。当時、店によく来ていた北方さんや大沢在昌さんのことなんか、全部は書けないから(笑)。

書籍

『ゴールデン街コーリング』

馳 星周

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年12月27日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年1月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2018年12月27日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『不夜城』

      馳 星周

      定価 720円(本体667円+税)

      発売日:1998年04月23日

      ネット書店で購入する