menu
menu

特集

吉沢亮「“声”で伝える重要さを学びました」【映画「空の青さを知る人よ」公開記念インタビュー】

撮影:橋本 龍二  構成:アンチェイン  取材・文:奥村 百恵  ヘアメイク:小林 正憲(SHIMA) スタイリング:九(Yolken) 

大ヒット劇場アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、「心が叫びたがってるんだ。」のチームが再集結!
映画「空の青さを知る人よ」が来週10/11(金)より公開されます。

今回、登場人物「慎之介」と「しんの」の役をオーディションで勝ち取った吉沢亮さんは、どのようにこの役と向き合い、挑んだのでしょうか。
声優初挑戦の吉沢さんにお話を伺いました。

演じる相手がいることの心強さ

――今作は、あかね・あおい・慎之介がいる世界に、13年前の過去から高校生の“しんの”がやってくるというファンタジックなストーリーです。今回、吉沢さんは声優初挑戦ということですが、アフレコ前にどんな準備をされましたか。


吉沢:前作を観直したり、いろんなジャンルのアニメ作品を観て声の出し方を研究しました。僕が演じる役の台詞を録音して、それを聴きながら“自分の声はどんな感じなのか”を確認したりもしました。

――ご自分の声を確認してみて、どういう印象を受けましたか。


吉沢:自分の声って、やっぱりすごく違和感がありますよね。普通のお芝居のときはそんなに気にしていなかったのですが、今回初めて声優に挑戦させていただき、アフレコも初めてで、映像に当てられた自分の声を聴いた瞬間はすごく違和感を覚えました。実はいまもまだ、少し照れくさいです(笑)。

――お芝居がとても自然でしたし、18歳のしんのと31歳の慎之介とでは、全く違う声の出し方をされていて、本当に吉沢さんは声優初挑戦なのかと驚きました。どんなところを意識して演じ分けましたか。


吉沢:18歳のしんのは未来しか見えていないような、希望のある明るさを持っていますけど、31歳の慎之介はミュージシャンとして成功するという夢に破れ、迷いを抱えながら過去を引きずって生きている。二人を演じ分けるというよりはそれぞれ全く違うキャラクターとして捉えていました。声のトーンを多少意識はしましたが、それよりも心情的な部分を大事に、別の人間として演じていました。

――キャラクターの画を見て、インスピレーションも湧いたり。


吉沢:ハッキリとそれが影響したのかはわからないですけど、演じるうえで多少はあったと思います。たとえば、しんのの髪の毛は赤いのですが、もしも金髪だったら“やんちゃな男の子”というイメージも湧いただろうと思いますし。


しんの場面

高校生の姿の慎之介こと“しんの”


――声だけでキャラクターの心情を表現するというのは難しかったですか。


吉沢:とても難しかったです。キャラクター自体は動いていますけど、実際に声を入れるときは、マイク前で体を動かさずに、声だけで表現しなければいけないので。普段のお芝居では表情や仕草、行動で心情を表すことが多いのですが、それを声だけでやろうとすると、普段のお芝居の5倍ぐらいのテンションで演じなければ伝わらなくて……。それで、テンションを上げるために体を動かしてみようと思ったんですけど、なんとなく怒られそうな気がしたのでやめました(笑)。

――劇中では4人の淡い恋模様が描かれますが、共演者との掛け合いのお芝居はいかがでしたか。中でも特に印象に残っているシーンを教えてください。


吉沢:あおい役の若山詩音さんに関しては、僕がテンションを上げてしんのを表現すると、それをちゃんと受け止めて返してくれるんです。それがとても心強かったですね。もしも一人だけテンション高めで演じていたら途中で恥ずかしくなって思い切りできなかったかもしれません。あかね役の吉岡里帆さんのお芝居からは、あかねの慎之介に対する愛情を感じました。酔っぱらってしまった慎之介をあかねがホテルまで送り届けてくれるシーンがあるんですが、慎之介のダサい部分とちゃんと向き合ってくれて、尚かつ厳しく諭してくれるところにあかねの愛を感じられました。あのシーンは個人的にとても好きで、演じていても心地よかったです。お二人とお芝居していると、たとえ声だけであっても“いま、お芝居をしているんだな”と実感することができました。



吉沢 亮

1994年生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビュー。「仮面ライダーフォーゼ」(11年/テレビ朝日)出演で話題となり、以降も多数のドラマ・映画に出演。近年の主な出演作は、「銀魂」(17年/監督:福田雄一)、「トモダチゲーム」シリーズ(17年/監督:永江二朗)、「斉木楠雄のΨ難」(17年/監督:福田雄一)など。18年には「悪と仮面のルール」(監督:中村哲平)、「リバーズ・エッジ」(監督:行定勲)、「ママレード・ボーイ」(監督:廣木隆一)を含め、8作品も公開となった。今年は、「キングダム」(監督:佐藤信介)で嬴政 、漂を好演。連続テレビ小説「なつぞら」(NHK)では、主人公なつの幼馴染み・山田天陽役で“天陽ロス”が続出するなど、人気を博す。21年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」では、主人公・渋沢栄一を演じる。

紹介した書籍

カドブンノベル

最新号 2019年11月号

10月10日 配信

ランキング

書籍週間ランキング

1

明日の僕に風が吹く

著者 : 乾 ルカ

2

トリガー 上

著者 : 真山 仁

3

ドラフト最下位

著者 : 村瀬 秀信

4

逃亡小説集

著者 : 吉田 修一

5

私のことが好きじゃないとかセンスないよね

著者 : あたりめ

6

キミのお金はどこに消えるのか 令和サバイバル編

著者 : 井上 純一

10/7~ 10/13 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP