menu
menu

試し読み

NMB48の現役アイドルが本気で描く【アイドル×オタク】の青春恋愛小説。選ぶのは、恋か、夢か――。安部若菜『アイドル失格』特別試し読み!

NMB48の現役アイドル・安部若菜さんの初小説『アイドル失格』発売を記念して、冒頭を公開します!
本作は、アイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」と、メジャーデビューを目指す「地下アイドル」の恋と成長を描いた長編小説です。ぜひお楽しみください!

特設サイト https://kadobun.jp/special/abe-wakana/



安部若菜『アイドル失格』特別試し読み

「あの、好きです。」
「ありがとう! 私も大好きだよ!」
 彼女は真っ直ぐに僕の目を見てそう答える。晴れて両想い、ここからバラ色の日々が始まるなんてことは、絶対にない。僕と彼女は決して結ばれない運命なのだ。
 だって僕、オタクだし。

ケイタ  20:34 2022/03/25
死にたい

 チェキ会が終わり、浮足立つ会場から外に出る。空はすっかり暗くなっているが、電柱と飲食店の人工的な光がチカチカと夜を照らしていた。3月も終わりかけとはいえ、都内のビルの合間を吹く風はまだ冷たく、推しに会って火照っていた心も冷ましてくれる。
 都内のイベントホールから続々と出てくる人達から少し離れ、街角の電柱の前に立つ。リュックからすっかり冷えたペットボトルの珈琲コーヒーを取り出し、苦みと酸味の不快な味をのどに流し込んだ。いのは分かっていたけど顔をしかめてしまう。やっぱり飲むんじゃなかった。
 気分を変えようと、さっきからずっと手に持っていたスマホの画面をスクロールする。僕のツイートはすぐに、幸せなオタクたちの感想に飲み込まれていった。
『今日もあかり可愛かった〜』
のツインヤバすぎ』
『もえきゅんしか勝たん』
『サヤ……サヤ……』
 画面のまぶしさに、目の奥が痛くなる。明るさを下げても、ジンジンとした痛みは消えなかった。
 きっとこの反応が正常なんだろう。〝推し〞である大好きなアイドルに会った後に『死にたい』とツイートする僕が異常なのだ。
『やっぱり来るんじゃなかった』
 新しくツイートをした時、前方から声がした。
「お、ケイタ。お疲れっすー」
 4人組アイドルグループ「テトラ」のオタク仲間、ネギが帰っていくオタクに紛れこちらに近づいてくる。ひょろりと長い体に黄色いトレーナーを着た彼は、人混みの中でもよく目立つ。数メートル先からでも、眼鏡にかかる長い前髪の奥で、ネギのひとみが幸せそうに輝いているのが分かった。
 ちなみに、ネギという名前は、昔の推しメンに「ネギに似てるね!」と言われたのがきっかけらしい。
「やっぱ来てると思った。てか見てこれ、今日のあかり超可愛かったんだけど」
 ネギは興奮気味に彼の推しメン、そらあかりとの撮りたてのチェキを見せてくる。
 チェキ会は、CDを事前に2枚予約購入し、抽選に当たったら、ツーショット写真を1枚撮ることが出来る。1回2000円にはなるが、推しと近距離でツーショットを撮れて、会話も出来るので、ついつい参加してしまう。
 ネギの話は長くなりそうなので、僕はスマホをいじりながら適当に聞くことにした。
「あかりの元気さはマジで世界救ってるよな、ライブの時も一人ピョンピョンしてて可愛すぎだし今日もマジで可愛かった……!」
 こちらの反応などお構いなしに、いとおしそうにチェキを眺めながらネギは言う。チラと見ると「ネギくん♡」と黄色のペンで彩られたチェキの中で、あかりちゃんのポニーテールが揺れていた。
「……まあ確かにあかりちゃんはいいよな。実々花と仲良いし、実々花のオフショット載せてくれるから好き」
 ネギが頰を赤くしてあまりに幸せそうに話すため、一応返事をしてやる。
「はいはい実々花推しなのは分かった分かった。てか見てこのもえきゅんとのチェキ、ハートはズルくね?」
 なぜか馬鹿にするようにあしらわれ、僕のスマホを持つ手に力が入る。ネギはまたも撮ったばかりのチェキを出してきた。今度はいちもえ。ふわふわに巻いた高めのツインテールとピンクがトレードマークで、その甘い声と甘い対応は中毒性があると評判だ。
「ネギ、あかりちゃんだけじゃなくてもえきゅんとも撮ったのかよ」
「残念、我らがテトラのリーダー、かわしまサヤともばっちり撮りました」
 ドヤ顔でピースを決めるネギを笑うようにビュウと冷たい風が吹く。ふと見回すと、帰宅するオタク達でにぎわっていた辺りも日常に戻っており、金曜の21時、飲みに向かうサラリーマン達であふれている。顔を真っ赤にして騒ぎ立てる大人達にけいべつの視線を送る。
 だが目の前には、真っ黄色のトレーナーでニタニタと笑うネギがいる。僕は1歩距離を取った。僕もグッズの白いTシャツにグッズの黒いトレーナーといういでちだが、実々花がプロデュースしたこのグッズは、まだ日常に溶け込めるデザインだ。
「でも最近チェキ会当たりづらいのによくそんなに撮れたな」
 最近は落選が続くこともザラなので素直に感心する。
 テトラは別にマイナーな地下アイドルという訳ではない。大手事務所所属のグループで、有名なプロデューサーやアーティストともコラボもしている、今注目のアイドルグループだ。
「確かに、この間初めて歌番組出てからかなり撮りづらくなったな……。まあでもテトラの良さが広まるのはうれしいし、まだ2年ちょっとだからこれからだろうな」
 うんうんと深くうなずきながらも、実々花が遠い存在になるようで複雑な気持ちだった。さっき僕に微笑んでくれた実々花が脳裏に浮かぶ。そうだ、今日の実々花は……!
「え、今日の実々花も撮った!? ツインテールやばくなかった!?」
 オタクと思われないように、と思っていたことも忘れ、思わず前のめりになる。この興奮を分かち合いたい、その一心だった。
「いや、実々花だけ撮れてない。センター様は完売早くて買えなかったんだよ」
「は? すぎだろ」
 高まった気持ちがシュンとしぼんでいくのを感じ、わざとらしく肩を落としてため息を吐く。僕のささやかな八つ当たりは都会のけんそうにかき消され、聞こえていなかった。
「まぁ実々花が一番人気なのは僕が金積んだお陰かな」
 ドヤるな、とネギに小突かれる。冗談っぽく笑ったが、半分は本気だった。
「でも撮れなくなるのはやっぱ寂しいよなー、人気になっていくのは嬉しいんだけどさ」
 しみじみと語るネギの言葉に、僕はまた深く頷く。僕の推しメン、でら実々花が楽しくアイドル活動してくれるのが一番だが、僕だけの実々花でいてほしいと思ってしまうのはごうまんなのだろうか。
 再び風が強く吹き、自分の体がかなり冷えていることに気づいた。
「ごめんネギ、そろそろ帰るわ」
「マジ? 飲みに行かねーの?」
「いや、今日は気分じゃないしやめとく」
 クイっと手でジェスチャーするネギの誘いを断り、スマホで帰りの電車の時間を調べる。
「ケイタ、次から大学3年生だよな? そんなの一番飲む時期だろ」
「そんなんだから次から大学5年生になるんだろ」
「うるせー、ガチ恋こじらせオタク」
 軽口をたたきながらヒラヒラと手を振り別れる。行きと同じ駅までの道も、家へ向かう道に変わった途端にいろせて見える。ワイワイと騒がしい夜をイヤフォンで遮断した。聴くのはもちろんテトラの曲で、3月に発売されたばかりの新曲『おとめのアイス』だ。甘酸っぱい青春恋愛ソングで、歌詞の中のひたむきな女の子に元気をもらえる曲だ。リュックの中にもパンパンにこのCDが入っている。
 体が無意識にリズムに合わせて歩く。春らしい明るいメロディに、歌い出しの実々花の透明感のある声とサビの軽やかな高音が心地よい。ゆううつだったはずの帰り道も、テトラの歌のお陰で気づけば電車の中だった。
 人混みの車内で、なんとかつりかわを確保すると同時にスマホが鳴り、実々花のツイートを知らせた。すぐにアプリを開き、いいねとRTリツイートをする。短い文章に2枚の自撮りが添付されていた。
『今日はありがとうございました! みんなだいすきだよ〜!』
 ツインテールでピースを決める実々花。考えるより先に、気づけば指が保存を完了していた。普段はミディアムのストレートヘアが多い実々花の、まれにするツインテールの破壊力はとんでもないものがある。しかも、実々花らしく控えめな低さなのが逆にいい。
『ツインテール可愛すぎる……画面割れるかと思った……』
 抑えきれない感情をひとまずツイートし、拡大しながら画像をひとしきり眺めた後、やっとツイートの内容に意識が向いた。『みんな』か……。
 電車の窓に映る自分とその他大勢。しょせん僕も『みんな』の中の一人でしかないという当たり前の事実が胸に突き刺さる。目をらすように頭を抱え、今日の実々花との会話を思い出す。
「あの、好きです。」
「ありがとう! 私も大好きだよ!」
 実々花の笑顔が脳裏に焼き付いて離れない。嬉しい言葉のはずなのに心をむしばんで僕を苦しめる。『みんな』の一人だとしても、少しは『みんな』より親密な関係だと信じたい。
 僕は〝ガチ恋オタク〞だ。実々花のことを一人の人間として愛している。アイドルとしての実々花しか知らないが、実々花の全てにかれてしまうのだ。
 だけど実々花から見れば僕もただの一ファンでしかない。違うのに。僕の「好き」は、みんなの「好き」とは違うのに。どんなに苦しい思いをしても、実々花に僕の「好き」が伝わることはないと思うと、また心が重くなった。そんな時、

(続きは本書でお楽しみください)

作品紹介



アイドル失格
著者 安部若菜
定価: 1,650円(本体1,500円+税)
発売日:2022年11月18日

僕と彼女は、決して結ばれない運命なのだ――。NMB48の安部若菜が本気で描く、禁断の「アイドル×オタク」恋愛小説!
冴えない日々を送る大学生のケイタは、4人組アイドルグループ「テトラ」のセンター・実々花の熱烈なオタク。叶わないと分かりつつも本気で恋をしていた。一方、高校3年生の実々花は、グループの人気が順調に上がり、熱心に応援してくれるケイタの好意を嬉しく思いながらも、将来に漠然とした不安を抱えていた。
ある日、実々花は母親との衝突をきっかけに自暴自棄になり、SNSの情報を頼りに思わずケイタのバイト先へ向かってしまう――。

書誌ページ: https://www.kadokawa.co.jp/product/322109000593/
amazonページはこちら


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年12月号

11月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年12月号

11月5日 発売

怪と幽

最新号
Vol.011

8月31日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

夜は猫といっしょ 4

著者 キュルZ

2

マダムたちのルームシェア

著者 sekokoseko

3

私のジャンルに「神」がいます3

著者 真田つづる

4

疲れた人に夜食を届ける出前店

著者 中山有香里

5

小説 嘘つき魔女と灰色の虹

著者 そらる

6

アイドル失格

著者 安部若菜

2022年11月13日 - 2022年11月20日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP