江戸を舞台に、損料屋を営む人々と〝つくもがみ〟が活躍する、畠中恵さんの「つくもがみ」シリーズ。最新作となる『つくもがみ笑います』刊行を記念し、NHKアニメ「つくもがみ貸します」で主人公・清次を演じた榎木淳弥さんとの対談が実現。
最新作の魅力や小説とアニメの違いなど、たっぷり語り合っていただきました。
画像

声を作らず地声で演じた清次役

――おふたりが会うのは、アニメ「つくもがみ貸します」の打ち上げパーティ以来とのことですね。

榎木:はい。作品のことなどいろいろお話しできて嬉しかったです。

畠中:こちらこそありがとうございます。アニメの打ち上げの席は初めてだったので少し緊張しました。出版系のパーティとはまた違って賑やかな会で。
榎木:確かにいろんな人が参加していらっしゃいますもんね。アニメーターさんとは普段会う機会が滅多にないので、打ち上げの席なのに「はじめまして」ということもあるんですよ(笑)。

――改めて、アニメをご覧になった感想、また主人公の清次を演じた感想をお聞かせください。

畠中:自分の作品が別の形に化けるのは新鮮で面白いですね。舞台でも映画でもドラマでもそうですが、特にアニメは「こんな世界になったのか!」という驚きでいっぱいでした。
榎木:清次の役は僕の地声に近く、あまり声を作らずに楽に演じることができました。自分で言うのもなんですが、清次と僕は穏やかな性格が似ているんじゃないかと思います。あまり怒らないし、押しにも弱い。好きな人にぐいぐいいけないところも似ているかもしれません(笑)。でも清次は本当に伝えたいことは勇気を出して相手に伝える心意気があります。彼を演じながら、僕もそうありたいと思いました。

書籍

『つくもがみ笑います』

畠中 恵

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2019年01月10日

ネット書店で購入する

    書籍

    「本の旅人2019年2月号」

    角川書店編集部

    定価 100円(本体93円+税)

    発売日:2019年01月26日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『つくもがみ貸します』

      畠中 恵

      定価 648円(本体600円+税)

      発売日:2010年06月23日

      ネット書店で購入する

        書籍

        『つくもがみ、遊ぼうよ』

        畠中 恵

        定価 691円(本体640円+税)

        発売日:2016年04月23日

        ネット書店で購入する