その秀才ぶりからかつて「神童」と呼ばれた髭男爵・山田ルイ53世が、突然引きこもりとなり、苦悩、葛藤の末、引きこもりから脱出する半生を描いた話題の書『ヒキコモリ漂流記』が完全版となってついに文庫化。その発売を記念し、引きこもり問題の第一人者である精神科医の斎藤環氏との対談が実現。著者の引きこもり体験を、専門家の視点で分析、果たしてその結果は?
画像
――単行本の『ヒキコモリ漂流記』の発売は2015年ですよね。

山田ルイ53世(以下、山田):そうですね。3年ぐらい前ですね。

斎藤環(以下、斎藤):『ヒキコモリ漂流記』は、引きこもりの経緯もさることながら、中学に入る前から始まったという「強迫」の描写がすごかったですね。勉強の前に掃除をしないといられないという「こだわり」の描写が。
山田:あれやっぱり、そういう名前付く行為ですよね。

斎藤:付きます。十分付きます。几帳面のレベル超えてますよね。

山田:ああ、やっぱりそうや。当時は「俺だけ変やな」と思ってたんですけど、大人になってこれ書いてるときになって、コレ何か、ナントカ症みたいな名前付くなあと思って(笑)。

斎藤:筆圧が強過ぎて、折れて飛んだシャーペンの芯を捜さないと、勉強が始まらないってすごいですよね(笑)。見つかります?
山田:多分これは前に飛んだやつやな……みたいなのが見つかっても、これでとりあえず納得するとか。なんせこの、「見つけた」「取った」「捨てた」っていうのがないと次に行けない。今でもちょっと「こだわり」の名残りがありますよ。

斎藤:あるんですか?

山田:あります、あります。角が揃ってなきゃイヤだとか。

斎藤:だけど、それは普通の几帳面なレベルという感じですね。
山田:まあ、いいところにおさまったということですかね。でも、それって一時的におさまっただけで、またバーッとぶり返すことってあるんですかね。

斎藤:引きこもっちゃった人って、結構な割合でそういうふうになるんですよね。だから、どちらかといえば、そういう傾向があったのかな、という気もしましたけど。ちなみに、その当時治療は受けてらっしゃらないですよね。

山田:ないです、ないです。昔はそういう専門治療受けるの恥やみたいな空気があって。僕は全然治療を受けたほうがよかったな、と思いましたね。そのほうが楽ですよね、絶対。

斎藤:そうしていたら、親御さんの当たりも少し柔らかくなっていたでしょうね。

書籍

『ヒキコモリ漂流記  完全版』

山田ルイ 53世

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する