menu
menu

レビュー

鮮やかに表れる、久作が自らの文学総体を通じて渉猟した多彩な世界――夢野久作『人間腸詰』文庫巻末解説

全身が粟立つ、恐怖世界の万華鏡!
夢野久作『人間腸詰』

角川文庫の巻末に収録されている「解説」を特別公開! 
本選びにお役立てください。

夢野久作『人間腸詰



夢野久作『人間腸詰』文庫巻末解説

解説
鈴木優作

「じゃぱん、がばめん、ふおるもさ、ううろんち、わんかぷ、てんせんす。かみんかみん」
 ひとたび読むや〈のうずい〉にまとわりついて離れない呪文のような魅力。この怪しく異化された稀有な文体によって久作文学という異界へいざなわれた読者は、本書に収められた作品を堪能し、その逸脱的かつ多面的な世界観に没入するだろう。
 これらの八編は一九三四~三六年、久作の最晩年に発表されたもので、三五年に刊行されたひつせいの大作「ドグラ・マグラ」や、これまでの作品にも通ずる点が多い。
「人間腸詰」(『新青年』一九三六年三月号)は、〇四年のセントルイス万国博覧会を舞台に、台湾館の烏竜茶店で呼び込みをする大工の治吉が人間を腸詰にする地下工場に囚われる、異国趣味の猟奇的な冒険譚。杉山龍丸『わが父・夢野久作』によれば、久作の父杉山茂丸の経営する「台華社出入りの大工さんが、ニューヨークでの万国博に行った体験談」を基にしているという。人肉の腸詰という発想に関しては、ドイツの肉屋フリッツ・ハールマンが四八人を殺害し腸詰などにして販売していたという二四年の事件があり、これを牧逸馬が三〇年に「世界怪奇実話」の一つとして紹介している。また、同様に腸詰にされかける男を描いた妹尾アキ夫「人肉の腸詰」(「楠田匡介の悪党振り」第三話、一九二七年)があり、江戸川乱歩「盲獣」(一九三一~三二年)の「鎌倉ハム大安売」も類似した発想といえよう。近代文明の集約的な場である「博覧会」にアメリカギャングの利欲が絡み、明治期舶来の加工品である「腸詰」の工場で生命の危機に直面する。久作が「唯物文化」と呼んだ西洋由来の物質文明と欲望に、「江戸ッ子」を自負する治吉が体一つで対峙するところに本作の痛快さがある。「街頭から見た新東京の裏面」で震災後の復興する帝都の「文明」に「江戸ッ子衰亡」を危惧した久作の思いが重なる。
だま(『ぷろふいる』一九三四年五月号)は、妻が病死し息子を鉄道事故で失った数学教師の心的過程を辿る作品。既に久作には二七年に、鉄道自殺をした自らの死体を眺める小品「線路」がある。このプロットを拡張したような本作は、数学教師「彼」が少年期に山中で体験した幻聴のような呼び声を聞く現象である木魂が、息子の死後に再び出現するまでの情景を丹念に描いている。「彼」は良心の呵責からおうのうの末に、やがて緩やかに狂気へと至る。「神秘的な心理現象」である木魂が心霊学の数理的な原則によって説明可能な現象とされているのは、「押絵の奇蹟」「ドグラ・マグラ」にもみられる神秘と科学を架橋する久作の技巧だ。
「無系統虎列剌コレラ(『衆文』一九三四年五月号)は、婚約した男女の父同士である内科医と獣医の酒席で起こった死の顚末を描いている。同時代に九鬼たんが「トボケ口調」と評した長閑のどかさを感じさせる語りで、「田舎のちょっとした町」で起きた「ナンセンス悲劇」「みんな馬鹿だったと言う話」の構造は「いなか、の、じけん」を思わせる。プロットの要約といった趣きのある「いなか、の、じけん」の小話一つを、一短編を構成するまでに伸展させたような作品だ。法医学者の談話を新聞記者が聞き書きするという形式には、『九州日報』記者時代に九大医学部に取材をしていた経験が活きているのではないだろうか。
「近眼芸妓と迷宮事件」(『富士』一九三四年一〇月号)は、無尽講に金を持ってくるはずの材木屋の主人が殺された事件が迷宮入りしたが、その妾である芸妓がひどい近眼であったために一年後に真相が明らかになるという話。舞台は田舎ではないが、これも「いなか、の、じけん」のように、ユーモアとナンセンスを基調とした作品である。
「S岬西洋婦人絞殺事件」(『文藝春秋』一九三五年八月号)は、大正×年、R市S岬で西洋婦人マリー・ロスコーが暴行・絞殺され、夫J・P・ロスコーが拳銃自殺を遂げたという事件を、法医学的考察を含みつつ扱っている。夫婦らの体に彫り込まれた刺青の秘密、変態性欲、夢中遊行などモチーフが豊かに詰まっている。刺青を「変態恋愛」「マゾヒスムス」との関わりからみる点は谷崎潤一郎「刺青」を想起せずにいられないし、夢中遊行はドイツ表現主義映画「カリガリ博士」にインスピレーションを受けたであろう「一足お先に」「ドグラ・マグラ」でも重要な役割を果たしている。犯人当ての要素は薄いが、それぞれのモチーフが一つの短編に収まりきらない拡がりを感じさせる作品だ。
「髪切虫」(『ぷろふいる』一九三六年一月号)は、二千年前のエジプト女王クレオパトラの魂が現代に転生したかも知れぬ、髪切虫を主人公とした作品である。遠い過去の生命意識が時空を超えて引き継がれるという神秘的な発想の遠景には、丘浅次郎『進化論講話』を読むなど久作が進化論に深く興味を抱いていたという経緯があるだろう。進化を鼻の表現に象徴化したエッセイ「鼻の表現」においても、クレオパトラへの言及がある。動物と人間の順序は本作と異なるが、ヘッケルの反復説を下敷きに人類の意識の古層に虫や動物の心理を措定した、「ドグラ・マグラ」の心理遺伝にも通じよう。人間と他生物との間に連続性を見いだす生物科学への関心に裏打ちされた、久作の悠大な生命史観が窺える。
「悪魔とうしよ(『サンデー毎日』一九三六年三月春季特別号)は、古本屋を訪れた大学助教授が、世界に一冊しかないという悪を称えた聖書が盗まれたいきさつを店主から聞くという話。「悪魔祈禱書」における「悪魔」とは物質と欲望で、これが世界を構成し、強者が地上を支配するという本の内容は、久作が「唯物文化」や「生存競争」と呼び警鐘を鳴らした近代文明観であることにも注目したい。久作はさりげなく作中に自身の思想の一部を挿入し、垣間見せているのだ。
「戦場」(『改造』一九三六年五月号)は、第一次世界大戦下のドイツ軍で、ヴェルダン要塞への総攻撃における死傷者の始末にあたるオルクス・クラデル軍医中尉が、戦場に隠されたある恐ろしい事件に巻き込まれてゆく話だ。すでに満州事変が勃発し、日中戦争の前年であった当時としては、思い切った直接的な反戦の表現が冒頭からみられ、戦場に響く砲火の「轟音」が「BAKA-BAYASHI のリズム」に聞こえるという語りは苛烈な戦争をナンセンスな事象として描写している。しかしこうした反戦のメッセージのみが本作の主眼ではない。この戦場には探偵小説としての〈謎〉が布置されており、〈探偵〉として推理を働かせ真相を悟ったオルクスの「良心」は、戦争以上の狂気じみた陰謀に震えおののく。この側面からは、探偵小説とは人間心理に潜在する悪性を暴露することで「良心の戦慄を味う小説である」という、「探偵小説の真使命」などで創作と平行して同時期に展開していた独自の探偵小説論との共振性が読みとれよう。
 ──文明と欲望──狂気と良心──神秘と科学──ユーモアとナンセンス──。
 本書には、久作が自らの文学総体を通じて渉猟した、多彩な世界が鮮やかに表れている。そこに未だ更なる開拓の可能性を残しながら、一九三六年三月一一日、久作はこの世を去る。

作品紹介・あらすじ
夢野久作『人間腸詰』



人間腸詰
著者 夢野 久作
定価: 748円(本体680円+税)
発売日:2022年03月23日

全身が粟立つ、恐怖世界の万華鏡!
あっしの洋行の土産話ですか。何なら御勘弁願いたいもんで。明治時代末期、大工の治吉はセントルイスで開かれる大博覧会で働くため、アメリカへ旅立った。ある夜、職場で出会った美しい中国人女性に誘われるがまま街へ出ると、不気味な地下室に連れ込まれる。そこで治吉が眼にしたのは、ガリガリと耳障りな音を立てて稼働する謎の肉挽機械だった……。幻想と猟奇趣味に彩られた粒ぞろいの短編全8編を収録。
詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322111000489/
amazonページはこちら


紹介した書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

  • 新刊『闇祓』特集ページバナー
  • カドブンブックコンシェルジュ ~編集部があなたにぴったりの本をご提案します~ 【編集部おすすめ小説記事まとめ】

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2022年7月号

6月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2022年8月号

7月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.010

4月25日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

六人の嘘つきな大学生

著者 浅倉秋成

2

メンタル強め美女白川さん3

著者 獅子

3

黒牢城

著者 米澤穂信

4

メンタル強め美女白川さん

著者 獅子

5

夜は猫といっしょ 3

著者 キュルZ

6

メンタル強め美女白川さん2

著者 獅子

2022年6月26日 - 7月3日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP