menu
menu

レビュー

「文字」を通して依頼人の「想い」や「秘密」に触れる。新米筆耕士の成長物語。『かくしごと承ります。~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~』

書評家・作家・専門家が《新刊》をご紹介!
本選びにお役立てください。

(評者:片丘フミ)


十三 湊『かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~』

十三 湊『かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~』

 みなさんは「筆耕士」という仕事を知っていますか?
 招待状の宛名や案内の看板などを毛筆で書くお仕事だそうです。確かに、パーティーの招待状に毛筆で自分の名前がきれいに書かれていて、見惚みとれたことがあったような……。でも、そうした「文字を書くこと」を専門に請け負っている仕事があることまでは、思いが至りませんでした。めっきり手書きの少なくなった現代では、いかにもその道を究めた「職人」が就くお仕事のように感じます。

 本作『かくしごと承ります。~筆耕士・相原あいはら文緒ふみおと六つの秘密~』は、駆け出しの「筆耕士」である主人公が「文字」を通じて人と出会い、仕事に、恋に、大きく成長していく物語です。相原文緒は書道学科を卒業して四年目の二十六歳。現在は、大学時代の教員であった都築つづきのもとで、筆耕士として一人前になるべく、日々奮闘しています。舞台は静岡県三島みしま市。富士山からの水流が湧き出る「水の都」の美しさが、文緒の初々しさや純情さと共鳴して、読んでいて清々すがすがしい気持ちにさせられます。

 文緒のもとに舞い込んでくる依頼は様々です。お菓子屋さんのお品書き、生まれてくる子供の命名書、字が下手なご当地アイドルのサインの代筆、招待状の宛名書き、告発状の代筆……。きれいな文字で書いて欲しいというシンプルな要望だけではなく、自分の筆跡を残したくないという理由からも文緒は仕事を引き受けます。そして、文字が単なる記号ではなく、意味を持っている以上、代筆をする過程で依頼人の「想い」にも触れることになるのです。時として、代理で書いて欲しいという想いは、秘密を抱えた「かくしごと」でもあります。

 手書きの文字がまとっている雰囲気や筆圧、癖。そんなアナログな情報から、文緒は依頼人の文字に込めた想いをみ取り、それまでも表現しようとします。その過程で、依頼人の置かれた状況に共感し、居ても立っても居られず、行動に移すこともしばしば。

 第四章の「青ひげ氏、五度めの招待状」では、高校時代の親友「夏野なつの」から結婚式の招待状の宛名書きを頼まれます。親友の祝い事とあって喜んで引き受けた文緒でしたが、結婚相手の名前を聞いて動揺を隠せません。神定主税かんじょうちから。以前に二回も、結婚式の招待状の代筆をしたことのある相手だったのです。一方で夏野も何かを隠しているようにも感じます。心配になった文緒は意を決して、夏野にその不吉な結婚の真相を確かめるべく、再会を果たしにいきます。

 また、第五章、第六章では、文緒が密かに想いを寄せ続ける都築との切なくも麗しい関係性のエピソードが描かれます。先生と学生、既婚者と独身者、年の差……。二人を分かつ壁に、文緒の想いは遮られ続けてきました。近くにいるのに伝えられない想いが、消せない恋心が、二人のピンチを機に抑えきれないくらい溢れてきます。筆耕士の仕事を通じて、人間として成長した文緒は、一歩踏み出し、自分自身の想いを形にすることを決意します。

 文字は、人に何かを伝えるためにあるものだ。
 遠くに住む人へ、未来の自分へ、子孫へ。
 記憶にとどめておくために、正確に理解してもらうために、面と向かっては言えないことを伝えるために。
 (p.276より)

 日常でまとまった文章を手で書くことはどれほどあるでしょうか。PCで文字を打ったり、スマホで書き込んだりする機会の方が圧倒的に多い時代。でも、手書きの価値は失われていっているわけではありません。むしろ、特別な意味が付与されて、さらに魅力が深まっていると感じるのは私だけではないはず。「私が書いた」という痕跡がくっきりと残るその文字を大切に書きたい。そして、その意味だけでなく、想いを嚙みしめて受け取りたい。文字という毎日目にするその記号が、想いを宿して訴えかけてくる。文緒の手書きの文字も見てみたいなぁ、と思わずにはいられません。

ご購入&試し読みはこちら▶十三 湊『かくしごと承ります。 ~筆耕士・相原文緒と六つの秘密~』| KADOKAWA


紹介した書籍

関連書籍

新着コンテンツ

もっとみる

NEWS

もっとみる

PICK UP

MAGAZINES

カドブンノベル

最新号
2020年6月号

5月10日 配信

怪と幽

最新号
Vol.004

4月28日 発売

小説 野性時代

第199号
2020年6月号

5月12日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

暴虎の牙

著者 柚月裕子

2

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには

著者 出口 治明

3

カインの傲慢

著者 中山 七里

4

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

著者 梯 久美子

5

宇宙と宇宙をつなぐ数学 IUT理論の衝撃

著者 加藤 文元

6

怪と幽 vol.004 2020年5月

著者 京極 夏彦 著者 小野 不由美 著者 有栖川 有栖 著者 恒川 光太郎 著者 近藤 史恵 著者 山白 朝子 著者 荒俣 宏 著者 小松 和彦 著者 諸星 大二郎 著者 高橋 葉介 著者 波津 彬子 著者 押切 蓮介 著者 東 雅夫

5/25~ 5/31 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

レビューランキング

TOP