1月31日(木)、重松清さんの新刊『木曜日の子ども』が発売となります。
刊行にあたり、1月31日(木)から、各界一流の読み手たちによる【刊行記念書評リレー】を配信いたします。
画像

 あえて「わからない」心に向き合う姿勢と覚悟 
石戸 諭(記者・ノンフィクションライター)



 重松清はライフワークとして家族やいじめ、犯罪に魅せられる少年の心をテーマに据えた小説を書いてきた。本作もまたライフワークに連なる作品だが、従来の小説と比べてエンターテイメント性は群を抜いているところに特徴がある。あらすじはこうだ。
 ニュータウンの一角にある旭ヶ丘中学校。かつて2年1組の給食の野菜スープに毒物を混入し、同級生9人を殺害した少年・上田祐太郎が少年院を出て、街に戻ってきたという噂が流れる。物語は主人公の会社員・清水と妻の香奈恵、そして香奈恵の前夫の息子の晴彦が、このニュータウンの一軒家に引っ越したところから動き出す。

 晴彦は理不尽ないじめのターゲットになってしまい、転校を余儀なくされた少年だ。引越しでやっと平穏を手に入れたと思った矢先に、晴彦についてこんな声が聞こえてくる。上田少年にそっくりなのだ、と。やがて近所で起きていく怪事件の数々、そして学校にいないはずの少年と仲良くなったと出かけていく晴彦が抱える闇。「世界の終わりの始まり」とは何を意味するのか。清水はかつての事件を追いかけた作家とともに真相に迫ろうとするのだが……。

 この小説の「文句なしのおもしろさ」を説明することは極めて容易である。第一に非常に魅力的な謎が立て続けに提示されることである。史上稀に見る、凶悪な少年犯罪を起こした上田少年とは何者なのか。近所で起きる怪事件の黒幕は誰なのか、彼らの目的は何か。前半で巧みに張られた伏線を回収していく後半の展開は、凡百のミステリー小説以上に謎解きの悦楽がある。

書籍

『木曜日の子ども』

重松 清

定価 1836円(本体1700円+税)

発売日:2019年01月31日

ネット書店で購入する