1月31日(木)、重松清さんの新刊『木曜日の子ども』が発売となります。
刊行にあたり、1月31日(木)から、各界一流の読み手たちによる【刊行記念書評リレー】を配信いたします。
画像

 近未来の「黙示録」 
奥野修司(ジャーナリスト・ノンフィクション作家)



 日常の闇をのぞき込むような重くて深い物語に、何度となく立ち止まっては、そのたびに胸がざらついた。

「その街の名前は、以前からよく知っていた」。冒頭からもう何かが起こりそうな気配である。歴史の蓄積がない郊外の静かなニュータウンという舞台設定も、凄惨な事件が起こる背景としてはぴったりだ。そして、それは起こった。旭ヶ丘中学2年1組の給食に出た野菜スープに猛毒が投げ込まれ、生徒9名が死亡するという凶悪事件だった。犯人は同級生の上田祐太郎。その日、学校に届いた書簡に〈もうすぐたくさん生徒が死にます みんな木曜日の子どもです〉と書かれていたことから「木曜日の子ども」事件と呼ばれた。
 そして、本当の物語はこの7年後に始まる。
 マザコンでいじめられっ子の晴彦を一人息子にもつ母親が、42歳の主人公の「私」と再婚し、事件があったニュータウンへと越してきた。そこで、晴彦が7年前の犯人と似ているだけではなく、一家が購入した中古の家には、あの事件で殺された被害者が住んでいたと知らされる。さらに転校先の新しい担任は、凄惨な事件の現場へ最初に駆け込んだ教師だという……。
 そこへ大量殺戮者の上田が少年院を本退院し、子どもたちからウエダサマと「神」のように崇められているという噂が流れる。そんな折も折、近所の飼い犬が毒薬で変死する。不吉な予感がびしびしと伝わってきて読み手の鼓動が駆け足になる。

 上田の社会復帰と並行して「私」の息子・晴彦の描写が微妙に変わり始めた。「笑顔になると、よくわかる。さっきまでの晴彦とは違う。きれいに描いた円が、ゆがんだ」といった描写などじつに心憎い。まるでのっぺらぼうの晴彦がへらへらと笑っているようで、恐怖は一段と膨らみ、もう頁をめくる手が止まらない。

書籍

『木曜日の子ども』

重松 清

定価 1836円(本体1700円+税)

発売日:2019年01月31日

ネット書店で購入する