【カドブンレビュー】

物語の舞台は江戸の外桜田上屋敷、主人公の深貝文太郎(ふかがいふみたろう)は水野家の留守居(るすい)役として暮らしている。

文太郎は、一緒に住んでいる奉公人の玉枝(たまえ)が、気遣いや食事の面で成長していることに喜びを感じ、仕事に対しても上司の意向に右往左往するものの、前向きに取り組んでいる。

やると決めたことはやりきる、いけないと思うことはきちんと口に出す、というさっぱりした性格の文太郎だが、殺された妻の志津(しづ)の敵を討てていないことをずっと気に病んでいた。

一方で、この物語にはもう1人、重要な登場人物がいる。やくざ者に囲まれていたところを文太郎が救った、井村長輔という男だ。長輔は懐に帳面を抱えながら、老中首座の阿部大和守の追手から逃げている。

この帳面が、二人の物語を思わぬ方向へと導くことになるのだ。




この作品には、文太郎の日常が生き生きと描かれている。

争いごとがあれば屈強な敵をなぎ倒し、かと思えば近所の人に頼まれ猫捜しを手伝ったり、はたまた金策に走ったり。江戸で起きている大小さまざまな出来事に文太郎が巻き込まれ、奔走し、物語が次々と展開される。その展開のテンポの良さに、一気に最後まで読み切ってしまった。

玉枝のためにかんざしを買うシーンや仕事から帰宅後の食事のシーンなど、江戸の生活事情がありありと描かれている。だからこそ、時代小説特有の難しさがなく、情景が目の前に広がるようだった。

僕が気に入っている文太郎の人物像がよくわかるのが、文太郎と上役とのやりとりである。ちょっとしたやりとりでも相手の背景や心情を察して、慎重に言葉を選ぶ。たとえば、上役の不注意でお金を落とした際、文太郎に罪をなすりつけようとする上役の言葉を受け止め、冷静に最善策を検討する姿には頭がさがる想いだ。

さらに、奉公人の玉枝に愛おしさを覚えつつも、志津への想いも未だに変わることがない文太郎の心情が、今後どうなっていくのか気になって仕方がない。

作品に通じる「志津の敵は一体誰なのか」というテーマが、ストーリーのところどころに垣間見えた。その謎を早く解き明かしたい、この作品の中で明かされて欲しいと強く願った。

また、長輔は一体どういう存在なのか、帳面には一体何が書いてあるのか、という謎も物語が進むにつれ明らかになっていく。文太郎の視点以外からの話の展開も魅力的だ。

この物語はシリーズの3作目だ。僕が初めに手に取ったのは、この『流転の虹 沼里藩留守居役忠勤控』で、前2作品を読んでいなくても存分に楽しむことができた。

だが、この作品を読んでから、文太郎のファンになってしまったため、結局、前2作もすぐに読み始め、今は早く4作目が読みたい。

新作の発売をワクワクして待てる、人生を豊かにしてくれる貴重なシリーズに出会えてよかった。

気持ちのいい主人公を待ち受ける衝撃の展開"

関連記事

気持ちのいい主人公を待ち受ける衝撃の展開

レビュアー:細谷 正充

文庫書き下ろし時代小説を中心に、旺盛な筆力で作品を発表している鈴木英治が、新たなシリーズ…

書籍

『流転の虹 沼里藩留守居役忠勤控』

鈴木 英治

定価 734円(本体680円+税)

発売日:2018年04月25日

ネット書店で購入する