芥川賞候補作&河合隼雄物語賞受賞作『あひる』『星の子』に続き、今村夏子さんの最新短編集『父と私の桜尾通り商店街』が刊行された。誰の日常にも潜んでいる不穏さとねじれがうむ奇妙な希望。読む者の心をざわつかせずにいられない6編の魅力を、前編につづき、それぞれ“推し”の書店員&手描きPOPクリエイター&編集者に語っていただきました。
(取材・文:立花もも 撮影:編集部)
画像

あたりまえに信じていたものが覆されて、
待っているものが「目覚め」から「死」へと変わる
(「せとのママの誕生日」)


――「せとのママの誕生日」は、「スナックせと」で昔働いていた3人の女性が、ママの誕生日を祝うため久しぶりに店を訪れるところから始まります。死んでいるかのように眠っているママが目覚めるのを待ちながら、3人は思い出話に花を咲かせるのですが……。
細田明日美(KADOKAWA編集担当) 読み進めていくと途中でいきなり〈それもそのはず。わたしたちはせとでママの手伝いをしていたけど、働いていた時期は一切かぶっていないのだ〉って文章があるじゃないですか。ここに、当たり前に信じていたことを覆される今村さんの巧さがあると思うんですよね。初対面だったんかい!っていう。
でんすけのかいぬし(手描きPOPクリエーター) お互いのことは知らないけど、話は聞いたことがあるし、何よりせとのママという唯一無二の存在だけで、強く結ばれている。趣味が同じで繋がっているSNS上でしか知らなかった人に実際会うと、ずっと知り合いだったかのような親しみを感じることがあるけど、それに似ていますね(笑)。
山本亮(大盛堂書店) 続く〈だけどわたしたちはお互いのことをとてもよく知っている。会ったこともない誰かのことを、昔からの一番親しい友達のように感じている〉って一文が、僕はすごく好きですね。ここに、今村さんの描く人間関係が集約されている気がします。
――その3人が過去を語り合ううちに、ママの人となりも明らかになっていきます。ママは、でべそや乳首など、女の子たちが本当は見せたくないコンプレックスを見世物にして金を稼いでいる。女の子がでべそを手術で治したり、ペンチでひねられ続けた乳首がちぎれて失われたりすると、「見つけるまで戻ってくるな」ってクビにされるという。
細田 どことなく愛をもって笑いまじりで描かれているのに、その暴力性があらわれてくると、彼女たちが待っているのが実は「ママの目覚め」ではなく「死」なのかもしれないと思わされる。この作品にはどこか祝祭性があるように感じるのですが、内包している祝いは、めでたさだけではないんです。

書籍

『父と私の桜尾通り商店街』

今村 夏子

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2019年02月22日

ネット書店で購入する

    書籍

    『あひる』

    今村 夏子

    定価 562円(本体520円+税)

    発売日:2019年01月24日

    ネット書店で購入する