画像
今村夏子さんの最新小説集『父と私の桜尾通り商店街』の応援団、団員を募集します! 収録された6編の短編のなかで、気になる作品、応援したい作品を1つ選んでご応募ください。
一番たくさんの票が集まった作品の「団員」のなかから抽選で5名様に、今村さんセレクトのささやかなお礼を差し上げます。
応募要項、注意事項をお読み頂いたうえでご応募ください。

【応募要項】

対象書籍:
2019年2月22日(金)発売『父と私の桜尾通り商店街』(著者:今村夏子)
募集条件:
本書に興味をお持ちの方
応募方法:
応募フォームからご応募ください。
https://form.enq.kadokawa.co.jp/cre/?enq=HdTFQS%2feLbw%3d
応募締め切り:
2019年4月15日(月)23:59まで

【書籍情報】

『父と私の桜尾通り商店街』

画像
著者:今村夏子
価格:本体1,400円+税
発売日:2019年2月22日
あらすじ:
桜尾通り商店街の外れでパン屋を営む父と、娘の「私」。うまく立ち回ることができず、商店街の人々からつまはじきにされていた二人だが、「私」がコッペパンをサンドイッチにして並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい……。(「父と私の桜尾通り商店街」)
全国大会を目指すチアリーディングチームのなかで、誰よりも高く飛んだなるみ先輩。かつてのトップで、いまは見る影もないなるみ先輩にはある秘密があった。(「ひょうたんの精」)
平凡な日常は二転三転して驚きの結末へ。『こちらあみ子』『あひる』『星の子』と、作品を発表するたびに読む者の心をざわめかせ続ける著者の、最新作品集!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321708000200/

今村夏子(いまむら なつこ)

1980年生まれ。小説家。2010年「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞し、デビュー。著書に『こちらあみ子』『あひる』『星の子』がある。

【注意事項】
●おひとりにつき応募は1回までとなります。
●記入漏れ、文字化けその他の理由で内容が判読できないなどの場合には、応募をお受けできません。
●アンケートの回答内容は、一部編集を加えたうえ、お名前を伏せた状態で、弊社の刊行物・オフィシャルサイトをはじめ宣伝・広告物等に掲載させていただく場合があります。
●当選発表:当選者へのみ、応募時にご入力いただいたメールアドレスあてに、メールで通知します(2019年4月26日頃を予定)。なお、発送先は日本国内に限ります。
●賞品を譲渡(転売、オークション出品を含む)しないことが応募・当選の条件となります。譲渡が明らかになった場合は、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
●ご応募に際しご提供いただいた個人情報につきましては、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。

【新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』】6つの作品で書こうとしたこと"

関連記事

【新刊インタビュー 今村夏子『父と私の桜尾通り商店街』】6つの作品で書こうとしたこと

『こちらあみ子』で三島由紀夫賞、『星の子』で野間文芸新人賞を受賞するなど注目され、多くの…

とらわれない女性たちをとらえるものは 『父と私の桜尾通り商店街』"

関連記事

とらわれない女性たちをとらえるものは 『父と私の桜尾通り商店街』

レビュアー:瀧井 朝世

懸命になればなるほど〝世間〟や〝常識〟なるものから外れていってしまう。分かっていても、引…