芥川賞候補作&河合隼雄物語賞受賞作『あひる』『星の子』に続き、今村夏子さんの最新短編集『父と私の桜尾通り商店街』が刊行された。誰の日常にも潜んでいる不穏さとねじれがうむ奇妙な希望。読む者の心をざわつかせずにいられない6編の魅力を、それぞれ“推し”の書店員&手描きPOPクリエイター&編集者に語っていただきました。
(取材・文:立花もも 撮影:編集部)
画像

「一見穏やかなようで、ひっそりとざわめきが残る」
今村夏子作品の魅力とは


――まず、自己紹介がてら、皆さんの思う今村夏子さんの魅力をおしえていただけますか。
田村知世(ジュンク堂書店吉祥寺店) デビュー作の『こちらあみ子』をはじめて読んだときは、そのえも言われぬ読後感がとにかく衝撃的でした。新刊をずっと楽しみに待っている作家さんの一人なんですが、ハッピーエンドを求めていない気分のときに読みたくなります(笑)。
内田剛(三省堂書店有楽町店) 他の誰にもない読み応えのある作品を書かれますよね。一見穏やかなようで、ひっそりとざわめきが残る。今村さんの作品は「新しいフルコース」だと思っているんですが、理由のひとつが、食べ物が象徴的に使われていること。そして読後に「新」鮮な驚きを覚えながらも、どこか懐かしさが文章の隙間に漂っている……いい意味での「フル(古)」さを感じるからなんです。
山本亮(大盛堂書店) わかります。バッドエンドとハッピーエンドの狭間を狙っている感じがするというか……。きしんだ感情にとらえられたような居心地の悪さを感じるのに、ラストの先にはまだ何か希望があるのではと思わされる。物語の枝葉を勝手に脳内で生み出してしまうんですが、それもまた楽しい。
竹田勇生(紀伊國屋書店西武渋谷店) 文章自体は平易で、誰でもすらすらと読むことができるけど、視点が独特なんですよね。「僕たちの日常って、こんなにもイカれてるの?」って不安にさせられる(笑)。読み終わったあとは、ただただ絶句。その衝撃が、今作でも6編すべてに通底しているからすごいと思います。
でんすけのかいぬし(手描きPOPクリエーター) 人って、誰しもとりつくろって生きていると思うんですよ。内心は激しい嫉妬に駆られているけど、いい人に見られたいから笑う、とか。一見幸せそうだけど、鼻がめちゃくちゃ低いことや片目だけ一重っていう、他人から見ればささいなことに、死にたくなるほどコンプレックスを抱えているとか。そういう、角度を変えなきゃ見えない世界のおぞましさみたいなものを、今村さんは描くんですよね。そしてそれは、私たちの日常の延長線にあることを知らしめる。

書籍

『父と私の桜尾通り商店街』

今村 夏子

定価 1512円(本体1400円+税)

発売日:2019年02月22日

ネット書店で購入する

    書籍

    『あひる』

    今村 夏子

    定価 562円(本体520円+税)

    発売日:2019年01月24日

    ネット書店で購入する