「AV女優だったことを、後悔していない」——2000年代に活躍し、そして引退したAV女優たちへのインタビュー集『AV女優、のち』。その発売を記念して、阿佐ヶ谷ロフトAで開催されたイベントの内容を前後編でお届け。長谷川瞳さん、みひろさん、澁谷果歩さんが登壇し、引退を決意した瞬間について語りました。

(構成・平松梨沙、写真・渡辺愛理)
画像

女優たちの「素直な気持ち」がつづられた一冊

安田理央(以下、安田):角川新書『AV女優、のち』刊行記念イベントにお集まりいただき、ありがとうございます。今日は、すでに引退している元AV女優の3名に登壇いただいています。デビュー順に自己紹介いただいていいでしょうか?
長谷川瞳(以下、長谷川):2001年デビュー、2004年引退の長谷川瞳と申します。現在アラフォーです。よろしくおねがいします。
みひろ:2005年デビュー、2010年引退のみひろです。実はずっと「イベントやりたい!」ってツイートしていたんです。呼んでいただけて、とってもうれしいです。
澁谷果歩(以下、澁谷):2014年11月にデビューしまして、今年の5月に引退作を撮った澁谷果歩です。「かほパイ」って呼んでください。
安田:澁谷さんは、もう引退しているんでしたっけ。
澁谷:引退作発売は9月ですね。すでに引退発表はしています。

書籍

『AV女優、のち』

安田 理央

定価 950円(本体880円+税)

発売日:2018年06月09日

ネット書店で購入する

    書籍

    『最低。』

    紗倉 まな

    定価 605円(本体560円+税)

    発売日:2017年09月23日

    ネット書店で購入する