menu
menu

ニュース

辻村深月、初の本格ホラーミステリ長編『闇祓(やみはら)』10月29日(金)発売

KADOKAWAは、 2021年10月29日(金)に、辻村深月さんの最新小説『闇祓』を発売しました。辻村さんが名付けた「闇ハラ」の正体に迫る本作をぜひご堪能ください。
また、KADOKAWAでは本作の刊行を記念し、多数のコンテンツを公開、キャンペーンを実施中です。詳細は下記をご覧ください。


【辻村深月×大島てる対談 事故物件があぶりだす闇】
https://kadobun.jp/feature/talks/wt3rx3kpknkc.html

【辻村深月さん インタビュー】
名前のないハラスメントが増殖する、戦慄のホラーミステリ『闇祓』インタビュー
https://kadobun.jp/feature/interview/61wgy1zc56w4.html

【書評】
あなたが〈闇〉の側に落ちないために必要な物語(評者:書評家/佳多山大地さん)
https://kadobun.jp/reviews/entry-42508.html

【戦慄の冒頭試し読み】
https://kadobun.jp/trial/yamihara/dee5clscpf4s.html

【電子書籍は特典付き!】
電子書籍の購入特典として著者の直筆メッセージ画像、「小説 野性時代」連載時扉イラストを収録。
https://bit.ly/2ZwdJXW

【KADOKAWAアプリで、辻村深月『闇祓』キャンペーン実施中】
書店で買ってアプリで応募!
オリジナルお守り画像応募者全員プレゼント!
※書店にて購入後1週間以内にKADOKAWAアプリにレシートを投稿してください。
※ネット購入は対象外です。ただし、店頭支払い等でレシートが出る場合は対象です。
※定価以外での購入は対象外です。
※レシート対象期間 2021年10月27日~2021年11月30日
▼KADOKAWAアプリについてはこちら
https://promo.kadokawa.co.jp/kadokawa-app/storeredirect/



作品紹介



【あらすじ】
あいつらが来ると、人が死ぬ。 辻村深月、初の本格ホラーミステリ長編!

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。
身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!

著者紹介



辻村深月(つじむら・みづき) 
1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。『ふちなしのかがみ』『きのうの影踏み』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『本日は大安なり』『オーダーメイド殺人クラブ』『噛みあわない会話と、ある過去について』『傲慢と善良』『琥珀の夏』など著書多数。

書誌情報

発売日:2021年10月29日(金)、電子書籍同日配信
定 価:1,870円(税込)
頁 数:416
装 画:佳嶋
装 丁:鈴木久美
体 裁:四六判変形上製
ISBN:9784041117316
発 行:株式会社KADOKAWA
初 出:「小説 野性時代」2019年3月号〜2021年3月号(隔月連載)

​特設サイト:https://kadobun.jp/special/yami-hara/
作品詳細:​https://www.kadokawa.co.jp/product/322104000675/


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2021年12月号

11月25日 発売

怪と幽

最新号
Vol.008

8月30日 発売

ランキング

アクセスランキング

新着コンテンツ

TOP