スマホ、落としたことありませんか? いまやスマホは、単なる通信手段にとどまらない、個人情報の宝庫となりました。万が一、自分のスマホが悪用されたら……。
そんな身近な恐怖をエンタメ小説に見事に昇華させた、いま注目の新人作家に迫ります!
画像

──デビューまでの経緯を教えていただけますか?

志駕: 小説自体を書き始めたのは早くて、中学生くらいからショートショートのようなものを書いていました。星新一さんが大好きで。あとは漫画なんかも描いていましたね。
 ただ社会人になってからは、ラジオのディレクターの仕事が忙しくて小説からは遠ざかっていました。ディレクター時代は「オールナイトニッポン」はもちろん、朝から夜までいろんな番組をひと通り担当して、とにかく忙しかったので。
 また書き始めたのは、管理職になって現場から離れてからですね。とにかくなにか作っていないと気が済まない性分みたいで。

──それでデビューされたのが本作ですね。ある男性がタクシーのなかでスマホを落とし、それがハッカーの手に渡り……という話ですが、着想はどこから得られたのでしょう?

志駕: 自分自身、スマホを落としたことがあるんですよ。そういう経験って誰しもあると思うんですね。私の場合は、最終的に警察やタクシー会社で見つかったんですけど、それを悪用したらどうなるだろう、と。最初にロックを解除するところまで思いつくと、もうあとは犯罪者の気分でどこまでも(笑)。

──犯人はSNSを巧みに使って主人公の女性を追い詰めていきます。スマホやPCまわりの最新の情報がどんどん出てきますが、もともとIT関係にはお詳しかったのですか?

志駕: それが全然(笑)。書く前まではラインもツイッターも碌にやっていなかった。フェイスブックをちょこちょこやっていたくらいで。このためにちゃんとやり始めたんです。
 作中に「ランサムウエア(コンピューター・ウイルスなど悪質なソフトウエアの一種)」や「(ダーク)ウェブ(サイバー犯罪者たちが跋扈する闇の空間)」というのが出てくるんですが、それだって書いている途中まで知りもしなかった。

──本作は、犯人が誰かというミステリであると同時に、主人公の女性が追い詰められていくサスペンスという側面もあり、最後にはどんでん返しも用意されている。さらにSNS犯罪という現代性をも備えた贅沢な作品です。盛りだくさんな小説になったのには、ラジオ局に勤務されている経歴の影響があるのでしょうか?

書籍

『スマホを落としただけなのに』(宝島社)

志駕 晃

定価 702円(本体650円+税)

発売日:2017年4月6日

ネット書店で購入する

    書籍

    「小説 野性時代 第169号 2017年12月号」

    小説野性時代編集部

    定価 860円(本体796円+税)

    発売日:2017年11月13日

    ネット書店で購入する