プロデビューから負けなしの29連勝を記録し、その後も大物棋士を破るなど活躍を続ける藤井聡太四段。中学生で将棋のプロ棋士になった者は、藤井四段をはじめ、「ひふみん」こと加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治二冠、渡辺明竜王と史上わずか5人しかいない。その中の一人、谷川浩司九段が角川新書『中学生棋士』を刊行、たちまち重版となるなど話題となっている。小学生の頃の藤井四段と谷川九段の意外な接点や、藤井家への家庭訪問など、読みどころ満載の本書についてその執筆の動機などを聞いた。
画像

予定変更で藤井四段の章を大幅に追加

──いつごろ『中学生棋士』を書こうと思い立たれたのでしょうか。

谷川:今年の4月ごろ、藤井聡太四段がデビュー以来10連勝をして、新人の連勝記録に並んだころでした。久しぶりに有望な中学生棋士が現れたので、彼を含め、過去5人の中学生棋士列伝のような内容にと思い、書き始めました。その中で私がこれまで歩んできた道を振り返り、書き記しておきたいという思いもありました。

──その時点では藤井四段の連勝がここまで伸びるとは予想してなかった?

谷川:もちろん。神谷広志八段の持っていた将棋界全体の連勝記録28を抜くとは想像すらしていませんでした。このため、ほぼ書き上げた後、彼についての章を増やすことになった。まあ、これは多くの将棋ファンも望むことだったと思いますが、藤井四段についての記述をぎりぎりまで更新したので、編集者にはずいぶんお手数をかけました。

──「藤井フィーバー」とも呼ばれた現象をどのように見ていましたか。

谷川:将棋界がこれほど注目されたのは、1996年に羽生さんが七冠を達成した時以来でしょう。その時、七冠目の王将位を奪われたのは誰かというと、実に悔しいことに私だったので(笑)、羽生フィーバーの凄さはよく覚えています。しかし、今回の藤井フィーバーはそれ以上でした。関心を持つ人の幅が広く、しかもその度合いが深い気がします。たとえば、幼いお子さんを持つ女性たちが強い関心を寄せていると感じました。「藤井少年はどういう指導・教育を受けてきたんだろう」「うちの子にも将棋を習わせてみようか」といった興味を持っていただいた。

書籍

『中学生棋士』

谷川 浩司

定価 864円(本体800円+税)

発売日:2017年09月08日

ネット書店で購入する

    書籍

    『怒濤の関西将棋』

    谷川 浩司

    定価 864円(本体800円+税)

    発売日:2014年03月27日

    ネット書店で購入する