menu
menu

特集

2023年イチ押しの屋敷ホラー!大島清昭『最恐の幽霊屋敷』をマンガで紹介!

背筋が凍る怪異にミステリの要素を巧みなバランスで組み込んだ作風で注目される作家・大島清昭さん。2023年7月に刊行された本作の舞台は、「最恐の幽霊屋敷」という触れ込みで貸し出された一軒家。「怖すぎる」、「タイトルに偽りなし」、さらには「読んでいて気持ち良い」とまで言われる惜しみない恐怖の詰め合わせが、SNSでも話題になっています。恐怖にひとたび出会ったら、それを上回る恐怖が次々と襲い来るジェットコースター級の恐怖体験。随所に挿入される、屋敷で起きた数々の怪事件を綴ったルポタージュのリアルな手触り。ホラーになじみのない方にはその入り口として、ホラー&怪談マニアの方には恐怖欲を満たす一冊として、ぜひ手に取っていただきたい作品です。
そんな本作の冒頭を、朝日ホラーコミック大賞(Nemuki+部門)を受賞したマンガ家・北原順一さんがコミカライズ! 作品のぞわりとする空気とインパクト絶大なイラストをお楽しみください。

『最恐の幽霊屋敷』紹介マンガ(マンガ:北原順一)






屋敷を訪れた人々に、何が起きたのか。
調査を始めた獏田が目にしたものは――。

続きは書籍でお楽しみください。

▼試し読みはこちら
https://kadobun.jp/trial/saikyonoyureiyashiki/entry-67707.html

書籍紹介



最恐の幽霊屋敷
著者 大島 清昭
発売日:2023年07月21日

転落が止まらない、 ジェットコースター級の事故物件ホラー長篇!
「最恐の幽霊屋敷」という触れ込みで、貸し出されている一軒家がある――。

幽霊を信じない探偵・獏田夢久(ばくたゆめひさ)は、屋敷で相次ぐ不審死の調査を頼まれる。婚約者との新生活を始めた女性、オカルト雑誌の取材で訪れたライターと霊能者、心霊番組のロケをおこなうディレクターと元アイドル、新作のアイデアを求める映画監督とホラー作家。滞在した者たちが直面した、想像を絶する恐怖の数々と、屋敷における怪異の歴史を綴ったルポ。そのなかに、謎を解く手掛かりはあるのか? 

幾多の怪異と死の果てで、獏田を待ち受けるものとは――。

詳細:https://www.kadokawa.co.jp/product/322212001341/
amazonページはこちら


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年3月号

2月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年3月号

2月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

人間標本

著者 湊かなえ

2

恐竜はじめました2

著者 クラナガ

3

地雷グリコ

著者 青崎有吾

4

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

5

カラフルな魔女 角野栄子の物語が生まれる暮らし

監修 KADOKAWA

6

777 トリプルセブン

著者 伊坂幸太郎

2024年2月11日 - 2024年2月18日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP