KADOKAWA Group
menu
menu

特集

担当編集者が自信をもってオススメ! 『とわの文様』を読むべき3つの理由。

着物にまつわる人情話に、胸がじんわり温まる。
こころ華やぐ時代小説『とわの文様』の推しポイントを徹底解説。

新田次郎文学賞など三冠を達成した『商う狼 江戸商人 杉本茂十郎』、直木賞候補作となった『女人入眼』、さらにはミステリ仕立ての時代小説『木挽町のあだ討ち』で、いま読書界から最も注目されている歴史小説家の永井紗耶子さん。「時代小説を知りつくした」と絶賛される永井さんが、待望の書き下ろし時代長篇『とわの文様』を刊行しました。
読み始めるとページを繰る手が止まらなくなる!? 本作の見所を、担当編集Wが語り尽くします。

1、しっかり者の妹と、遊び人の兄とのギャップがたまらない!

主人公は呉服屋・常葉屋の看板娘とわ。常葉屋は「ここにしかない品がある」と、着物に五月蠅い江戸っ子たちにも評判のお店です。とわは失踪してしまった母の代わりに、お店を繁盛させようと日夜奮闘しています。ところが、兄の利一は芝居にうつつを抜かしてばかり。信頼し合った兄妹のテンポの良いかけあいに、思わず顔がほころんでしまいます。

2、着物にまつわる蘊蓄がたっぷり

本作の鍵となるのは、着物の「文様」。着物に造詣の深い永井さんならではの着眼点で、きらびやかな江戸の世界観がリアルに描き出されます。安産祈願の思いが込められた「麻の葉の文様」、幸せをつかみ取るという意味のある「蜘蛛の文様」……。さまざまな美しい文様を通して、心震わす物語を楽しむことができます。

3、ほろりとしたい人は必読。江戸ならではの人情話が泣ける

面倒事を背負い込む名人・利一の気まぐれによって、やくざ者に追われる妊婦をはじめ、常葉屋にはたくさんのトラブルが持ち込まれます。とわの一家は、人情を重んじる女将・律の日頃の教えにならい、一致団結して人助けをしようとします。おきゃんなところがありつつも、とわはまだ十六歳。自分の言葉を紡いで、他人の痛みに寄り添おうとする姿に、思わずほろりと涙が零れます。

永井紗耶子の新境地!
華やかな人情劇『とわの文様』をご堪能ください

おすすめしたいポイントはまだまだありますが、ここではどうしてもお伝えしたいポイントを3つだけご紹介させていただきました。
この春は『とわの文様』を読んで、賑やかな江戸の世界に旅立ってみるのはいかがでしょう。

『とわの文様』について



とわの文様
著者 永井 紗耶子
定価: 704円 (本体640円+税)
発売日:2023年03月22日

呉服屋の箱入り娘が、着物の力でよろず解決 兄妹が織りなすお江戸人情劇
江戸は西河岸町の呉服屋・常葉屋は、「ここにしかない品がある」と着物に五月蠅い江戸っ子たちにも評判お店。
箱入り娘のとわは、失踪した母の代わりに店を盛り立てようと日々奮闘している。
芝居を愛する兄で若旦那の利一は、面倒事を背負い込む名人。
犬猫を拾う気軽さで、ヤクザ者に追われる女性を連れて帰ってくるが、それにより大騒動が巻き起こり……。

詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322107000435/
amazonページはこちら

著者プロフィール

永井紗耶子
1977年神奈川県出身。慶應義塾大学文学部卒。新聞記者、フリーランスライターを経て、2010年「絡繰り心中」で小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。20年刊行の『商う狼 江戸商人 杉本茂十郎』で、細谷正充賞、本屋が選ぶ時代小説大賞、新田次郎文学賞を受賞。22年『女人入眼』が直木賞候補となる。他の著書に『大奥づとめ よろずおつとめ申し候』『福を届けよ 日本橋紙問屋商い心得』『横濱王』『木挽町のあだ討ち』などがある。

こちらの記事もおすすめ!



“市井もの”に収まりきらないストーリー。――永井紗耶子『とわの文様』レビュー【評者:細谷正充】
https://kadobun.jp/reviews/review/entry-47914.html


リアルに疲れた時に読みたくなる「市井もの」の魅力 梶よう子×永井紗耶子 対談
https://kadobun.jp/feature/interview/entry-47942.html



担当編集者が語る、『28歳フリーターが総理大臣と総選挙で戦ってみた』を読むべき3つの理由
https://kadobun.jp/feature/readings/entry-57823.html


紹介した書籍

MAGAZINES

小説 野性時代

最新号
2024年4月号

3月25日 発売

ダ・ヴィンチ

最新号
2024年5月号

4月6日 発売

怪と幽

最新号
Vol.015

12月22日 発売

ランキング

書籍週間ランキング

1

気になってる人が男じゃなかった VOL.2

著者 新井すみこ

2

家族解散まで千キロメートル

著者 浅倉秋成

3

気になってる人が男じゃなかった VOL.1

著者 新井すみこ

4

ねことじいちゃん(10)特装版レシピノート「わしのレシピ」付き

著者 ねこまき(ミューズワーク)

5

マダムたちのルームシェア3

著者 sekokoseko

6

人間標本

著者 湊かなえ

2024年4月1日 - 2024年4月7日 紀伊國屋書店調べ

もっとみる

アクセスランキング

TOP