引きこもり問題をポップに描き、一世を風靡ふうびした『NHKにようこそ!』から 17 年。“ゼロ年代作家のセンターポジション”滝本竜彦さんが、待望の新作とともに帰ってきました。 待望の復活を記念し、テレビ東京「このマンガがすごい!」の『NHKにようこそ!』で、ヒロインの岬を演じた森川葵さんとのスペシャル対談が実現。新作『ライト・ノベル』は、つまらない日常の中、さえない自分を変えていく物語。一見接点のない、元引きこもり作家と人気女優が、過去の自分、自分を変えること、そして未来について語ります。
画像
――「このマンガがすごい!」以来の再会ですね。森川さんの演じられた岬ちゃん(『NHKにようこそ!』のヒロイン)は、いかがでしたか?

滝本:素晴らしかったです! 岬ちゃんが実際に三次元で生きているとこんな感じなんだ、っていうのを初めて想像できて……何だろう。今まで想像したことのないものが見えました。

――漫画のコマに中に入り込むという特殊な演出の不思議なドラマでしたが、森川さんは演じられていかがでしたか?

森川:実写だと相手とのやり取りができますけど、相手はマンガということで、普段してるお芝居とは全然別物。やっぱりすごく難しかったですね、あの枠の中におさまるっていうことが。

書籍

『ライト・ノベル』

滝本 竜彦

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2018年11月29日

ネット書店で購入する

    書籍

    『NHKにようこそ!』

    滝本 竜彦 カバーイラスト:安倍 吉俊

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2005年06月25日

    ネット書店で購入する