今年40周年を迎えた国民的時代劇『暴れん坊将軍』が小説となって復活!第1巻は8月24日、2巻は9月22日、3巻は10月24日と怒涛の3ヶ月連続刊行。
オリジナルストーリーの小説を執筆したのは、あの伝説の「彗星回」や最終回スペシャルなど、数多くの脚本を手がけた井川香四郎氏。
小説版刊行の経緯やドラマ撮影現場の意外な裏話について、八代将軍徳川吉宗役の松平健さんと作家・脚本家の井川香四郎さんにたっぷり語っていただきました。
画像

40年愛され続ける「暴れん坊将軍」の魅力

――『吉宗評判記 暴れん坊将軍』のスタートが一九七八年ですので、今年は四十周年となります。まずは、四十年という節目を迎えた感想をお聞かせください。

井川:僕が脚本に参加したのは、パート7からでした。その頃は、スタートしてから十数年が経っていましたから、視聴者としてドラマは観ていても、脚本家としては前半のことは知らないんです。ただ大看板の番組に参加できた時の喜びは、今も覚えています。

松平:私が初めて吉宗を演じたのは、二十四歳の時です。その頃は四十年後のことなど想像できませんでしたが、振り返ってみると「早かった」という印象です。

書籍

『暴れん坊将軍 江戸城乗っ取り』

井川 香四郎

定価 691円(本体640円+税)

発売日:2018年08月24日

ネット書店で購入する

    書籍

    『かもねぎ神主 禊ぎ帳』

    井川 香四郎

    定価 648円(本体600円+税)

    発売日:2014年11月22日

    ネット書店で購入する