新作で心霊探偵の活躍を描き、ミステリと怪談の融合に挑んだ有栖川有栖さんと、横溝正史ミステリ大賞受賞後の第二長編を発表した逸木裕さん。
選考委員と受賞者の関係でもあるお二人に、それぞれの新作についてお話しいただきました。
画像

早くから作家を目指して

——お二人は横溝正史ミステリ大賞の選考委員と受賞作家というご関係ですね

有栖川:お会いするのは授賞式以来ですね。第二作の刊行、おめでとうございます。

逸木:ありがとうございます。みなさんのお力で何とか出せました。

書籍

『濱地健三郎の霊なる事件簿』

有栖川 有栖

定価 1728円(本体1600円+税)

発売日:2017年07月29日

ネット書店で購入する

    書籍

    『少女は夜を綴らない』

    逸木 裕

    定価 1512円(本体1400円+税)

    発売日:2017年07月21日

    ネット書店で購入する

      書籍

      『本の旅人2017年8月号』

      角川書店編集部

      定価 100円(本体93円+税)

      発売日:2017年07月27日

      ネット書店で購入する